ドクターストレッチ炎上求人広告の内容詳細!つながりはなりすまし被害か

ドクターストレッチがエン・ジャパンに掲載した求人広告の内容が酷すぎると炎上しています。

文章の中には、新型コロナウイルスに触れる内容も。

いったい誰が書いたものなのでしょう?その内容とは?

スポンサーリンク

ドクターストレッチ炎上ブラック広告の内容は?新型コロナ批判も

問題の求人広告はこちらです。

内容を要約すると…

  1. 仕事をなめている若者が多すぎる。
  2. 土日休みや有休、残業ナシを求めるなんて言語道断。
  3. そんな人は叩き潰します。
  4. 新型コロナにかかるのは体調管理不足。

かなり過激な言葉が並んでいます。

特に文章の最後のほうに記された内容。

新型コロナだって体調管理ができていない証拠。

あんなもの気持ち入れて働いてたらかからない。

日本国中が、新型コロナウイルスの影響で、社会的・経済的ダメージを受けている現在。

予防・治療に奔走する政府や医療関係者、感染して症状に苦しむ患者さんなどのことを考えたら、到底、発することができない無神経な言葉が並んでいます。

ドクターストレッチ炎上広告に㈱つながり都築祥子の名前が

当初、こちらは「ドクターストレッチ」の求人募集といわれていましたが、正確にはドクターストレッチのフランチャイズが発信したものだと判明しています。

広告に掲載された発信者の名前は次のように書かれています。

Dr.ストレッチ

執行役員 店長 都築祥子

どうやら、ドクターストレッチとフランチャイズ契約をしている株式会社つながりの執行役員の名前のようです。

幹部の95%が女性という組織で運営している会社だということ。

そのような会社が、実名を出して、あれほどブラックな求人広告を出すのでしょうか?

株式会社つながりの求人広告はスクロールダウンしていくと社名の由来やメッセージが表示されます。

▼社名の由来 「つながり」の意味を真摯に説明。

▼人事のコメント フレンドリーな人間関係が当社の魅力と語る。

さらに、募集条件などしごくまっとうな内容が続いたあと、突如、このメッセージが現れるのです。

たしかに、他のページと比べると、この流れには不自然さも感じます。

スポンサーリンク

Dr.ストレッチ炎上広告はなりすましやのっとり被害の可能性

実は、この騒動を受けて、Dr.ストレッチの社長と都築祥子さんがコメントを投稿しています。

ドクターストレッチを運営するフィービック社長と、フランチャイズである株式会社つながりの都築さんによれば、どうやらあの求人広告は、悪質ないたずらもしくはなりすまし投稿だったようです。

つまり、何ものかがエン・ジャパンの求人サイトを乗っ取り、文章を書き換えたと説明しています。

しかし、そうなるとこんどはエン・ジャパンの求人サイトのセキュリティが不安視されてしまいそうですが。

いったい、誰が何の目的のためにこのような書き込みを?

もし、本当になりすましやいたずらだとしたら、ドクターストレッチや都築さん、さらにエン・ジャパンやコロナ感染者までもの名誉を傷つける深刻な問題です。

スポンサーリンク

Dr.ストレッチがなりすましの被害届を提出

ドクターストレッチを運営する株式会社フュービックが謝罪文を発表。

広告に掲載された内容は事実無根であることを表明してます。

  1. 該当の求人ページは3月9日午後10時ごろに悪質な改ざんを受けた。
  2. あの求人広告の中にあった「最低時給を下回る金額での求人」「残業代の意図的な未払い」「コロナ予防に関しての間違った指導」などは、事実無根
  3. 3月10日付けで渋谷警察所に被害届を提出。

結局、あの酷い内容は悪質な改ざんだったと発表。

いったい誰が何のために?過去のトラブルが絡んだ恨みなのか、単なるいたずらなのか?

ただでさえ、コロナ騒動の渦中。本当に迷惑な話です。

スポンサードリンク

ドクターストレッチ炎上にネットの反応は?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!