牧瀬里穂の旦那NIGO『歯にダイヤ』超セレブ生活破産でカレー屋に転身?

可愛すぎるアラフィフと言わている女優・タレントの牧瀬里穂さん。

NHK朝ドラ『まんぷく』で、9年ぶりのドラマ出演を果たし、夫を関西弁でやりこめる妻役を演じていましたね。

そんな牧瀬さんの本物の旦那はデザイナーのNIGOさん。

超セレブな生活を送っていましたが、40億の借金を背負って破綻。波乱万丈な夫婦生活という噂も!

スポンサーリンク

牧瀬里穂の旦那はNIGO!ブランド『A BATING APE』で大成功

牧瀬里穂さんは2008年12月16日に、ファッションデザイナーのNIGOさんと結婚しています。

画像引用元:https://tarot-channeling.com/

本名  長尾智明

生年月日 1970年12月23日(49歳)

出身地 群馬県

出身校 文化服装学院

 

当時、NIGOさんは、猿の顔のデザインでおなじみのストリートファッション系ブランド「A・BATHING・APE」を裏原宿に立ち上げたカリスマファッションプロデューサー。

ちなみに「NIGO」の由来は知人からDJの藤原ヒロシに似ているからと“藤原ヒロシ2号”という愛称がつき、その“2号”をローマ字表記にしたものだそうです。

牧瀬里穂と旦那NIGOの馴れ初めは?

画像引用元:http://fashionmag.blog.jp/

ふたりの馴れ初めは、2004年。友人の紹介で知り合い、すぐに交際に発展したといいます。

ちなみにNIGOさんは1999年に元EAST END×YURIの市井由理さんと結婚しましたが、2002に離婚。

牧瀬さんと出会ったときはバツイチでした。

そして、出会いから4年後の2008年12月16日に入籍。

牧瀬里穂さんは、自身のブログで次のような言葉と共に結婚を報告しました(抜粋)

画像引用元:https://matome.naver.jp

本日 12月16日
私 牧瀬里穂はNIGOさんと入籍いたしました。

入籍して嬉しい、、、という気持ちですが、
それよりも大きくはるかに大きく、
『感謝』という気持ちでいっぱいです。

今まで育ててくれた両親。
不器用な私を仕事でもプライベートでも
一生懸命サポートしてくれた事務所の社長さん、スタッフさん達。
入籍することを報告したら泣いて喜んでくれた友達。
そしていつも温かく応援してくださったファンの皆様。

まだまだここには書ききれないくらいのたくさんの方たちに支えられ
この日を迎えることができました。

本当に感謝の気持ちでいっぱいです!

牧瀬さんの誕生日は12月17日。

入籍にこの日を選んだのは、毎年、結婚記念日と誕生日を2日連続でお祝いできるからという素敵な理由でした。

牧瀬里穂の旦那NIGOは『歯にダイヤ』超セレブ生活

ふたりが結婚した頃、NIGOさんのブランド「A・BATHING・APE」は絶頂期。

ドラマでキムタクが着用したことでも大ブームを起こし、店の前に大行列が。

画像引用元:https://item.fril.jp/

NIGOさんの年収は「5億超え」と言われ、六本木ヒルズ最上階に別宅を所有。

「倉庫」として趣味のグッズなどを飾っていたというセレブ生活ぶりでした。

当時話題になったのは、NIGOさんの歯。なんと歯にダイヤモンドが埋め込まれていたのです!

これ、かなりエグくないですか?

食事するときはどうするんだろう…と一般庶民は考えてしましますが。

実はこれ、「グリル(Grill)」という歯の装飾品だそう。

画像引用元:https://matome.naver.jp/

グリル(Grill)は歯の上につけるアクセサリーの事。

一般に可徹式。アメリカでは1980年代前半にヒップホップを行う者達の間で装着が始まり、2000年代の半ばに広く人気が広がった。

実は当時マドンナをはじめとする海外セレブの間で流行したもののようです。

画像引用元:https://matome.naver.jp/

ブリトニースピアーズも歯がきらめいています!

画像引用元:https://matome.naver.jp/

一般的には取り外しできるものが多いようですが、NIGOさんのグリルは固定式。

笑っていいとも!のテレフォンショッキング出演時には、「しみて冷たいものが食べられない」と話していました。

2012年に番組でグリルを装着したNIGOさんが確認されていますが、現在は外してノーマルな歯に戻っているということです。

スポンサーリンク

牧瀬里穂と旦那NIGOの不思議な夫婦生活

そんな超リッチな旦那と結婚した牧瀬里穂さん。

まさに「玉の輿」と言われ、結婚の翌年2009に放送されたドラマ『再生の町』を最後にしばらく女優業から離れました。

結婚生活も順調で、2016年10月29日放送の番組『メレンゲの気持ち』では、牧瀬里穂さんがNIGOさんとちょっと変わった結婚生活を告白。

画像引用元:https://ameblo.jp/

ふたりの間には『夫婦のルール』があることを明かしています。

「日用品はすべて夫が買う」

NIGOさんは仕事がらでデザインやビジュアルへの思い入れが人一倍強いようで、気にいったものしか家に置かないといいます。

牧瀬さんは食器洗うスポンジやトイレットペーパーも買ったことないそう。

さらに2つ目のルールも明かしています。

「友人との旅行は、夫が手配したホテルや交通機関を使う」

牧瀬さんが友人と海外旅行するときには、NIGOさんに行先や目的を伝えると、往復の飛行機、空港からホテルまでのハイヤー、宿泊など全部手配してくれるそう。

その理由は、NIGOさんが忙しい中、牧瀬さんへの余計な心配事を増やしたくないから。

スタジオでは驚きの声が上がっていましたが、NIGOさんが本当に牧瀬里穂さんを大切にしていることが伝わります。

スポンサードリンク

牧瀬里穂の旦那NIGOのブランドが破産!現在は?

画像引用元:https://grapee.jp/

そんな「おしどり夫婦」といわれる牧瀬里穂さんとNIGOさんですが、一時は離婚危機が囁かれたことも。

それは“裏原宿バブル”が崩壊。NIGOさんのブランドの経営状態はみるみる悪化してしまった2013年前後の話。

「40億円以上の負債を背負い、最終的にブランドを香港のアパレル企業に売却しました。

かつては原宿に大豪邸を構え、六本木ヒルズのペントハウスを衣装部屋に使っていましたが、それらもすべて手放したそうです」(前出・芸能関係者)

引用元:https://www.news-postseven.com/archives/20190302_877708.html

当時は、「セレブ生活の終焉とともに夫婦生活にも危機が訪れる?」とも報じられました。

しかし、夫婦の仲の良さは変わらず、会社を迷わず売却したのも、牧瀬さんとの生活を最優先させたいというのが最大の理由。

実業家としての手腕も優れているNIGOさんは、その後も新たにブランドを立ち上げ、ユニクロのTシャツブランド『UT』のクリエイティブ・ディレクターに就任したほか、アディダスとのコラボ商品を企画するなど、多方面で活躍しています。

そして、驚くべきことに最近では、カレー店のプロデュース事業が軌道に乗っているといいます。

NIGOさんプロデュースの「CurryUp」は、さまざまな種類のカレーを合い掛けで楽しめるコンビネーションカレーが人気。

画像引用元:https://bento.com/

画像引用元:インスタグラムより

現在は新宿、原宿、中目黒と都内で3店舗を展開して大繁盛。

そして、知人によれば、現在も以前と変わらない収入を得て家賃100万円のマンションに暮しているということ。

画像引用元:http://sp.starblog.jp/

「2000万円のダイニングテーブルに、アンティークの椅子は1脚200万円でそれが6脚。

牧瀬さん専用のウオークインクローゼットはなんと12畳。

別荘も建て、そこには、茶道にハマっている牧瀬さんのための茶室まであるそうですよ。

2人にはお子さんがいませんが、これからも夫婦水入らずで仲よく暮らしていくのでしょう」(NIGOの知人)

引用元:https://www.news-postseven.com/archives/20190302_877708.html/2

そして、こちらが現在の豪華な自宅。東京タワーがばっちり臨めます。

こだわりの家具はすごい値段…

こちらの記事の奥に見えるのが牧瀬里穂さんのための「茶室」のようです。

画像引用元:https://otaku-son.hatenablog.com/

一度は事業がピンチを迎えたNIGOさんでしたが、妻・牧瀬さんの愛に支えられて相変わらずのセレブ生活。

ふたりの間には子供はいませんが、家族の絆はさらに強まったことでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!