上野由岐子が国際結婚したい理由とは?理想のタイプはロナウジーニョ

日本女子ソフトボール界のレジェンド、上野由岐子選手。

東京オリンピックでは、3回目のオリンピックに出場。

13年ぶり2度目の金メダルを狙う日本代表をけん引する頼もしい存在です。

そんな上野由岐子選手は現在38歳で独身。

実は結婚願望があることを、しばしば公言しています。

さらに、「国際結婚したい」と外国人との出会いも夢見ているようです!

かっこかわいい女子、上野由岐子選手の結婚観に迫ります。

スポンサーリンク

上野由岐子の経歴|小学校3年生からソフトボール一筋

まずは、上野由岐子選手のプロフィールや経歴を紹介します。

画像引用元:sey-88.com

上野 由岐子

出身地 福岡県福岡市

生年月日 1982年7月22日(38歳)

身長 174cm

投球・打席 右投右打

ポジション 投手

学籍 九州女子高等学校卒

「少年」だった子供時代

上野選手がソフトボールを始めたのは、小学校3年生のときでした。

その夏には、福岡市の少年ソフトボールチーム「花畑ブルージェイズ」の秋山新太郎監督の目に留まります。

「ピンときました。走りっぷり、その足腰の強さに目を見張りました。鍛えればすごい選手になる、と感じたんです」

秋山監督はすぐさま自宅を探し出し「息子さんをうちのチームに」と直談判したそうです。

上野選手、たしかに少年のようですね!

恵まれた運動能力でピッチャーとして活躍し、小学校で県大会優勝。

中学校で全国制覇、さらに高校ではジュニア選手権でエースとして優勝を収めました。

高校生で球速107km/hという日本人最速を記録したことで“オリエンタル・エクスプレス”の異名を獲得しています。

北京オリンピックで金メダル!

高校卒業後は、日立高崎ソフトボール部(現在のビックカメラ女子ソフトボール高崎)に入部。

史上初の2試合連続完全試合を達成し、2001年には新人王に輝きました。

2004年アテネオリンピックでは、惜しくも金メダルならず、銅メダルを獲得。

そして2007年9月には、日本人初の「1000奪三振」を達成。

2008年北京オリンピックでは、2日間で3試合413球を投げ、球技としてはモントリオールオリンピックの女子バレーボール以来となる日本の金メダルに大きく貢献しています。

しかし喜びは束の間、次のオリンピックではソフトボールがオリンピック種目から除外されてしまいます。

当時32歳だった上野選手は引退も考えたようですね。

しかし、その後の2012年の世界選手権では決勝トーナメントを1人で投げ抜き、42年ぶり2度目の世界選手権優勝へと導きました。

2016年には怪我のため、世界選手権での復帰はならずメンバーからは外れています。

また、2019年のデンソー戦ではピッチャーライナーを左顎に受け全治3ヶ月の怪我を負いますが、手術は無事成功。

2021年、おそらく上野選手の「最後のオリンピック」となる東京五輪での金メダルが期待されています。

かっこよすぎてこんな噂も?上野由岐子はジェンダーレス?かっこいいけど性同一性障害の噂はデマ

上野由岐子は20代には彼氏も!30代の経験で「結婚観」に変化が?

20代ではしばしば「結婚願望」を?

画像引用元:365funbox.net

上野由岐子選手は、現在38歳で未婚です。

しかし、これまでもインタビューや公の場で「結婚願望」を語っていましたね。

25歳のときのインタビューでは、「北京オリンピックが終わったらやりたいこと」として、このように語りました。

もちろん結婚もしたいと思うし、今度はソフトボールだけじゃなくて、ほかに興味を持ったことだったり、スポーツではない面でいろいろな体験をしてみたいというのはありますね。

 

また、2009年、27歳のときに選ばれた『バカラ アスリーツ オブ ザ イヤー アワード 2008』の授賞式。

“人生初”となる総額250万円の艶やかな赤のドレス姿を披露してコメント。

上野は、自己採点で「180点です」と満足げ。「ソフトの試合より緊張する」と苦笑いしながらも、最終目標を「ウェディングドレス」と魅力を振りまいた。

衣装をみて『着られるかなぁ』ってためらったけど……何か自分が自分で無い感じですね。

引用元:https://beauty.oricon.co.jp/news/63185/full/

また、2011年、29歳のときにはトヨタ自動車ビーチバレーボール部所属の石島雄介選手と熱愛の噂が流れたことも。

マウンドに立つと「無敵」のレジェンド・上野由岐子選手も、プライベートでは「普通の女の子」なんですね。

30代「恋愛するヒマなかった」

画像引用元:twitter.com

その後、30代も後半に差し掛かり、自身が結婚しなかった理由について語っています。

2年前、当時36歳の上野選手は、あいかわらずストイックにソフトボールに打ち込む毎日。

高崎での寮生活を送り、周りの選手が結婚などで現役を辞めていく中、自身はオシャレや恋愛など考える余裕がなかったといいます。

「寮は田舎にあるし、出会いとかもほとんどないですね。他の選手も一緒だと思う」

引用元:https://www.nikkansports.com/sports/news/201903110001149.html

テレビもあまり見ず、情報は携帯かラジオ。質素な生活にも思えますが、毎日充実していいます。

「何もしない時間がもったいない。家でゴロゴロしているとかあり得ない」とプライベートもストイック。

休みの日には1人で山登りや滝を見に行くこともあるそう。

このときのインタビューでは、上野選手を自分のことを「昔の日本人」と表現していました。

30代の人生経験が結婚観に影響?

画像引用元:www.duchamp2018.jp

「結婚したい」と公言していた20代から、30代後半の現在はずいぶん落ち着いたように見受けられますね。

やはり、これまでの波乱万丈な経験が、上野選手の人生観にも影響を与えているのかもしれません。

  1. 26歳 北京オリンピック金メダル
  2. 30歳 パリオリンピックではソフトボールが正式種目からはずれる
  3. 32歳 左ひざの故障で「引退」を考えるが復活
  4. 34歳 怪我で世界選手権のメンバーから外れる
  5. 35歳 東京オリンピックでのソフトボール復活が決定した
  6. 37歳 ピッチャーライナーを左顎に受け全治3ヶ月の怪我
  7. 38歳 悲願の東京オリンピック出場

こうして振り返ってみると、30代になってからの上野選手は人生の大きな岐路を何度も迎えていますね。

たしかに、ご本人が言うように「恋愛など考えるヒマがなかった」というのも納得できます。

東京五輪は、おそらく上野選手にとって最後のオリンピックになるでしょう。

五輪後に第二の人生について考える時間がたっぷりとれるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

上野由岐子が国際結婚したい理由?好きなタイプはロナウジーニョ

国際結婚したい理由とは?

そんな上野選手は、かつて「国際結婚したい」と取材に応えたことがありました。

画像引用元:manimanilife.com

「国際結婚したい」理想のタイプは「わかんない」と照れながらも「中身重視(自分を)アスリートとして見るのではなく、特別視しない人」。

上野選手はこれまでに数々の賞を受賞。

最多勝利投手賞:8回
最高殊勲選手賞(MVP):8回
最優秀投手賞:6回
ベストナイン:6回(投手部門)
新人賞(投手部門):1回

オリンピックにも2回出場し、それぞれメダルを獲得しています。

オリンピック獲得メダル

銅 2004年 アテネ
金 2008年 北京

さらに、通算324試合で1939回1/3を投げ、236勝50敗。

驚異の防御率0.64と、長年に渡って超一流の成績を残しています。

そんな伝説のソフトボール選手を目の当たりにすると、日本人の男性陣はびびってしまうかもしれませんね(笑)

ソフトボール選手としてのすばらしさを知らない外国人の男性のほうが、上野選手も自然にふるまえそう。

国際結婚を望む理由に納得です。

ロナウジーニョのような男性と?

上野選手は、過去のインタビューで「尊敬する人」としてサッカーのロナウジーニョ選手の名前を挙げていました。

画像引用元:anohito-genzai.com

本名 ロナウド・デ・アシス・モレイラ

国籍 ブラジル ・スペイン

生年月日 1980年3月21日(41歳)

出身地 ポルト・アレグレ

身長 182cm

体重 80kg

ポジション MF、FW

世界中から称賛される「ファンタジスタ」ですね。

上野選手が尊敬する理由は、やはり彼のプレイスタイルにあるようです。

ロナウジーニョ選手のプレースタイルだったり、雰囲気というか、考え方もそうだし…いろいろな雑誌やプレーする姿を見て、ロナウジーニョさんみたいな選手になりたいなと。

あくまでも雑誌で読んだ内容ですけど、一流といわれている中で常に笑顔でプレーしている面だとか、とにかくサッカーが好きだからやっているだけなんだという言葉とか。

あとは、規則や制限のある中で、自分がどれだけやれるかが勝負だ…という話があったりしたので。

選手としてリスペクトできるロナウジーニョさんは、男性としても理想的なのではないでしょうか。

ちなみに上野選手の「好きなタイプの男性」は…

気づかい・思いやり・礼儀がきちんとしている男性

そんな外国人が目の前に現れたら、電撃結婚ということもありそうです!

スポンサードリンク

まとめ 上野由岐子が国際結婚したい理由とは?

日本女子ソフトボール界のレジェンド・上野由岐子選手。

38歳で未婚の理由は、やはりソフトボールに人生の大半をささげてきたからなのでしょうね。

20代では「結婚願望」をしばしば公言していた上野選手ですが、30代ではストイックに競技に打ち込んできた姿が印象的です。

北京オリンピックの金メダルから一転して、パリオリンピックでの正式種目からの排除。

さらに、自身の怪我などが重なり、恋愛などする暇はなかったようですね。

理想のタイプは、自分をアスリートとしてでなく、1人の人間として見てくれる人。

東京五輪が「馴れ初め」になり、外国人と電撃結婚なんてこともあるかもしれません!

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!