【画像】森下暢仁の高校は大分商業!甲子園出場せずもイケメンで評判?

いよいよ2019年プロ野球ドラフト会議が行われます。

中でも注目は、明治大学の森下暢仁(もりしたまさと)選手。

そこで森下選手の高校時代などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

【画像】明治大学・森下暢仁(もりしたまさと)投手はドラフト注目株!

森下暢仁選手 プロフィール

よみ方 もりしたまさと

生年月日 1997年8月25日(22歳)

身長 180 cm

体重 74 kg

所属 明治大学

ポジション 投手

投打 右投右打

最高球速 154 km/h

変化球 スライダー, カーブ, フォーク

経歴 明治少年野球クラブ(大分県大分市明治北小)→ 大分県大分市大東中→ 大分商業 → 明治大学

出身 大分県

森下選手は、明治北小学校3年生の時に明治少年野球クラブで野球を始めました。

高校生の時点で注目を浴びていましたが、プロ志望届は提出せず、明治大学へ進学しています。

2年生春に防御率ランキング2位に。3年生春には154km/hを記録。4年生春にリーグ通算10勝をマークするなど、チームのリーグ優勝に大きく貢献する活躍を見せました。

日本大学野球選手権では、完封含む2勝を上げ、明治大学38年振りの優勝に貢献し、MVPと最優秀投手賞を獲得。

2019侍ジャパン候補にも選出されている、いまもっとも注目される若手投手です。

【画像】森下暢仁投手の高校は?大分商業時代は甲子園出場?

森下投手の出身高校は、大分商業高校です。

1年夏に大分商業は夏の甲子園に出場。森下選手も背番号「11」でベンチ入り。

1年先輩のエース左腕・笠谷 俊介(福岡ソフトバンク)投手がいたため、2年夏までは三塁手兼任でしたが、その後エースに。

しかし、3年の夏には県大会決勝で敗退したため、「甲子園試合出場経験」はないということになります。

エースとして活躍した3年生では甲子園の土を踏むことができなかったにも関わらず、なんと練習試合での投球が全国から注目を浴びるきっかけになっています。

こちらが高校時代の森下投手のピッチング動画。

2015年春には練習試合で最速148キロをマークし、県大会では無安打無得点(7回参考)も記録。

さらに東海大相模(神奈川)との練習試合でも、最速146キロのストレートとキレ味鋭い変化球やスプリットを武器に10奪三振で無四球2失点完投。

スピンの利いた最速148キロのストレートに、スライダー・カットボール・チェンジアップ・スプリットを自在に操る本格派右腕としての実力を認められ、2015年のワールドカップで侍ジャパンU18代表メンバー選出。銀メダルを獲得しています。

【画像】森下暢仁がプロに進まず明治大学進学した理由は?

そんな森下選手は、高校3年の秋、プロに進むべきか、進学をするべきか悩んでいました。

結局、明治大学への進学を決めたのは、明治大学野球部善波監督の情熱に感動したからです。

心に残ったのは、監督の「同期でプロに行く人間がいても、大学での4年間で劣る部分はないし、自分の取り組み次第で絶対に追い越せる」という言葉。

善波監督はなんと計6回も大分へ足を運んだそう。

大学時代には、森下投手も当時を振り返ってこうコメントしていました。

「あれだけ熱心に誘っていただけて本当に嬉しかった。いろいろな言葉をもらって、今では大学に来て本当に良かったなと思います」

そして、2019年今年6月の全日本大学野球選手権では、主将としてチームを牽引し、明治大学の38年ぶり6度目の優勝に貢献。

森下投手は準々決勝の東洋大学戦で7安打完封、決勝の佛教大戦は1失点完投で、最高殊勲選手賞と最優秀投手賞を獲得しています。

来たるドラフト会議に向けて、森下投手はこんなコメントを語っていました。

「同級生ではプロで活躍している選手がまだ本当に少ない。その中に自分が入って1年目から活躍して、みんなの刺激になればいい。逆にみんなから刺激をもらうこともあると思うので、その面ではいい関係でありたいなと思っています」

引用元:https://number.bunshun.jp/articles/-/841102?page=5

スポンサーリンク

【画像】森下暢仁(もりしたまさと)は高校時代からイケメンで評判!

そんな森下暢仁選手、甲子園のマウンドに立っていないのにかかわらず、実力はもちろん「イケメン」ぶりでも評判でした。

そんな森下投手の高校時代の写真はこちら。

U18サムライジャパのユニフォーム姿も似合います。

高校時代から爽やかなイケメンですね。

そしてこちらが、大学時代。オトナになって、さらにイケメンに成長しています。

森下投手、甲子園に出場していなくても話題になるはずです。

プロの世界に行っても、女性ファンに人気が出そうですね!

スポンサードリンク

まとめ 【画像】森下暢仁の高校は?大分商業で甲子園出れずもイケメンで評判!

いよいよ楽しみなドラフト会議2019。

中でも明治大学・森下投手がどのチームでプロ入りするのか注目が集まります。

森下投手は、実は大分商業高校時代は、甲子園のマウンドに立った経験はありません。

しかし、そのころから実力は折り紙付き。U18の代表にも選ばれ、ワールドカップでは銀メダルを獲得。

明治大学でも大学選手権の優勝に貢献しています。

実力はもちろん、そのイケメンなルックスも話題な森下暢仁投手のプロ野球での活躍から目が離せません!星稜|奥川恭伸の球種は?球速158キロでスピードガン故障?2019甲子園【動画】佐々木朗希(大船渡)の甲子園予選初戦の最速は?|2019夏

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!