MENU

小山田圭吾の元嫁がいじめ批判に『いいね』嶺川貴子と泥沼離婚だった

東京五輪開会式に楽曲制作担当としての起用が発表されていたミュージシャンの小山田圭吾さん。

しかし、過去の雑誌のインタビューで障害がある生徒に対するいじめを告白していたことが問題になりました。

結局は、国内外で批判の声が高まり、自ら辞任を申し出たようですね。

そんな小山田圭吾さんの一部始終を静観していたのが、元妻のミュージシャン・嶺川貴子さんでした。

なんでも、小山田さんを批判する一般の方の投稿に賛同していたとか。

離婚後、9年が経っていますが、いまだに元夫に対してネガティブな感情を抱いているのでしょうね。

その背景には、泥沼の離婚原因がありました。

スポンサーリンク

【顔画像】小山田圭吾の元嫁は嶺川貴子!現在も音楽活動を

小山田圭吾さんの元妻・嶺川貴子さんもミュージシャンです。

嶺川貴子(みねかわたかこ)

生誕 1969年6月3日

ジャンル エレクトロニカ

職業 シンガー 音楽家

活動期間 1995年 –

1990年、フリッパーズ・ギター監修のオムニバス『FAB GEAR』にカヒミ・カリィとのユニットFancy Face Groovy Nameで参加。

1992年には、L⇔Rに加入したものの、1994年1月にはL⇔Rを脱退。

1995年『CHAT CHAT』でソロデビューしています。

近年では「細野晴臣トリビュート」や「PENGUIN CAFE ORCHESTRA -tribute-」などコンピレーションCDにも参加していました。

「同志」オザケンも最近話題!【顔画像】小沢健二の嫁の年齢45歳!離婚間近でPORINとはいつから?

小山田圭吾と元妻・嶺川貴子の馴れ初めは?

skyscraper-oasis.com

小山田圭吾さんとの馴れ初めは、1990年にフリッパーズ・ギター監修のオムニバス『FAB GEAR』への参加だそう。

嶺川さんは、カヒミ・カリィさんとのユニットFancy Face Groovy Nameで参加しています。

実は、小山田圭吾さんとカヒミ・カリィさんは交際していたという噂もあります。

だた、嶺川さんと重なっていたのかは不明ですね。

その後、交際をスタートさせ、1999年には、小山田圭吾さん作曲、嶺川さん作詞の曲をリリースするなど、仕事でも共演。

2000年に、入籍。2012年には離婚しています。

【顔画像】小山田圭吾と元妻・嶺川貴子の子供は?息子は米呂(マイロ)

結婚の翌年、2001年に長男米呂さんがが誕生しました。

画像引用元:twitter.com

本名 小山田米呂(おやまだ まいろ)

生年月日 2000年11月2日

年齢 20歳(2021年7月現在)

出身地  東京都

身長 170㎝

息子の米呂さんも音楽活動をしています。

バンド「sure shot」でメンバー全員が中学生の頃(2015年)にデビュー。

父親の母校の私立和光学園2年生のときに、ロサンゼルスに留学、現地の大学に進学したという情報があります。

その後は、日本に帰国。大学は中退したようですね。

2021年2月の時点でele-king (エレ・キング)と契約しているので、音楽活動は続けているようです。

今後は、音楽活動やモデル・俳優などで活動していくとみられています。

夫婦は、2012年、米呂さんが12歳のときに離婚しています。

スポンサーリンク

小山田圭吾の元嫁がいじめ批判に『いいね』嶺川貴子は離婚後も夫嫌い

画像引用元:hamusoku.com

さて、そんな小山田圭吾さんですが、2021年の東京五輪開会式に楽曲制作担当として起用され、話題になりました。

しかし、過去に雑誌・ロッキンジャパンに掲載された「いじめ告白記事」が大問題に。

結局は、国内外の批判が大きくなり、自ら辞任を申し出ています。

小山田圭吾のいじめ内容とは?

小山田圭吾さんの「いじめ内容」どのようなものだったのでしょうか。

小山田さんは、小学生のころから高校まで、言語障がいがあると思われる同級生をいじめていたということ。

主な内容は次の通りだそうです。

  • 好きな女子の名前を言わせて自慰行為を強要した。
  • 跳び箱の中に閉じ込め黒板消しをたたき「毒ガス攻撃」
  • 汚物を食べさせバックドロップした。
  • ジャージを脱がして裸で歩かせた。
  • 段ボール箱に入れてガムテームを巻き付けた。

これらの行為も問題ですが、雑誌のインタビューでおもしろおかしく笑いながら話す様子に嫌悪感を抱きますね。

いじめの過去は音楽ファンでは有名な話だったそう。

オリンピックの楽曲担当に起用した担当者も事前調査が足りな過ぎたかもしれません。

嶺川貴子がツイッターで「いいね」

そして、「小山田問題」が波紋を呼ぶ中、元嫁の嶺川貴子さんがある「反応」を見せます。

一般の方が、小山田圭吾さんのいじめについて意見したこの投稿に「いいね」と賛同していたのです。

▼被害者を思いやる一般人の投稿

 

▼嶺川さんが「いいね」を押しています。

ミュージシャン、元嫁という立場でありながら、意志表示したのですから、かなり強い気持ちがあったと見受けられます。

 

ちなみに、現在、嶺川さんのアカウントは非公開になっていました。

元夫の「巻き添え」を食うのがいやになったのでしょうね。

スポンサーリンク

小山田圭吾の元嫁・嶺川貴子とは泥沼離婚?

画像引用元:nice-plus.com

嶺川さんと小山田さんが離婚して、9年が経っています。

しかし、今回の意志表示を見ると、夫のことをいまもよく思っていなさそうですね。

それは、ふたりの離婚原因にあるのではないでしょうか。

離婚原因は介護と浮気?

離婚理由について、当時の嶺川貴子さんは「気持ちのすれ違いが重なった」と語っていました。

たしかに、離婚原因はひとつではないので、いろいろなことが重なったのでしょうね。

嶺川さんは、小山田さんの父親の介護もしていたようです。

しかし、小山田さんの帰りが夜遅いことも多く、妻に負担がかかっていたのでは。

さらに、小山田圭吾さんの不倫疑惑も噂されています。

若い女性をクラブなどに連れ歩いていた姿が目撃されていたからです。

義父の介護をしている嫁にしてみれば、そのような噂によく思わないのは当然のことです。

離婚の数年前からは別居もしていたということで、修復不可能な泥沼離婚だったのではないでしょうか。

いじめにも嫌悪感?

今回問題になった、小山田さんのいじめ告白記事は、1994年および1995年に雑誌に掲載されています。

音楽業界では有名な話ですから、2000年に結婚した当初は嶺川さんも小山田さんの過去について知っていたと思われます。

最初は気にならなかったものの、出産し、子供を育てるうちに、小山田さんと育児についての意見が食い違った可能性もありますね。

もしかしたら、過去のいじめについてお互いに言及したこともあったかもしれません。

今回、嶺川さんが一「いいね」を押したツイートの内容は、父親としての立場を問うものでした。

我が子の立場に立った時どういう父親であるべきか、そこからだったら考えることはできるんじゃないのかな、自分がするべきことを。そうであってほしい。

嶺川さんは、小山田さんの自分の息子への対応にも、疑問を持ったことがあったのかもしれませんね。

スポンサードリンク

まとめ 小山田圭吾の元嫁がいじめ批判に『いいね』嶺川貴子は離婚後も夫嫌い

東京オリンピックの楽曲制作担当を、過去のいじめ告白が原因で、辞退した小山田圭吾さん。

小山田さんのいじめ批判をするツイートに、元嫁の嶺川貴子さんが「いいね」を押していたことがわかりました。

小山田さんと嶺川さんは、12年間の結婚生活を経て、離婚しています。

離婚原因は明らかにはされていませんが、小山田さんの浮気も噂され、あまりいい別れ方ではなかった可能性もあります。

また、一児の父親として、「自らの陰惨ないじめについてどう考えるのか」を改めて問いたかったのかもしれませんね。

小山田圭吾 プロフィール

画像引用元:createlife.tokyo

小山田 圭吾(おやまだ けいご)

別名 Cornelius

生誕 1969年1月27日(52歳)

出身地 東京都世田谷区

学歴 セツ・モードセミナー卒業

1989年にフリッパーズ・ギターのメンバーとしてデビュー。

1991年の解散後、約2年のブランクを経て、1994年よりソロユニットCornelius(コーネリアス)として活動。

2021年開催の東京オリンピック楽曲制作担当に抜擢されたものの、過去のいじめ告白記事が原因で、自ら辞退しています。

スポンサードリンク

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!