台風19号東京への影響いつからいつまで?関東のピーク時間帯は?

大型で非常に強い台風19号(2019)は、10月12日(土)夕方から夜にかけて静岡県か神奈川県あたりに上陸する見込みです。

最大級といわれる台風19号。東京や関東で注意が必要な時間帯はいつからいつまでなのでしょう?

スポンサーリンク

2019年台風19号東京への影響いつから何時まで?関東の雨風ピーク時間帯は?

台風19号の影響で、東日本を中心に広い範囲で猛烈な風が吹き、猛烈なしけとなり、東日本では記録的な暴風や大雨、高潮のおそれも出ています。

台風19号は「大型」で「非常に強い」勢力であることや、上陸直前でも「北上する速度が比較的遅い」ことが特徴です。

このため、東海地方や関東地方だけでなく、広い範囲で大荒れの天気が長い時間続くことが予想され、雨や風の「ピークが長引く」傾向があります。

さらに台風の中心よりも北側に発達した雨雲があるので、台風が直撃する前から雨が降り続き、長い時間帯注意が必要となります。

気になるのは、東京(関東)でいつからいつまで警戒が必要かという時間帯です。

【追記】10月12日17時発表の情報に更新しました。

10月12日17時発表の情報によると、東京(関東)では、雨は13日の早朝まで、風は13日の昼前までが警戒時間帯。

それ以降も、川が氾濫している地域もあるので、引き続き注意が必要です。

13日正午までの24時間降水量は、多い所で300~500ミリ。最大瞬間風速は60m/sで、台風15号の際、千葉市で観測されたよりもさらに強い風が、広範囲で吹く可能性があります。

風速60m/sは「猛烈な風」のレベルにあたり、トラックが横転するなど屋外に出るのは極めて危険ですから、注意が必要です。

スポンサーリンク

2019年台風19号東京(関東)直撃!都会で注意することは?

12日に予想される最大瞬間風速は60メートル。電柱や幹の太い樹木も根こそぎ倒れてしまほどの強さです。

さらに、高層ビルが立ち並ぶ東京や神奈川などでは、高層ビルによって風の通り道がふさがれ、いわゆる「ビル風」が起こりやすく、さらに威力を増した風が吹く恐れがあります。

また、大都市では道のほとんどがアスファルト等で覆われていることから、大雨になった場合は排水能力の限界を超えて、行き場をなくした雨水が内水氾濫を起こす危険性があります。

地上で浸水すると地下鉄や地下道、地下駐車場などの地下空間に一気に水が流れ込む恐れもあり危険です。

さらに14日の朝までに、関東・東海の沿岸部では停電するリスクも比較的高めなようですから事前対策をお勧めします。

台風の際は、思わぬ二次災害が発生する場合があります。

それは、都会である東京でも同じです。警戒時間帯中は都会に住んでいる方も極力外に出ることは避けましょう。

スポンサードリンク

まとめ 台風19号東京への影響いつから何時まで?関東の雨風ピーク時間帯は?

2019年台風19号は非常に強い勢力を保ったまま、12日土曜の夕方から夜にかけて静岡か神奈川県あたりに上陸する可能性があります。

東京(関東)での雨・風のピークは12日朝から13日昼ごろまでと長く、注意が必要です。

台風による大きな被害がないことを祈ります。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!