スピッツなつぞら主題歌のカップリング曲を「悪役」にした理由はなぜ?

4月1日から、いよいよNHK朝ドラ「なつぞら」がスタートしましたね。広瀬すずさん主演のストーリーも楽しみですが、その主題歌を担当するのがスピッツということで、草野マサムネさんの声で朝を始められるのもとても嬉しいです。

放送が始まり「やっと新曲聴けた!」という喜びの声と同時に、主題歌の「優しいあの子」のカップリング曲のタイトルが「悪役」ということで話題を呼んでます。

そこで、今回は「悪役」という曲の歌詞とその意味、カップリング曲に選んだ理由について調査してみました。

スポンサーリンク

NHK朝ドラ「なつぞら」主題歌のカップリング曲「悪役」の歌詞

実はこの「悪役」という曲は、2018年秋のフアンクラブ会員限定ライブ「ゴースカ」で「新曲」としてすでに披露されていたようです。今回、なつぞら主題歌「優しいあの子」のカップリング曲として6月19日にやっと発売されることになりました。

ゴースカで「悪役」を聞いた方々の声です。

https://twitter.com/SPZ_1987_3050/status/1056191519869218817

https://twitter.com/amanatu_spitz/status/1056353845918392321

https://twitter.com/soratobi82/status/1056163362004852736

https://twitter.com/aririn705/status/1056151760585158657

どうやら、アップビートで、激しいところ哀愁がただようパートがあり、とてもかっこいい曲のようですね。当時は(仮)がつく仮タイトルだったんですね。ファンクラブ限定ライブなので、当然、動画はありませんでしたが、ご自分で思い出してメロディーを演奏してくれている方もいましたよ。

https://twitter.com/hayate5582/status/1056392564952117249

歌詞も聞き取って、記憶の限りあげてくれている方がいました。(聞き間違いもあるかもしれませんが)

https://twitter.com/irona_spz/status/1056183864236724231

すこしずつ誤差?もありますが、「うれしいときも、かなしいときも、そばにいるから。悪役になって矢面に立つ覚悟はできている」という意味合いで、とてもかっこいい歌詞です。前後の脈絡がわかりませんが、「恋人」「友達」「家族」どの関係にも通じる愛の強さ、深さを感じます。

「悪役」を「優しいあの子」のカップリング曲にした理由は?

主題歌のタイトルが「優しいあの子」に対して、カップリング曲が「悪役」というのは、なんとも気になりますね。

ちなみに、朝ドラ「なつぞら」のストーリーは次の通り。

昭和21(1946)年初夏、戦争が終わり、奥原なつ(9)は柴田剛男に連れられ、北海道・十勝にやって来た。戦災孤児のなつを受け入れた酪農一家・柴田家は、北陸からの開拓移民。剛男となつの父とは戦友で、もしもの時は、お互いの家族の面倒を見るという約束をしていた。

剛男の父・泰樹は偏屈者で知られていた。泰樹は、なつを厄介者と言いながらも内心、不憫に思っていた。子供ながらに覚悟を決めたなつは、牛馬の世話や乳絞りを懸命に手伝う。なつの頑張りに心を動かされた泰樹は、生きる術をとことん叩き込む。なつも天真爛漫な子供らしさを取り戻していく。

やがて、なつは素敵な馬の絵を描く少年・山田天陽と出会う。天陽から当時、アメリカで流行っていた漫画映画の魅力を教えられ、〝絵が動く“夢のような世界があるのかと感動する。高校生になり、なつは天陽の影響で、絵を描く仕事に夢を持ち始めていた。そんな折、生き別れていた兄が東京で働いていると知らされ…。なつに旅立ちの日が近づいていた―。

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/about/

主題歌「優しいあの子」です。アニメーションがとてもかわいいし、スピッツ節が効いていて、ポジティブなんだけどどこかきゅんとする曲ですよね。

ドラマは主人公が、戦後の困難な時代、しかも開拓移民の家庭で困難を乗り越え、強く成長し、やがて東京でアニメーターをめざすというストーリー。夢もありますが、それだけではない。つらいことも、悲しいこともいっぱい経験するでしょう。

そんな主人公を、自分の大切な人になぞらえて、「どんなときにもそばにいて守る。自分が悪役になってもいい」という強い気持ち、主題歌の中だけでは表現しきれなかった思いを「悪役」という曲をカップリングに選ぶことで表現したのかもしれません。

もうひとつ考えられるのは、スピッツ自身が、この曲をとても大切に思い、ベストな発表のタイミングを待っていたという可能性です。「ゴースカ」のライブの中で、こんなMCがあったようです。

マサムネさん「この曲、結構前からあったんだけど、曲会議の時にいつもボツにされてて、やっと日の目を見ることができて良かったです!俺の自己満足ですが!」

大好きな曲がなかなかアルバムに入れられなくて、やっと音源化される。朝ドラの主題歌のカップリング曲ともなれば、より多くの人に聴いてもらえるチャンス。草野さんはじめ、スピッツのメンバーがそんな気持ちを込めて、「優しいあの子」のカップリング曲に選んだのかもしれませんね。

スポンサードリンク

まとめ  朝ドラ主題歌のカップリング曲「悪役」には、スピッツの思いが込められている

いかがでしたでしょうか?

4月1日にスタートしたNHK朝ドラ「なつぞら」の主題歌が6月19日にリリースされます。そのカップリング曲に選ばれた曲のタイトルは「悪役」で、2018年秋に新曲としてファンの方々に披露されていた曲でした。

残念ながら、音源や歌詞全文は入手できませんでしたが、この曲を「なつぞら」のカップリング曲に選んだ背景には、スピッツの強い思いが感じられます。今後、インタビューなどで彼らの「生の声」を聞くことができましたら、新しい情報をご紹介したいと思います。とにかく、6月のリリースが楽しみですね。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)