【東京マラソン2020】中止で返金される?参加費の払戻し方法は?

新型コロナウィルスの影響で2020年3月1日に開催予定の東京マラソンが中止される可能性が出てきました。

もし、中止となった場合、参加料は返金されるのでしょうか?

【追記】

東京マラソンの返金や払い戻しなどの措置について下記に追記しています。

スポンサーリンク

【東京マラソン2020】新型コロナウイルスで中止?

【追記】

2020年2月17日 15時現在 東京マラソン2020の一般参加の中止が発表されました。

2月15日現在、東京マラソンの規模縮小ならびに一般参加の取りやめを検討していると報じられています。

3月1日に開催される東京マラソンを主催する財団が、新型肺炎の感染が拡大している現状を考慮し、一般参加者数を減らす方向で検討していることが17日、分かった。4万人近い一般参加を全面的に取りやめる可能性も含め、同日中に結論を出す見通し。東京五輪男子マラソン代表の選考を兼ねるエリート部門の実施に変更はないとみられる。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200217-00000032-jij-spo

もともと財団や都は、希望するランナーにはマスクを配るといった対策を公表してきましたが、その後の感染拡大を受けて、対策の強化を協議。

ただ、大会自体を中止するのではなく、東京五輪の出場権がかかっているエリート部門は実施。

一般部門のみ感染リスクの大きい高齢者の出走を制限、もしくは一般参加の中止を検討しているということです。

ちなみに2月16日、およそ1万2000人のランナーのほか、ボランティアも含めおよそ5000人のスタッフも参加した「北九州マラソン」は予定通り開催されています。

発熱がある場合は参加を自粛するようアナウンスで呼びかけたり、スタッフ全員にマスクが配付されたりするなど感染対策を取りながらの大会となりました。

【東京マラソン2020】中止なら返金される?参加費の払戻し方法は?

東京マラソンのエントリーはすでに終了。参加者は参加費を払い込み済みです。

マラソン:

国内16,200円、海外18,200円

10km:

国内5,600円、海外6,700円

※事務手数料・消費税込み

もし中止になった場合、返金はされるのでしょうか?

東京マラソンの公式HPの「募集要項」には次のような表記がありました。

エントリー規約に定める理由による大会中止の場合を除き、参加料の返金は行いません。

「エントリー規約に定める理由は次の通りです。

積雪、大雨による増水、強風による建物等の損壊の発生、落雷や竜巻、コース周辺の建物から火災発生等によりコースが通行不能になった結果の中止の場合、関係当局より中止要請を受けた場合、日本国内における地震による中止の場合、Jアラート発令による中止の場合(戦争・テロを除く)は、参加料のみ返金いたします。なお、それ以外の大会中止の場合、返金はいたしません。

公式HPより)

エントリー規約では、主に自然災害およびそれに伴うコース通行不可能の場合については払い戻しの対象としていますが、感染症などの中止理由については触れていません。

もし政府や厚労省、保健所などの要請で中止ということになれば、「関係当局より中止要請を受けた場合」にあたるのでしょうか?

一方で東京マラソンを主催する財団の「自粛」による中止であれば、払い戻しがない可能性も高いと思われます。

  1. 「自粛」であれば払い戻しなし。
  2. Tシャツなど参加賞のみ提供。

東京マラソン中止に伴う対応を発表

【追記】

2月17日夕方、東京マラソン公式サイトで次のような発表がされています。

新型コロナウイルス(COVID-19)については日本国内においても感染が確認されています。
東京マラソン2020の開催に向け、感染症対策等の準備を進めておりましたが、東京都内における複数の感染者が確認される中、多くの一般ランナーが参加する本大会を実施することは困難であるとの結論に達しました。
このため、東京マラソン2020については、マラソンのエリート及び車いすエリートの部のみを開催することといたします。
東京マラソン2020に参加を予定していたランナー(エリート除く)の皆様につきまして、以下のとおりの措置を実施いたしますので、ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

それにともない、東京マラソン2020に参加を予定していたランナー(エリート除く)を対象に次のような措置が実施されます。

翌年の東京マラソン2021に出走可能に

今回限りの措置として、翌年の東京マラソン2021に出走することを可能とします。

東京マラソン2021にエントリーする場合には、別途参加料の入金が必要となります。

東京マラソン2020の参加料の返金や払い戻しなし

東京マラソン2020の参加料及びチャリティ寄付金は返金いたしません(募集要項のエントリー規約に基づきます)。

東京マラソン2020シグネチャーTシャツ購入者には、2020大会終了後Tシャツを発送いたします。

その後の詳細は2020年4月1日以降に発表

東京マラソン2021へのエントリースケジュールなどの詳細については、2020年4月1日以降、改めてご連絡いたします。

なお、今後の状況により内容に変更が生じる場合がございます。

今後の情報は東京マラソン公式HPにてご確認ください。

スポンサーリンク

過去のマラソン大会中止の返金対応は?

参考までに2019年10月12~14日に台風により多くのマラソン大会が中止されたときも、各大会の対応はさまざまでした。

(対応の一例)

◎千葉県船橋市 第8回船橋競馬場ダートランニングフェスタ。

参加記念品(Tシャツまたはマフラータオル)など郵送。

参加費はエントリー時の誓約事項に記載のとおり返金ナシ。

 

◎神奈川県川崎市第45回 TAMAハーフマラソン at FUTAKOBASHI

代替え処置として別日開催のTAMAハーフマラソンに代替参加出来るよう準備。

 

◎大阪府大阪市 大阪30K秋大会

参加料は準備経費を差し引いた2,500円を小為替にて返金。

参加賞Tシャツとあわせて送付。

 

◎山形県米沢市 米沢上杉城下町マラソン2019

大会前で諸々の準備が整えていたため、返金はナシ。

「返金ナシ」「記念品送付」「他大会への代替参加」「一部返金」など、同じ自然災害による中止でも大会主催者によって判断が異なりました。

今回、東京マラソンが中止になるとしたら、異例の新型コロナウイルス感染症が理由。

財団側も、さまざまな側面から考えて、払い戻しなど最良の対応をお願いしたいものです。

スポンサーリンク

【東京マラソン2020】中止にネットの反応

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!