星稜|奥川恭伸の球種は?球速158キロでスピードガン故障?2019甲子園

いよいよ開幕しました。2019年夏の甲子園!

中でも注目されているのが、強豪・星稜高校の奥川恭伸投手です。

あのダイナミックなフォームから繰り出す球種は何なのか?球速が速すぎるゆえのエピソードもご紹介します!

スポンサーリンク

星稜|奥川恭伸の出身中学校・小学校や名前の読み方は?【画像】

奥川恭伸投手 プロフィール

読み方 おくかわやすのぶ

生年月日 2001年(平成13年)4月16日(現在18歳)

利き腕 右投右打

身長: 183cm

体重 :82kg

出身小学校:かほく市宇ノ気小学校

出身中学校:かほく市立宇ノ気中

野球を始めたのは、宇ノ気小学校3年のとき。宇ノ気中学校では軟式野球部だったそうで、中学3年夏に全国大会制覇を達成しています。

星稜高では1年生の春の北信越大会からベンチ入りしています。

星稜|奥川恭伸の球種は?中日1位指名候補の実力?【動画】

そんな奥川恭伸投手の球種について調べてみました。

  • 最速158キロ、常時140キロ前後から145キロ強(先発登板)で投げるストレート
  • 120キロ台のスライダー
  • 130キロ前後のフォーク
  • 110キロ前後のカーブ
  • 120キロ台のチェンジアップ

高校生とは思えない多彩さです。

今年の奥川投手の仕上がりについて、阪神・筒井スカウトはこんなコメントを寄せています。

「モノが違う。春先に力んで高めにいっていた150キロとは違って、コース、高さともに、ある程度のところにきての球速というのは春と違うところ。今後も期待したい」

引用元:https://www.sanspo.com/baseball/news/20190722/hig19072205030008-n2.html

また、オリックス・福良ゼネラルマネジャーも「あのスライダーはなかなか打てない」と高く評価したそう。

また、中日が今秋のドラフト会議で川恭伸投手を1位指名することが有力になったとも報じられています。

球団幹部は今回のドラフト戦略について「大舞台で経験を積んだ選手はプロでも力を発揮しやすい」と説明。4季連続で甲子園に出場し、昨年からU18日本代表として日の丸を背負ってきた奥川へ軸足を傾けた。

引用元:https://www.nikkansports.com/baseball/news/201908050000801.html

スポンサーリンク

星稜|奥川恭伸投手の球速は158キロでスピードガン故障?【動画】

奥川投手は2019年甲子園石川大会の決勝で球速158キロを記録しています。

さらにその前の3回戦の金沢大付戦では2回を投げ、1人の走者も許さない無安打6奪三振の完全投球を披露。

しかも、この試合で球速158キロを記録して、観客をざわめかせたそうです。

先頭打者の2球目に自己最速を4キロ更新する156キロをマーク。

さらに、観衆の熱気に押されたのか、相手の3番打者への初球はさらに最速を更新する158キロを表示。5球目にも再度マーク。

これには、本人も驚いたようで、こんな風にコメントしていたそうです。

球場のざわめきを感じ取り「あれは(計測装置が)壊れていると思います。なんとも言えません」と苦笑い。

しかし、球場関係者に確認すると「壊れてはないです」と故障を否定。

視察した阪神スカウトのスピードガンでも、自己最速を1キロ更新する153キロをマークしたそうですから、正真正銘・記録では球速158キロということが証明されています。

これも、7月からウエートトレーニングで体作りに力を入れた結果が表れたようです。

また、昨夏の甲子園期間では、体重が今と同じ82キロから4キロ落ちてしまったので、体重維持のために、無理やりご飯を水でかき込んでいるそうですよ。

スポンサードリンク

星稜|奥川恭伸の球種は?球速158キロ?2019夏の甲子園

2019年夏の甲子園、高校生四天王といわれている奥川恭伸投手。

昨年の経験を活かし、豊富な球種と最速158キロの球速で、今年の活躍が期待できます。

体力的にも精神的にも、ひとまわり成長した奥川投手を見るのがとても楽しみです!

履正社高校の清水大成投手との対戦はある?【画像】履正社の清水大成イケメン写真ベスト10!彼女の制服姿も?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)