眞子さまパジャマ徘徊や睨みつけの噂?男性依存やメンタルに心配の声

2021年9月1日、秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまが、婚約内定相手の小室圭さんと年内にも結婚される見通しであることが報じられました。

当初は世論からも歓迎された婚約発表も、小室圭さんの母親・佳代さんの借金問題発覚で一転。

バッシングを受ける小室さんを支える眞子さまのメンタルには、相当な負担がかかっていたのでしょう。

眞子さまの真夜中の「パジャマ徘徊」や「陛下を睨む様子」などの信じがたい噂も出るほどでした。

メンタル崩壊や男性依存などがささやかれる眞子さまに心配の声も聞かれています。

スポンサーリンク

眞子さまが結婚へ!「小室圭問題」とは?

眞子さまと小室圭氏が年内結婚へ

画像引用元:earning-twoway.com

2021年9月1日、眞子さまと小室圭さんが、年内にも結婚することが報じられました。

秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまが、婚約内定相手の小室圭さん(29)と年内にも結婚される見通しであることが1日、関係者への取材で分かった。

一般の結納に当たる「納采(のうさい)の儀」など、結婚に関連する儀式は行わない方向で調整が進められている。

関係者によると、秋篠宮さまは結婚を認められており、眞子さまと小室さんは年内にも自治体に婚姻届けを提出し、眞子さまは皇籍から離脱される見通し。

眞子さまは、皇室を離れる際に支給される一時金を辞退するご意向という。結婚後は小室さんが暮らす米国で生活されるとみられる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8bf946830ecfec69b8cbe726ef0e936480d37ab6

 

さまざまな論争を巻き起こした眞子さまと小室圭さんの結婚問題。

  • ふたりは年内に結婚予定。
  • 一般の結納に当たる「納采(のうさい)の儀」など、結婚に関連する儀式は行わない。
  • 秋篠宮さまは結婚を認められている。
  • 眞子さまは皇籍から離脱される見通し。
  • 一時金を辞退するご意向。
  • 結婚後は小室さんが暮らす米国で生活されるとみられる。

このような形で落ち着いたようです。

「小室問題」とは?わかりやすく

眞子さまと小室さんが婚約を発表したのが、約4年前。

その後、小室さんの母・佳代さんの金銭トラブルがこじれ、大問題になりました。

宮内庁が2017年9月におふたりの婚約内定を発表しました。

しかし、小室さんの母親と元婚約者の間の金銭トラブルが週刊誌などで報じられ、2020年2月に延期に。

秋篠宮さまは2020年11月の会見で、ご結婚については「認める」とコメント。

一方、「決して多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」とし、トラブルについての「対応」について「見える形になるというのは必要なこと」と言及されています。

秋篠宮さまのご発言を受け、小室さんは2019 年1月に続いて今年4月、トラブルの経緯やこれまでの対応について説明する文書を公表。

しかし、多くの国民が祝福する状況にはなっていないことなどから、ご結婚関連儀式は行わない方向で検討が進められています。

この4年間の間、眞子さまは一貫して「結婚への意志が変わらない」と気持ちを公表されていました。小室圭の父親の保険金は数千万円!祖父母も息子の後追いで不審死!小室圭は韓国人?香港の新聞に『母方がKorean』海外報道なぜ隠す?小室圭【いじめ内容】高校時代の裏の顔?内藤悠に何をした?《文春》

眞子さまパジャマ徘徊や「陛下を睨む」の噂とは?メンタル崩壊が心配

小室圭さん母子がバッシングを受け、世論から結婚を反対され続けたこの4年間。

眞子さまの精神状態にも影響を与えたことでしょう。

中にはこのような信じがたい噂も出るほどでした。

「パジャマ」で徘徊?

画像引用元:grimmblog.com

こちらの記事では、眞子さまの憔悴ぶりを赤坂御用地の警備員が語っています。

なんでも、眞子さまがストレスで号泣する現場に居合わせたというのです。

「眞子さまが癇癪を起されるのはこれが初めてではありません。

寝巻のまま赤坂御用地で“夜のお散歩”をなされている眞子さまを警備員が見つけ、秋篠宮邸に連れて帰ることも二度、三度とありました。

メディアは小室母子のみならず、秋篠宮家に批判的な報道を繰り返しています。

お優しい眞子さまは『このままでは、私だけでなく、家族にも迷惑がかかる』と気を病んでおられるようです」(赤坂御用地の警備員)

引用元:https://imperialnews.net/archives/138

この証言のソースが不明なので、事実である信ぴょう性は不明です。

ただ、小室圭さんへの恋心と、世間からのバッシングとの間で、精神的なストレスが蓄積していたことは想像することはできます。

ネットでも話題になっていたようですね。

ストレス解消のための夜のお散歩が、メンタル崩壊による「パジャマ徘徊」に変換されてしまったようです。

陛下を睨む動画?

また、「眞子さま」を検索すると「睨みつけ」「陛下 睨む」など、なにやら不穏なワードが出現します。

 

2021年3月に開催された宮中行事講書始の儀の入場で、秋篠宮眞子さまが天皇陛下を睨んだと話題になったようです。

実際にこの場面の動画がありました。

冒頭の場面、眞子さまが陛下の横を通られたときのこと(0026あたりです)です。

 

秋篠宮さまと紀子さまが伏し目がちで陛下の前を通られたあと、一瞬、眞子さまは目線を陛下のほうに向けたように見えます。

 

ほんの一瞬のことなのですが…。

後続の方々も全員伏し目がちでしたので、眞子さまの目線が余計目立ってしまいました。

 

ネットでも過敏とも思われる反応が見られましたね。

 

この背景には、天皇陛下が出した眞子さまのご結婚に対してのコメントがあったようです。

2021年の2月19日に天皇陛下が記者会見で以下のようなご発言をされます。

『眞子内親王の結婚については、国民の間で様々な意見があることは私も承知しております。

このことについては、眞子内親王が、ご両親とよく話し合い、秋篠宮が言ったように、多くの人が納得し喜んでくれる状況になることを願っております。』

「多くの人が納得し喜んでくれる状況になれば」という陛下の願いが込められています。

これを「ご結婚に反対された」と解釈した人にとっては、眞子さまが「陛下を睨んだ」と見えてしまうのかもしれません。

筆者には、単に眞子さまがふと目線を上げただけのように見えました。

スポンサーリンク

眞子さまの「男性依存」に心配の声も

画像引用元:kikunomon.news

また、眞子さまの「男性依存」を心配する声もありました。

眞子さまは、小室圭さんと交際する以前、ICU(国際基督教大学)の同級生と付き合っていたという情報があります。

お相手とは大学の新入生向けの合宿で親しくなり、同じスキーサークルに所属していたようですね。

しかし、ふたりの交際を裏付ける証拠などはなく、この噂もガセだったと言われています。

つまり、物心ついてから交際した男性は、小室圭さんが初めてという可能性が高いのです。

ゆえに、これほど小室さんに夢中になってしまったのかもしれません。

 

2021年5月のNEWSポストセブンの記事では、そんな眞子さまは「ほれこみ」の状態であると、精神科医の片田珠美氏は懸念していました

私はお2人の結婚には反対です。報道を見る限りですが、眞子さまはいわゆる「ほれこみ」の状態にあると思います。

恋愛対象を理想化するあまり、批判力を失い、欠点が見えなくなる。

眞子さまの場合、結婚に障害があり、周囲が反対すればするほど、よりいっそう「ほれこみ」から抜け出せなくなっているのだと思います。

https://www.news-postseven.com/archives/20210105_1624563.html?DETAIL

つまり、相手の男性に精神的に依存するあまり、周りが見えなくなってしまっている。

反対されればされるほど、小室さんが美化されている状態だというのです。

今回のご結婚発表も、このような眞子さまの崩壊寸前のメンタルを心配して、周囲が折れた形になったのかもしれません。

スポンサードリンク

まとめ 眞子さまのパジャマ徘徊や睨みつけとは?男性依存に心配の声

2021年9月1日、秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまが、婚約内定相手の小室圭さんと年内にも結婚される見通しであることが発表されました。

結婚に関連する儀式は行わず、眞子さまは皇籍から離脱される見通しだということ。

さらに、皇室を離れる際に支給される一時金を辞退結婚後は小室さんが暮らす米国で生活されるそうです。

結局、多くの国民の賛成は得られなかった、眞子さまと小室圭さんのご結婚。

4年間にわたる小室バッシングで、眞子さまのメンタルが崩壊寸前に。

周囲がこれを気遣い、ふたりの気持ちを優先したのかもしれません。

眞子さま&小室圭 関連情報

眞子さま貯金額は1億5000万!税金から年収1000万で結婚後も援助続行眞子さまマンションどこ?日本の仮住まいラトゥールやプラウド赤坂?

 

結局、小室圭さんの母親の借金問題は未解決のままのようです。

結婚後もなにかと注目があつまる小室圭さんと眞子さま。

やはり皇室を離脱しても、警備や必要経費など問題は絶えないようです。

今後も新しい情報が入り次第、追記します。

ご注目ください。

=======================

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!