台風で備えるものマンション編|ちょっとした雨風対策が大きな差に!

台風が多い季節。強風や豪雨による被害が心配です。

基本的な対策はとられていると思いますが、住まいのタイプによって備えなければならない箇所も異なります。

マンションに住んでいる方が注意すべき点や、身の回りにあるものでできる対策をまとめました。

スポンサーリンク

台風で備えるものマンション編|台風前にやることリスト

マンションの部屋の内外で備えておくもの・対策を紹介していきます。

養生テープや段ボールなどで窓を補強

マンションにはシャッターや雨戸がついていないことも多いでしょう。

ベランダや隣の建物から物が飛んできて、ガラスが割れる危険性もあります。

そこで、台風が来る前に窓を養生テープで補強しておくと、たとえ窓が割れてもガラスが飛び散るのを防ぐことができます。

必ずしも養生テープでなくても、ガムテープや段ボールなどを利用して補強できますから、台風直前に養生テープが売り切れ!というときも慌てなくて大丈夫です。

窓ガラス補強のやり方や養生テープの代用品についてはこちら!養生テープの代用品は?コンビニや100均の台風窓ガラス補強対策!

新聞やタオル・布でサッシをふさぐ

強い雨風は窓のサッシを通して室内に吹き込んできます。高層マンションならなおさらでしょう。

そこで、サッシの隙間を新聞紙やタオル、いらない布なのでふさいでおきましょう。

水ともに汚れが浮き出てくるので、もう使わないタオルや着古しの服などがいいかもしれません。

ビニールテープでベランダコンセントふさぐ

ベランダやバルコニーにコンセントがある場合は、水が入るとブレーカーが上がることもあるようです。

あらかじめビニールテープなどでふさいでおきましょう。

また、部屋と部屋を隔てる隔壁版も風で割れたり、飛ばされたりということがあります。

ヒビは入っていないか?ボルトは緩んでいないか?など、事前に確認し、ビニールテープや針金などで補強しておくと安全です。

植木鉢などは室内に片付け、ものほしざおも床に下ろしておきましょう。

排水溝が詰まっているとベランダに水が溢れるので、確認を忘れずに。

飲料水を確保・お風呂に水を貯める

マンションの場合は、屋上の貯水槽に水をくみ上げ貯めているところも多いので、台風で停電すると同時に断水が起こる可能性も。

水を浴槽に貯め、トイレなどに活用しましょう。家族分の飲料水も確保しておくと安心です。

24時間換気や網戸、エレベーターにも注意

マンションによくある24時間換気システムは切っておくことをお勧めします。

台風時は気圧の関係で、これをつけっぱなしにしておくと玄関などから水が吹き込むことがあるようです。

また、網戸は安全のためにはずしておくのがよいそうですが、マンションだと置き場所に困るかもしれません。

網戸のタイプによって違うかもしれませんが、「はずれ止め」というものがあるようです。大型台風の場合は不安かもしれませんが、しないよりはいいかもしれません。

また、窓ガラスを補強する際に、網戸も一緒に貼り付けて対策している人もしました。

さらに、台風で停電が起こるとエレベーターも停止します。

外に出かけることはないと思いますが、車の様子を見にいくこともあるかと思います。

一応、心に停めておいたほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

台風で備えるものマンション編|駐車場の車や自転車にも注意!

また、室内の対策だけでなく、屋外駐車場に車や自転車を停めている人は注意が必要です。

これほどではなくても、木や石が飛んできてもガラスが割れる危険性も。カバーをかけてしっかり固定する、部屋の窓ガラスと同じように段ボールや養生テープなどで補強するなど、対策を心がけておくほうがよいでしょう。

また、近くに屋内駐車場がある場合は一晩だけ避難させるのも手かもしれません。

ただ、屋内駐車場も地下などでは浸水する可能性もあるので注意が必要です。

万が一に備えて、ガソリンは満タンにしておきましょう。

また、自転車も可能であれば部屋の中か玄関先まで入れることをお勧めします。

無理なら柵などに紐でしっかり固定しておくなどの対策を!

スポンサードリンク

まとめ 台風で備えるものマンション編|ちょっとした雨風対策が大きな差に!

自然災害は防げるものではなく、恐ろしいものですが、ちょっとした工夫で被害にも差が出ます。

自分や家族だけでなく、ご近所の人や隣家などへの影響も考えて、いまのうちにできることは備えておきましょう。

とにかく台風による被害がないことを祈ります!台風19号東京への影響いつからいつまで?関東のピーク時間帯は?台風の被害は保険で補償される?家や車は?隣家への賠償責任は?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!