MENU

丸山桂里奈と佐々木蔵之介の関係『一晩4回の元カレ』の信憑性は?

元女子サッカー日本代表でタレントの丸山桂里奈さんが、サッカー解説者・指導者の本並健治氏さんと電撃結婚。

丸山さんといえば、最近ではバラエティでのおもしろ爆弾発言が人気です。

男性遍歴もあけすけに語っているのですが、そこで飛び火を受けてしまったのがあの大物俳優・佐々木蔵之介さんだというのです。

はたして、その飛び火の信憑性とは?

スポンサーリンク

丸山桂里奈の元彼は性欲強めの大物俳優?

画像引用元:sirita-gario.com

ことの発端は、2017年11月に丸山桂里奈さんが出演したバラエティ番組『よかれと思って』。

番組では、丸山さんの飲み会を隠し撮りしたという映像を放送。

お酒が回って饒舌になった丸山さんに「タレントと付き合ったことあります?」と質問が。丸山さんの答えは…

「ありますよね。俳優の方も芸人さんもいまだに連絡とってるの。超有名俳優さん(※ピー音)と有名芸人さん(※ピー音)」

さらにトークは過激に…芸人か俳優かどちらとは明言しない形で「営み」についても語ります。

画像引用元:f-shirushi.com

「ただの性欲オバケだった。(1回が)4時間とかだったんですよ。昼に……明るいじゃないですか。

でも最終的にイッたら夜。あっちが求めてくるから、答えるしかないじゃないですか」

「一晩に4回とか。怖くないですか。ちょっと寝てすぐみたいな。多少の股関節痛はありましたけど」

なんという赤裸々な…。

スタジオは騒然。MC陣のジャンケンを勝ち抜いた劇団ひとりさんが俳優の名前をこっそり聞いて、興奮気味に。

「すげぇ~!俳優さん、スゴい!トップクラスです。いやほんとに日本の俳優のトップ10に余裕で入ります。

大好きな俳優さんです。こういうので聞いたやつで今までで一番すごい」

丸山桂里奈の元彼は佐々木蔵之?

画像引用元:ta-see.com

この放送を受けて、飛び火を受けたのが俳優の佐々木蔵之介さんでした。

ただ、これは根も葉もない噂ではなく、実際に丸山桂里奈さんと佐々木蔵之介さんは交際していたという情報もあります。

2018年のエキサイトニュースの記事ではこのような証言も。

画像引用元:onisoku17.com

「佐々木はかつて、アコムのCMで人気となった女優の小野真弓と半同棲状態で、結婚秒読みとまで言われていましたが、その後破局しました。~(中略)~

数年前には元なでしこジャパンの丸山桂里奈と交際していて、伊丹空港や梅田の繁華街などで、2人が仲良く歩いている姿が目撃されています」(芸能記者)

引用元:https://www.excite.co.jp/news/article/Myjitsu_064657/

記事によると、そもそもの出会いは、佐々木さんのファンだった丸山さんが共通の知人を介して「好きです」とメッセージを渡したということ。

佐々木さんから返信が来て、一緒に食事に行ったのが始まりだといいます。

画像引用元:kurara-blog.com

また、佐々木さん自身もTV番組などで、たびたび、好きな女性のタイプに“アスリート系”をあげていたという話。

交際期間は不明ですが、その後、ふたりの仲は自然消滅してしまったいうことです。

スポンサーリンク

丸山桂里奈と佐々木蔵之介『一晩4回の元カレ』信憑性は?

ただ、それだけでは佐々木蔵之介さんが「一晩4回の元彼」と特定するには無理がありますが…。

しかし、もうひとつの「共通項」が見つけられてしまうのです。

実は2014年に佐々木蔵之介さんは、写真週刊誌『フライデー』で女性薬剤師との熱愛をスッパ抜かれたことがありました。

画像引用元:entert.jyuusya-yoshiko.com

その際、記事の中でこのような内容があったそうです。

相手女性が友人へ『1晩で4回も求めてくるの』と語っていたと証言していた。

引用元:https://www.excite.co.jp/news/article/Cyzo_201801_post_149496/

このフライデーの相手女性の言葉と、丸山さんの爆弾発言が奇妙に一致してしまったよう。

ここから、丸山さんの例の元彼が佐々木さんなのでは?と囁かれるようになったのでしょう。

しかし、これも単なる偶然かもしれません。

熱愛スクープされただけでも痛いのに、佐々木さんにとっては丸山さんの爆弾発言はとんだとばっちりでしたね。

スポンサードリンク

丸山桂里奈と佐々木蔵之介の関係に世間の反応は?

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!