【画像】新谷仁美の結婚相手の旦那は?横田真人コーチとお似合いの声

東京オリンピックでの活躍が期待される、陸上界の顔・新谷仁美選手。

今年で33歳を迎えていますが、結婚経験はあるのでしょうか?

そして、新谷選手が最大の信頼を寄せる、横田真人コーチとの関係とは?

スポンサーリンク

【画像】新谷仁美の結婚してる?旦那は誰?

画像引用元:athlete-information.com

新谷選手は、1988年2月26日生まれの33歳。

2012年のロンドン五輪で1万メートル9位、2013年世界選手権(モスクワ)で5位入賞の実績を残しながら、2014年に25歳の若さで突然の引退をしています。

2018年6月にレース復帰するまでの約4年間は「OL生活」を送っていたそうですが、その間も結婚はしていなかったようですね。

現在も独身。SNSなどで結婚にまつわる発言をしばしばしています。

また、2013年に出演した番組「ジョブチューン」でもおもしろ発言をしていますね。

画像引用元:athlete-information.com

「世界陸上は婚活が理由で出場した」

「テレビに顔が映るように、1位の選手と少しズレて走っていた」

「金メダルより彼氏が欲しい」

引退後も一切ランニングはしなかったものの、モテ水着を着たいためだけに腹筋だけは欠かさなかったとか!

新谷仁美選手、現在も絶賛婚活中のようです。

スポンサーリンク

【画像】新谷仁美の結婚相手は横田真人コーチ?

そんな新谷さんに「お似合い」と囁かれているのが、横田真人コーチです。

画像引用元:ツイッター

生年月日 1987/11/19
血液型 AB型
出身校 立教池袋中学校(豊島区)/立教池袋高校/慶應義塾大学/フロリダ大学大学院
身長 178cm

横田コーチは2017年夏から新谷選手のコーチを引き受けてきました。

新谷選手は、2019年のドーハ世界選手権1万メートルで11位に終わったものの、2020年1月のハーフマラソンでは日本新記録を樹立。

その後の東京五輪の切符をつかんだ快進撃を導いてきたのが、横田真人コーチなのです。

新谷選手が横田コーチは「大きな心で全部受け止めてくれる」と表現するほどの関係です。

年齢も1歳違いと近く、息もぴったり。

写真で見てもお似合いですが…。

しかし、残念ながら、横田真人コーチは別の方と結婚して、子供もいるようです。

新谷選手と横田真人コーチは「同志」や「戦友」のような関係なのでしょうね。

スポンサードリンク

新谷仁美と横田真人コーチの関係が面白い!

恋愛関係にはならなかったものの、新谷仁美選手と横田真人コーチの関係が面白いと話題になりました。

「横田コーチへの質問の多くが『新谷さんをどうやってコントロールしているんですか?』らしい。私のこと猛獣前提でご質問するのはやめてください。わし人間!(笑) #調教師と猛獣の日常」(原文まま)

どうやら自由すぎる新谷選手の言動を、横田コーチがどうコントロールしているのか、気になる人が多いようですね。

これについて、横田コーチが日刊スポーツの取材に応じて、コントロール方法を回答。

「逆説的なんですけど、コントロールしないようにする。そもそもできないので(笑い)。しない。でも、導くことはしないといけないじゃないですか。だから、(コントロール)していないように見せることじゃないですか。どうしても導きたいところと、そんなに重要じゃないところがあるじゃないですか。どうでもいい部分は彼女に委ねる。~中略~本質的な、大きな部分を、よいと思う方向に導くために、細かい部分、本質的ではないところはできるだけ譲歩して、一切コントロールしないようにしてます」

また、レース前に新谷選手が、弱音を吐き出している時は、どうしているかを聞くと…

「あれは受け止めるだけです。『大丈夫だよ』とかも言います。ただ、『君ならできるよ』とは言わないです。『お前に何が分かるんだ』って言われたことがあるので。たしかに『そりゃそうだ』と。それから言わないようになりました(笑い)」

なんだかいいコンビですよね。

写真からも、ふたりの仲の良さが伝わってきます!

東京オリンピックではさらに強力なタッグを組んで、ワクワクさせてくれそうです!【顔画像】ケンブリッジ飛鳥の結婚相手?彼女の町田弥生と破局の噂も【画像】田中希実の眉毛は父親似!ハーフぽいのは母親が超美人だから

スポンサードリンク

新谷仁美 プロフィール

画像引用元:shimauma1966.livedoor.blog

生年月日 1988年2月26日(33歳)

出身地 岡山県総社市

身長 166㎝

体重 44㎏

所属 積水化学

岡山・興譲館高時代は全国高校駅伝のエース区間とされる1区で3年連続区間賞を獲得し、3年時は初優勝に貢献。

07年東京マラソン優勝。

1万メートルで12年ロンドン五輪9位、13年世界選手権5位。

14年1月に一度引退し、OL生活を経て18年から本格復帰。

1万メートルで19年4月のアジア選手権2位、同年秋の世界選手権11位。

20年1月のヒューストン・ハーフマラソンを1時間6分38秒の日本新記録で優勝。

自己記録は5000メートルが日本歴代2位の14分55秒83。1万メートルは同3位の30分56秒70。

フルマラソンは2時間30分58秒。

大切にしている言葉は「報恩謝徳」。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!