MENU

【画像】滝沢カレン母親56歳ガンが死因!テレビで『母娘の秘密』暴露

いまやバラエティ番組で引っ張りだこのモデル・タレントの滝沢カレンさん。

実は2018年7月にお母様の宮沢さゆりさんをガンで亡くしています。

とても仲がいい母娘だったそう。

そんなふたりの関係がわかる微笑ましいエピソードとは?

スポンサーリンク

滝沢カレンの母親・宮沢さゆりさん56歳で死去!死因はがん

画像引用元:https://asattenoakari.com/

滝沢カレンさんの母・宮沢さゆりさんの死去については、2019年8月の週刊新潮でその事実が明らかになっています。

「実は昨年7月、滝沢さんのお母さんはがんで亡くなっているんです。

事務所のスタッフなど、ごく近しい人にしかその事実を明かさず、仕事に穴を開けることなく頑張っています」

引用元:https://www.dailyshincho.jp/article/2019/08270557/?all=1&page=1

滝沢カレンさんと母親さゆりさんはとても仲がよく、亡くなる直前までふたりは同じマンションで過ごしていたそうです。

享年56歳。若すぎる死の原因はがんでした。

「カレンのお母さんは医者嫌いだったみたいでね。

末期のがんだと分かったのは亡くなる1年くらい前で、その時点ではもう手遅れだったそうです。

『あれだけ病院に行ったほうがいいって言っていたのに』と、カレンが本当に悲しそうに言っていました」

引用元:https://www.dailyshincho.jp/article/2019/08270557/?all=1&page=1

余命が長くないと悟った滝沢カレンさんは、まだ母親の体が動くうちに、思い出をいっぱい作りたいからと一緒に旅行に出かけていたそう。

お葬式で喪主を務めたカレンさんが、泣きながら言った言葉。

『またママの子で生まれてきたいからね』

カレンさんは、自ら母親の死去を公表していませんが、2018年7月に頻繁に更新していたインスタグラムの投稿が途絶えた時期がありました。

その後、2018年7月25日に芸能界で一番仲がよい横沢奈津子さんとのツーショットを投稿。

みなさん、居間を長いこと離れていました😵✨

おそらく皆さんいなくなってるかとビクビクしながらふすまを開けてる感覚です😣

ご心配してくれた方も、特にしてない方もまとめて、申し訳ありませんでした🙏🏻
私は離れていた時も今も元気ですので何の不思議にも思わないで下さい😢💕💕

明言はしていませんが、しばらく芸能活動をお休みしていたことをカレンさんらしく報告しています。

お母様の葬儀も終わって、落ち着いた頃の投稿だったのではないでしょうか?

滝沢カレンの母親・宮沢さゆりはロシア語通訳&バレエ教室経営

それでは、滝沢カレンさんのお母様・宮沢さゆりさんはどんな方だったのでしょうか?

画像引用元:https://geitopi.com/

名前:宮沢さゆり

出身地:埼玉県志木市

血液型:AB型

出身校:埼玉県立志木高等学校、日ソ学院

ロシア語の通訳だった!

卒業校である「日ソ学院」(現・東京ロシア語学院)で、ロシア語を学んでいました。

宮沢さゆりさんは、小さい頃からバレエに興味があり、親に隠れてバレエ教室に通っていたそう。

しかし、ある日、本場「ボリショイバレエ団」の公演を見て、カルチャーショックを受けます。

「自分が習っているバレエと全く違う」と衝撃を受け、その秘密を探るために子供ながらにロシア語を独学で学び始めました。

そんな姿を見たご両親から「バレエをやめればロシア語を習わせてあげる」と言われ、ロシア語の学校へ。

学生時代も、少しでもバレエの話が聞きたい一心で、ロシアのバレエ団が公演に来たときに、楽屋やホテルに押しかけてロシア語で話しかけたりしていたというかなり積極的なタイプのようです。

当時はロシアとの国交もなく、バレエ留学は不可能に近い状態。

語学留学ならできそう…ということで、高校を卒業後、親に内緒で働いて留学費用を貯め留学へ。

「明日ちょっとソビエトに留学してくる」

留学中は学校の授業もそっちのけで、 毎晩ボリショイ劇場に通ってバレエ三昧。

しかし、結局バレリーナになることはなく、帰国後はロシア語の通訳として活躍していました。

バレエ教室も経営!

日本に帰国後の初めての仕事が、幸運にもロシアのバレエの先生のレッスン通訳でした。

さらに、自身もカルチャースクールでロシア人の先生のレッスンを受け、ロシアのバレエには「ワガノワメソッド」という細かい規則がいっぱいあることを知り、「ロシアバレエレッスン」という本をつくります。

その後も通訳業で知り合ったロシア人から知人を集めて、毎年夏にレッスンを受けていましたが、スタジオのレンタル料だけで赤字に。

そこで、父親が所有していた表参道の空テナントを改装して、2008年にバレエスタジオ「リビーナ」をオープンしたということ。

現在もロシア人のバレエ教師から「ワガノワメソッド」を学ぶことができるようです。

スポンサーリンク

滝沢カレンと母親がテレビで明かした『母娘の秘密』

滝沢カレンさんはたびたびテレビでも家族の話をしています。また、母さゆりさんと共演したこともありました。

そんな中で披露された仲良し母娘のエピソードとは?

父と「ハッピー生き別れ」?

画像引用元:https://mayuchat.com/

滝沢カレンさんは1992年に誕生、父親はウクライナ人ということでハーフです。

しかしながら、カレンさんがお腹にいるときに父が浮気、離婚。

滝沢カレンさんは、父親に会ったことがないようで、かつてこんな風にコメント。

「超ハッピーな生き別れってヤツです。知りもしない。おなかの中にいる時に生き別れ」

女手ひとつで育ててくれたからこそ、母娘の絆がとても強かったのでしょうね。

ヘンテコな日本語の秘密?

画像引用元:https://sp.starblog.jp/

滝沢カレンさんの国籍は日本。母国語も日本語なのですが、ご存知の通りユニークな言葉づかいで有名です。

こんな不思議な日本語を話す理由を母さゆりさんが明かしていました。

自分がロシア語の通訳をしていたせいで、家にはロシアの方々がたくさん出入りしていたということ。

そんな大人たちと話すうちに、カレンさんの日本語が「多国籍」な感じになってしまったという話です。

ウクライナ人の彼氏がいる?

画像引用元:https://ammmatsuru.com/

離婚はしていますが、さゆりさんはウクライナ人の性格がとても好きなんだそう。

よくカレンさんに魅力を力説していたようです。

「ウクライナ人は一番いい。何でもバキバキ言ってくれる」

2017年4月の時点で、「母親にはウクライナ人の彼氏がいる」とカレンさんがテレビで語っていました。

現在のウクライナの公用語はウクライナ語ですが、ロシア語も広く普及しているということ。

言葉の面でもコミュニケーションがとりやすかったのでしょう。

母のスパルタバレエ?

お母様の影響もあり、滝沢カレンさんも3歳から14歳までプロのバレリーナを目指して日々レッスンに励んでいたそうです。

番組『誰だって波瀾爆笑』では、そのときの映像とエピソードを披露。

3か所のバレエ教室をかけもち、水曜以外は毎日レッスン。

身長を伸ばすために足を引っ張られていたなど、さゆりさんの英才教育ぶりを語っていました。

自分が果たせなかったプロのバレリーナの夢を、カレンさんに託していたのでしょうね。

母娘の謎ルール?

滝沢カレンさんはテレビでたびたび「滝沢家の変わったルール」を紹介しています。

「肉は年に5回だけ食べる。

ステーキは、私の誕生日とママの誕生日、おばあちゃんとおじいちゃんの誕生日とクリスマスの5回だけ」

普段は焼き魚など、和食が中心。その食生活がカレンさんの抜群なスタイルの秘訣なのでしょう。

また、その他の謎ルールも。

  1. 食事中はテレビ禁止で、おばあさんの気分がいいときは、オペラを聞きながらの食事。
  2. 家庭内ではトイレのドアを閉めない。
  3. 風呂上がりは祖母考案の生卵入りサイダーを飲んでいる。

ユニークなご両親に育てられたさゆりさん。娘のカレンさんのルーツを感じますね。滝沢カレン『幸子』は親友!情熱大陸でダースベイダー時代を告白【動画】【滝沢カレン料理レシピ】絶品唐揚げ&ハンバーグ作り方を超簡単に要約!【画像】滝沢カレン彼氏は太田光る!5歳下テラハモデルと『結婚宣言』

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!