【比較画像】新谷仁美の二重の目いつから?4年間で顔激変の理由は?

東京オリンピック・女子1万メートル代表の新谷(にいや)仁美選手。

SNSやバラエティ番組などでのユニークな発言で人気ですが、最近「かわいくなった」と言われています。

新谷選手の顔立ちが柔らかく、目が二重になったという声が多いようですね。

中には「顔が変わった」という意見もありますが、どうなのでしょう?

新谷選手の目が変わったのはいつからなのか。検証してみました。

スポンサーリンク

【画像】新谷仁美の目が二重に変わった?「整形した」の声も

画像引用元:thlete-information.com

新谷 仁美(にいや ひとみ)選手は1988年2月26日 生まれの、現在33歳です。

岡山県総社市出身で、総社市立総社東中学校を経て興譲館高等学校へ進学。

高校卒業後は小出義雄監督率いる豊田自動織機(佐倉アスリートクラブ)女子陸上部を経て、現在は積水化学に所属しています。

そんな新谷選手の目が変わったと言われ始めたのは、2014年ごろからのようですね。

ちょうど2014年ごろの写真がこちらですね。

私服姿もとてもかわいいです。

実は、 新谷選手は2013年に世界陸上モスクワ大会出場後、翌2014年1月25日に突如現役からの引退を発表しています。

2018年6月には現役復帰するのですが、この写真は引退後の8月に表舞台から退いていた期間ですね。

【画像】新谷仁美の二重はいつから?引退前と復帰後を比較

それでは、引退前の新谷選手と復帰後の新谷選手の顔写真を比べてみましょう。

引退前の新谷選手の目は一重

こちらは2012年ロンドンオリンピックに出場した際の新谷選手です。

 

そして、こちらは引退前最後の試合となった2013年の世界選手権ロシア大会ですね。

画像引用元:https://www.morisaku.com/

画像引用元:https://www.morisaku.com/

目元は涼し気な一重です。目の大きさも左右で違いますね。

引退前の新谷選手の目は一重

そして、こちらが前述の活動休止中の2014年8月の写真。

2019年1月13日には、京都市で行われた全国都道府県対抗女子駅伝に出走。

東京のアンカーとして最終9区(10キロ)を出走。圧巻の7人抜きを演じ31分06秒の区間賞を獲得したときの写真です。

 

2020年1月には、米テキサス州ヒューストンで行われたハーフマラソンで日本新記録で優勝しています。

このあたりの写真は、くっきりと二重の線が見られますね。たしかに印象が変わっています。

そして、ごく最近の写真は両目ともぱっちりとした二重。

画像引用元:shimauma1966.livedoor.blog

新谷選手、どんどんかわいくなってます!

そこで、引退前と引退後の写真を比べてみると…

違いがよくわかりますね。

新谷選手は2014年から2018年の間に目が二重になっています。

二重になったスポーツ選手は他にも!【画像】内村航平の目の二重まぶたいつから?顔変わったのリオ五輪?【画像】紀平梨花の目が変わった?二重はメイクやアイプチor整形?

スポンサーリンク

新谷仁美の二重の目は整形?「かわいい」と話題に!

この変化について、考えられる原因としては…

  • 活動休止による体型変化
  • アイプチなどを利用
  • 二重整形手術

ただ、新谷選手ご本人が触れていないのでなんとも言えません。

新谷選手は、プライベートでは「女の子」な性格。彼氏募集中で婚活にも興味津々のようです。

2013年に出演した番組「ジョブチューン」ではこんな発言も。

画像引用元:athlete-information.com

「世界陸上は婚活が理由で出場した」

「テレビに顔が映るように、1位の選手と少しズレて走っていた」

「金メダルより彼氏が欲しい」

引退後も一切ランニングはしなかったものの、モテ水着を着たいためだけに腹筋だけは欠かさなかったとか!

そして、現在も独身。SNSなどで結婚にまつわる発言をしばしばしています。

女性として自分を磨くうちに、顔つきも美しく変わってきたのかもしれませんね。

コーチとお似合いの声も!【画像】新谷仁美の結婚相手の旦那は?横田真人コーチとお似合いの声

発言が面白いと話題!新谷仁美の血液型はAB型!面白い&性格変わってる発言10連発!

スポンサードリンク

新谷仁美 プロフィール

画像引用元:sey-88.com

生年月日 1988年2月26日(33歳)

出身地 岡山県総社市

身長 166㎝

体重 44㎏

所属 積水化学

岡山・興譲館高時代は全国高校駅伝のエース区間とされる1区で3年連続区間賞を獲得し、3年時は初優勝に貢献。

07年東京マラソン優勝。

1万メートルで12年ロンドン五輪9位、13年世界選手権5位。

14年1月に一度引退し、OL生活を経て18年から本格復帰。

1万メートルで19年4月のアジア選手権2位、同年秋の世界選手権11位。

20年1月のヒューストン・ハーフマラソンを1時間6分38秒の日本新記録で優勝。

自己記録は5000メートルが日本歴代2位の14分55秒83。1万メートルは同3位の30分56秒70。

フルマラソンは2時間30分58秒。

大切にしている言葉は「報恩謝徳」。

スポンサードリンク

【画像】紀平梨花の目が変わった?二重はメイクやアイプチor整形?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!