【顔画像】サチモスのベースHSU(スー)結婚した嫁と子供が可愛い

2016年には「STAY TUNE」がヒット。18年には紅白歌合戦に出場したSuchmos。

そのベースであるHSU(スー)さんこと小杉隼太さんは、どんな方なのでしょうか?

なんでも、とてもかわいい嫁と子供がいるらしいです。

SHUさんの経歴や結婚、家族についてまとめています。

スポンサーリンク

サチモスのベースHSU(スー)の経歴&wikiプロフィール

画像引用元:iris-laevigata.com

サチモスはボーカルのYONCE、ギターのTAIKING、ドラムスのOK、DJのKCEE、キーボードのTAIHEIからなる男性6人組。

2013年に結成し、ロック、ソウル、ジャズ、ヒップホップなど多様な音楽から影響を受けたオリジナルなスタイルを確立をさせています。

2016年には「STAY TUNE」がヒット。

2018年には紅白歌合戦にも出場しています。

しかし、今年2月には、活動休止を発表。理由については「修業の時期を迎えるため」としていました。

 

そのサチモスのベースを務めるのが、SHU(スー)さんです。

画像引用元:https://geitopi.com/

本 名:小杉隼太(こすぎはやた)
誕生日:1989年6月29日
血液型:O型
出身地:神奈川県横浜市
出身校:横浜市立桜岡小学校、多摩大学目黒高校、洗足学園音楽大学ジャズ科中退

高校時代は、Ivoryというバンドでベースを担当。

2012年から「SUNABAGUN」を経て、 2013年からはSuchmosで活動しています。

Suchmosのサウンドは、ベースラインが印象的ですよね。

あの松任谷由実さんなど、ミュージシャンや音楽関係者から絶賛される実力だといわれています。

 

ベースのHSUさんは、ご両親の影響でジャズやブラックミュージックなどの音楽を聴いて育ったそう。

ギターを手にしたのは、なんと5歳!

大学でも専門的に音楽を学び、大学時代のバスケサークルで一緒だったTAIHEIと2012年SANABAGANを結成しました。(TAIHEIは後に脱退)

SANABAGANでは、ラップも披露しています。

HSUさんは、サチモスの中でも最年長者で、中心的存在です。

ちなみに、横浜市立 桜丘小学校の先輩に、浅野忠信さんがいます。

浅野さんとは、ともにお酒を飲む間柄だそうです。

スポンサーリンク

【顔画像】サチモスのベースHSU(スー)の結婚した嫁と3歳の子供が可愛い

Suchmosのベース・HSUさんのプライベートは、とてもシアワセそうでした。

結婚して、すでにかわいいお子さんがいます。

 

2020年9月には、インスタグラムで素敵なウエディングフォトを公開。

奥様はとても美人です。HSUさんが32歳ですから、奥様も30歳前後のように見えます。

 

お子さんは、服装からすると男の子でしょうか?現在のところは一人っ子のようです。

2018年に生まれたという情報があったので、今年で3歳ですね。

 

結婚した時期は不明でしたが、デキ婚でなければ2018年前なのでしょうね。

とてもいい家族ですね!

シアワセそうな様子が伝わってくる素敵な写真の数々。

サチモスのヒットを支え続けたのは、愛しい奥様と子供だったのですね。

スポンサードリンク

【顔画像】サチモスのベースHSU(スー)の結婚した嫁と3歳の子供が可愛い

追記:とても悲しいニュースが入ってしまいました。サチモスのベースHSU(スー)の死因は何がん?小田急事故はデマ!

一躍人気バンドとなった、サチモスのベースHSU(スー)さん。

そのベースは音楽関係者もうならせる実力と言われています。

さらに、プライベートでもかわいい嫁と子供に恵まれ、とてもシアワセそうです。

サチモスのさらなる活躍に期待が集まります。

スポンサードリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!