MENU

【画像】太田三砂貴の絵画の価格に驚愕?個展や購入は京都の画廊で?

番組『1番だけが知っている』などで紹介されている太田三砂貴さん。

日本最高といわれるIQ188の持ち主というだけでなく、その絵画の才能も素晴らしいものがあります。

太田さんの絵は、どこかで鑑賞したり、購入することはできるのでしょうか?

スポンサーリンク

太田みさきはIQ188の天才|1番だけが知っている

太田三砂貴さん プロフィール

名前 太田三砂貴(おおたみさき)

生年月日 1994年

出身地 埼玉県戸田市

特技 ピアノやバイオリンなどの楽器演奏、絵を書くこと

太田さんは、人口上位2%の知能指数 を有する者しか入会できないMENSA(メンサ)に所属。

そのずば抜けた頭脳だけではなく、絵画の才能も天才級だといいます。

太田さんの現在や経歴についてはこちらをどうぞ。【画像】太田三砂貴の現在や学歴は?琉球大学で無職の理由はなぜ?

太田みさきは絵画でも天才ぶりを発揮

太田さんは自らの作品をインスタグラムでしばしば公開しています。

 

同じ方が描いたとは思えないほど、タッチや画法が違います。

太田さんはどなたかに師事したことはなく、独学で絵画を学ばれたとのこと。

沖縄に拠点を構え、アトリエで作品を描き続けているようです。

太田三砂貴の絵画の値段に驚愕?

2019年3月放送の『1番だけが知っている』では、太田さんが高校時代に「片手間」に描いたという絵が紹介されました。

番組の中では、専門家の永井龍太郎さんが太田さんが描いたこの絵を30万円と鑑定。

さらに、太田さんの作品の中でも大きな反響を呼んだのがこの絵。

こちらも番組『1番だけが知っている』で紹介された「逃避」というタイトルの絵画。

全国から、この絵を「数百万円で購入したい」というオファーがあったそうです。

しかし、太田さんはこの絵に込めたメッセージを多くの人に伝えるために、売るのではなく寄贈を選択したとか。

絵画の評価は、素人目ではなかなか難しいものがありますが、いまや太田三砂貴さんの絵画は数百万円の価値があるといっても過言ではなさそうです。

スポンサーリンク

太田三砂貴の個展や購入はどこで?京都のギャラリーが有力

太田さんの絵画は専門家にも絶賛されています。

昭和12年創業日本美術・古典籍の販売、出版事業を手掛ける京都の思文閣』の社長が、太田さんの絵画を気に入り、創作資金や画材提供などのバックアップをすることに。

さらに、太田さんが近々個展を開催することを予告。

思文閣は、ギャラリーも経営していますから、こちらで個展が開催される可能性も高そうです。

“ようの美”をコンセプトに、古今の美と出会える場所。
創業75年を越える老舗古美術商であり、出版社でもある「思文閣」のギャラリー。
「日本の優れた文化を育み、伝え、広めたい」という理念のもと、現存作家の個展を中心に展開しています。

引用元:https://ja.kyoto.travel/tourism/single02.php?category_id=11&tourism_id=754

もちろん、拠点である沖縄での開催も視野に入れているのではないでしょうか?

2020年2月放送の「1番だけが知っている」でもなにか新しい発表があるかもしれません。詳しい情報が入り次第、追記します。

スポンサードリンク

まとめ 【画像】太田三砂貴の絵画の価格に驚愕?個展や購入は京都の画廊で?

人並はずれたIQの持ち主、太田三砂貴さん。

絵画の才能も開花させています。

その作品は「独学」とは思えない存在感を放っています。

「巨匠」にならないうちに、太田さんの絵をぜひ手に入れたいという方も多いのではないでしょうか?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!