MENU

岡田晴恵の結婚相手の旦那は医師免許持つ研究者!不倫の噂は本当?【画像】

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、連日ワイドショーで引っ張りだこの岡田晴恵教授。

元国立感染症研究所の研究員の経歴から、感染症の専門家として語る鋭いコメントが人気です。

そんな岡田晴恵教授のプライベートも気になります。

スポンサーリンク

【画像】岡田晴恵教授のプロフィールは?

岡田晴恵教授は1963年生まれですから、今年で57歳になります。

現在は、白鴎大学教育学部教授で、専門は感染免疫学、ワクチン学です。

岡田晴恵教授 経歴

▼共立薬科大学(現・慶應義塾大学薬学部)大学院薬学研究科修士課程 修了

▼順天堂大学大学院医学研究科博士課程中退、医学博士

▼厚生労働省国立感染症研究所ウイルス第三部研究員

▼(社)日本経済団体連合会21世紀政策研究所シニア・ アソシエイト

国立感染症研究所での研究経験を活かして、現在は新型コロナに関連するコメンテーターとしてテレビで見ない日はないほど。

2月の出演番組だけで60本以上。『アッコにおまかせ!』『羽鳥慎一モーニングショー』では頻繁に岡田晴恵教授の姿が見られます。

歯に衣着せぬ物言いが、多くの番組からオファーを受ける要因なのではないでしょうか?

岡田教授はかねてから、感染症の専門家としてPCR検査を徹底、拡大するべき」と強く主張。

しかし、これが「検査数をむやみに増やすと、感染拡大につながる」と説く専門家と対立し、視聴者からも話題を呼んでいます。

岡田晴恵の結婚した旦那は元同僚!医師免許を持つ研究者!

そんな岡田晴恵教授、結婚はしているのでしょうか?

「岡田ウオッチャー」とも称される一部の視聴者がチェックしたところ、テレビ出演の際は結婚指輪をしていません。

また、「岡田晴恵さんの夫は、京都の保健所所長」という噂も流れていたようです。

この方と同一人物かどうかは不明ですが、岡田晴恵さんの旦那は、国立感染症研究所の研究者でした。

岡田晴恵教授は医師免許を持っていませんが、旦那は医師免許を持つ研究者。

岡田晴恵教授が研究所に採用されたのは、結婚後のことで、部署は違いますがしばらく「同僚」として働いていたそうです。

お子さんがいるという情報もありました。

スポンサーリンク

岡田晴恵に文春砲?上司と不倫の噂はガセ?

しかし、2009年に岡田晴恵さんは国立感染症研究所を退職しています。

退職理由は不明ですが、このような不穏な情報も…。

国立感染研究所を追い出されたのは上司との不倫が原因との噂があります

#岡田晴恵

3月19日発売の週刊文春で、岡田晴恵教授の「実験データ不適切使用」を報じているようですが、「文春=不倫報道」のイメージも強いため、このような噂が立ったのかもしれませんね。

また、岡田晴恵さんは、メディアに出る機会も非常に多く、ハッキリと発言するのでいわゆるアンチも多いのでしょう。

ご本人もこのように語っているぐらいですから。

芸能人ではありませんが、これも「コロナ女王」としての有名税なのかもしれませんね。

しかし!「文春砲」には不穏な内容が…【文春砲】岡田晴恵がデータ捏造?上司の田代眞人と不倫パワハラの噂も

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!