MENU

唐田えりか現在の様子!『金魚姫』ドラマ画像と韓国映画での復帰プラン!

東出昌大さんとの3年におよぶ不倫で、世間を騒がせた女優・唐田えりかさん。

東出さんはドラマや映画などで俳優活動を続けていますが、一方の唐田さんは現在どうしているのでしょう?

「驚きの復帰プラン」の情報も入ってきました。

スポンサーリンク

唐田えりか現在どこに?事務所フラーム解雇の噂も?

唐田えりかさんは、東出さんとの不倫が発覚後、出演中だったドラマも出演自粛しています。

さらに、その後に放送予定だったドラマも降板。

インスタグラムのアカウントは削除されていますが、公式だと思われるツイッターアカウントで画像は見ることができます。

しかし、更新は2018年2月で止まっていますので、現在の画像は見ることができませんでした。

こちらが2018年2月16日に投稿された、公式SNSで見られる最後の写真です。

「所属事務所フラームを解雇されたのでは?」という噂も流れましたが、現在は事務所サイト内にある唐田えりかさんの公式ページも見ることができます。

出演ドラマの欄には、病室で念仏を唱えないでください」を掲載していますが、「※第1話出演」という注釈が。

どうやら、事務所解雇も芸能界引退もただの噂のようです。

しかし、現実的にいますぐ芸能活動を再開するのは難しい状況といえるでしょう。

唐田えりかが行方不明?事務所も祖父も連絡とれず?

唐田えりかさんは現在も事務所に所属していることが確認できましたが、実は事務所の方も本人の消息をつかめていないようです。

3月22日、放送作家の山田美保子さんがTBS系の情報番組「サンデー・ジャポン」に出演し、唐田えりかさんについて語っていました。

「唐田さんは行方不明でして、事務所の方も行方をつかめていないという話があります」

「2週間ぐらい前にコンビニで唐田さんの写真を見かけたんですけど、1980円のリュックを背負っていた。片や、(東出の妻)杏さんは2けた、3けたのセレブなお洋服。これは比べられないなと思いました」

さらに、3月24日発売の週刊女性の記事では、実家で静かに暮らしているのでは?という噂もありましたが、父親代わりでもある祖父(両親は幼い頃離婚)も連絡がとれてないと報じています。

唐田さんの祖父は「言いたいことは100もあるけど……、私が言っても意味がないから、これ以上話すことはありません」と本人同様口を閉ざしていたということです。

事務所も親族も本当のことを証言しているとしたら、唐田さんはいったいどこにいるのでしょうか?

唐田えりか現在どこに?韓国の事務所にも所属中

唐田えりかさんは、ツイッターに韓国語併記しているように、女優デビューする前の2014年から韓国でも芸能活動をしていました。

2017年のLG電子スマートフォンのCMに出演。

さらに、2018年には大ヒットドラマ「アスダル年代記」で一躍人気者に。

画像引用元:https://k-plaza.com/2020/01/karata.html

太古の小部族を率いる若き女族長を演じ、凛とした清純なイメージで視聴者に鮮烈なイメージを残しました。

韓国で所属する芸能事務所BHエンターテイメントでも、不倫騒動について謝罪を発表。

しかし、こちらの事務所も解雇されたわけではなく、公式トップページに所属タレントとして紹介されていました。

この写真がいつ撮影されたかは不明ですが、公式サイトで見られる最新の写真となります。

韓国でもまだ目立った活動再開はしていませんが、事務所には所属してることが確認されました。

唐田えりかは韓国でも炎上?擁護の声も

韓国でも不倫炎上バッシングが?

唐田えりかさんの日本での炎上バッシングぶりは記憶に新しいものがありますが、韓国でも「清純派」で売り出していただけに、ファンに与えた失望や不信はとても大きいものだったようです。

「”不倫” 唐田えりか、東出昌大との別れを知人に相談」と題した「ソウル新聞」(2020年2月5日付)記事のポータルサイト(NAVER)版には、次のようなコメントが寄せられていました。

「うわ、えりか、本当に失望だ。清純な美しさをアピールしていたのに、19歳から3年間不倫…、開いた口がふさがらない」

「顔だけは清純」

「恥を知れ」

「唐田えりかが好きでわざわざ探してみるほどだったのに、今度のことでもう終わりだ」

「えりかは韓国でもう終わり」

とりわけ、韓国では不倫に対する認識が日本よりも厳しいようです。

らに、 韓国では、かねてからネットでの悪質な誹謗中傷が社会問題化してきた経緯もあり、厳しい書き込みが大量に寄せられました。

唐田えりかを擁護する声も?

しかし、一方で唐田えりかさんを擁護する声も出てきています。

2020年2月4日付の韓国の芸能ニュースサイト「ヘラルドPOP」の記事をはじめ、他の記事でも以下のようなコメントが見られています。

「引っかけた男のほうが問題だろ。男に対する悪口はないんだね」

「不倫でも何でも自分は問題ないと思う。若い年齢でそういうこともあり得るでしょ。またドラマに出て欲しい。唐田えりかがんばって~」

「男のほうがもっと非難されるべき。唐田えりかが最初に不倫したのは、まだ考えが幼い未成年者の時だったのに」

「なんで女の子のほうだけ干されるの?」

「この子、本当に好き。笑顔を見てるだけで気分がよくなる」

歴史問題などでは衝突もある日韓関係ですが、韓流・K-POPなどの韓国文化が日本で支持を得ているのと同じように、韓国でもドラマ「孤独のグルメ」がブームになるなど、日本のコンテンツが人気であることも、唐田さんにとって追い風になるかもしれません。

唐田えりかNHKドラマ『金魚姫』に出演

行方や消息が問われる中、唐田さんは不倫騒動後に初めてドラマ出演をしていました。

出演したのは、2020年3月29日放送のNHKBSプレミアムのスペシャルドラマ「金魚姫」。

志尊淳さんが演じる主人公の元恋人という役どころ。

そのときの画像がこちらです。

「金魚姫」の出演シーンは不倫報道より前に撮影済み。さらに、唐田さんは朝ドラ『スカーレット』で高視聴率をたたき出した戸田恵梨香さんと同じ事務所。NHK制作サイドが事務所に気を使ってそのまま放送したという説も。

さらに、前述の「週刊女性」の記事での唐田さんの祖父の発言が、視聴者の同情を誘っているとも。

そんな背景を受けて、このように語る関係者も。

「ある意味、不倫スキャンダルで役柄の幅が広がったともいえます。CMは難しいし、唐田の気持ち次第でしょうが、事務所のバックアップで“汚れ役”もいとわずに映画やドラマなどに出演していけば、意外と早くほとぼりも冷めると思いますよ」(在京キー局関係者)

果たして、唐田えりかさんを映画やドラマで再び見る日も近いのでしょうか?

スポンサーリンク

唐田えりか『パラサイト』監督映画で驚きの復帰か

不倫騒動から約2ヶ月を迎えようとしている現在、驚きの「復帰プラン」が囁かれているといいます。

それは、いまだ唐田人気が継続中の韓国での映画復帰。

さらに、それがアカデミー賞受賞監督であるポン・ジュノ監督の作品だというのですから驚きです。

ご存知の通り、韓国映画「パラサイト 半地下の家族」は外国語映画として史上初めての作品賞を受賞。

ポン・ジュノ監督は監督賞も獲得しています。そんな大物がなぜ?と疑問に思いますが。

日刊ゲンダイデジタル記事の中で、日本人女優のキャスティングについて、ある芸能関係者がこう語っています。

「確かに是枝監督はポン監督にとって重要な日本人ブレーンのひとりで、普段から取材で『私の師匠のひとり』と漏らしています。

ただ、それ以上に深い関係があるのが韓国の芸能プロダクションの『BHエンターテインメント』。

米国でも大人気のイ・ビョンホンが所属する芸能事務所で、もし、ポン監督が日本人の役者を使って映画を製作することになれば、同事務所所属の唐田えりかを強力にプッシュすることが予想されます。

同事務所は唐田の才能を高く評価していますからね」(芸能関係者)

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200301-00000006-nkgendai-ent&p=1

唐田えりかさんの炎上ぶりを考えると、いささか荒唐無稽な案にも思えますが。

しかし、唐田さんはカンヌ映画祭にも出品された映画「寝ても覚めても」に出演。

良くも悪くも、東出さんと共演した映画で、実力も評価されています。

日本での復帰はまだまだ時間がかかるでしょうから、「開店休業中」の唐田えりかさんの復帰について韓国の大手事務所が動き出す可能性はゼロではないかもしれません。

【動画】東出昌大と唐田えりか濃厚キスシーン!映画祭でも『クロ判定』【画像】唐田えりかインスタグラム削除!東出昌大と『不倫中の10枚』

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!