令和を子供(子ども)の名前に命名すると画数や運勢、読み方は?

いよいよ、新元号が発表されましたね。「令和」(れいわ)という元号で万葉集が出典だということ。まだまだ、耳慣れない感じですが、漢字で見てみるとなんだか美しいと思います。

この記念すべき瞬間を迎えた年に、「子どもの名前を令和にしてみたい」と考える方もいらっしゃるかもしれません。そこで、この漢字の持つ意味や画数による運勢、読み方などを調べてみました。

スポンサーリンク

新元号「令和」にちなんだ子供の名前の画数や運勢は?

まずは、「令」の文字の意味を見てみましょう。「古代において律と共に根本を成した掟」とあります。現代においても「〇〇令」という法律やルールを表すなじみのある字ですから、秩序を重んじる、良識のある人間に育ってくれそうですね。

神のお告げや、君主・役所・上位者のいいつけ。 おきて。お達し。 清らかで美しい。 遊びごとのきまり。 命令する。 しむ。せしむ。使役の意をあらわすことば。させる。 仮定の意をあらわすことば。もし…あらしめたならば。 とは、南宋ナンソウから明ミン代にかけて流行した詞曲のうち、詞の短いもの。

出典元:https://mnamae.jp/c/4ee4.html

さらに「和」の文字の意味は、

対立や疎外がなく、集団がまとまっている状態。仲よく、協力しあう気持ち争いをやめること。仲直り。
うまく調和のとれていること。つり合いのとれていること。〘数〙 二つ以上の数を加えた結果の数。
とあり、もちろん「日本」を表す漢字でもあり、「平和」に使われている漢字でもあります。周りの人たちと和やかに協調し、争う気持ちがなく、人々の間の和をとりもつ。そんな穏やかで人と人をつなぐことができるような人物に育ってくれそうです。
この「令」と「和」が合わされば、「秩序や良識があり、人と人の和をとりもつ、穏やかで協調性のある人物」に育ってほしいという思いが込められた名前になりそうです。
しかも、この「令」と「和」の組み合わせた画数は13画で、吉画と言われていてとてもよいそうなのです。

姓名判断では、互いの漢字の画数を足して、吉画数を構成する漢字同士は相性が良い漢字になります。 重要になる「人運」や「地運」に影響するので、名前を考慮するとき(命名時)に非常に重要な要素になります。

2文字の意味合いもよく、組み合わせの相性もばつぐんということで、子どもの名前には最適といえます。

「令和」という名前の読み方は?男の子か女の子か?

令という字の読み方は、以下があるそうです。

レイ  リョウ  おさ  なり  のり  はる  よし

なので、男の子であれば、そのまま「れいわ」はもちろん、「りょうわ」「おさかず」「なりかず」「のりかず」「はるかず」「よしかず」などが考えられますね。

女の子であれば、

もちろん「れいわ」でもいいですし、「はるわ」と読ませるのもかわいいかもしれません。

「れいわ」という響きは、外国の方からも呼びやすそうで、将来、海外で活躍する際にも重宝する名前だと感じます。

スポンサードリンク

まとめ 「令和」は、令和生まれの男の子、女の子どちらの名前にもぴったり

いかがでしたか?新元号が発表されてまだ興奮さめやらないですが、元号が変わる歴史的瞬間に立ち会えることに幸運を感じます。今年以降、生まれてくる赤ちゃんの名前として「令和」と命名することを考えてみるのもいいのかもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)