長瀬智也の退所理由は本当?『山口達也復帰』アリならガセの可能性も!

TOKIOの長瀬智也さんが、2021年春以降に退所する意向をすでにジャニーズ事務所に伝えていると「週刊文春」が報じています。

果たして、本当に長瀬さんはジャニーズ事務所を退所してしまうのでしょうか?

そうなれば、TOKIO解散の可能性も高まります。

それを防げるのは、アノ人しかいない?

スポンサーリンク

長瀬智也の退所を文春が報道!時期はいつ?

2月26日の文春オンラインでは、TOKIOの長瀬智也さんが退所の意向を固めていると報じています。

TOKIOの長瀬智也(41)が、2021年春以降に退所する意向をすでにジャニーズ事務所に伝えていることが「週刊文春」の取材で分かった。

さらにレコード会社幹部によると、長瀬さんの退所の正確な時期は…

「来年1月スタートの連続ドラマに主演が内定しているため、退所は4月以降になると聞いています」

2021年1月に始まる連続ドラマの仕事があるため、それまではジャニーズ事務所に在籍。

その放送終了後の4月以降が「Xデー」となりそうですが、正確にはそれがいつになるのかは語られていません。

長瀬智也の退所理由は?TOKIOは解散危機なのか?

長瀬智也さんのジャニーズ事務所を退所する理由としては、「音楽活動ができないことへの不満」が囁かれ続けていました。

ご存知の通り、TOKIOの音楽活動休止の原因は、元メンバーである山口達也さんが起こした不祥事です。

2018年4月にテレビ番組で知り合った16歳の女子高生を自宅に呼び出し、アルコールに酔った状態で暴行しようとした強制わいせつの容疑で書類送検されたことが発覚。

バンドとして欠かすことのできないベースを担当していた山口さんが抜けてからというもの、音楽活動は休止状態に。

その際にも「TOKIO解散説」は持ち上がりいましたが、歯止めとなったのは「ジャニーさんの存在」だったのでしょう。

しかし、いま、その存在を失った今、長瀬さんには「踏ん張る理由」がなくなったと見られています。

「山口がやめたとき、長瀬は『代わりのベーシストを呼んでまでTOKIOを続けるつもりはない』と言っていた。

だけど、音楽活動ができていないことに大きな不満を抱いていたのも長瀬。この先、山口が復帰する見通しは限りなくゼロに近い。

ジャニーさんがいなくなったことで、その問題が今後、解決することはないでしょう」(ある芸能プロ関係者)

引用元:https://www.excite.co.jp/news/article/TokyoSports_1520139/?p=2

長瀬さんはTOKIOの「音楽プロデューサー」的な役割も果たし、その活動が大きなモチベーションになっていました。

「今後、その大好きな音楽活動が続けられないのであればTOKIOから抜ける可能性は高まり、解散しかなくなるだろう」と関係者は語っています。

山口達也『復帰説』アリなら、長瀬智也の退所はガセ?

しかし、本当に長瀬さんはジャニーズ事務所を退所してしまうのでしょうか?

今回、週刊文春で長瀬智也さんの退所の可能性が報じられましたが、記事では長瀬さん自身はそれを肯定も否定もしていません。

たとえば、仮に山口さんがジャニーズ事務所に復帰すれば、長瀬さんの不満も解消し退所の理由もなくなります。

2019年9月にはジャニーズ事務所を退所後初めて、山口達也さんが「女性セブン」の取材に応じ、自身の現状と心境を話していました。

インタビューでは、退所後は元メンバーとは会っていないと明かしていますが、2019年7月12日に行われたジャニーズ事務所社長であるジャニー喜多川さんの「家族葬」についてはこう触れていました。

《家族葬の時は、逐一連絡をもらっていました。今、火がついたよって…涙が止まらなかった》

引用元:https://friday.kodansha.co.jp/article/64369

さらに、9月4日に行われたジャニーさんの“お別れ会”の案内状ももらっていたこと、現在も事務所と定期的に連絡を取り合っているとも語っています。

実は、例の不祥事の際にも、当時ジャニーズ事務所副社長であったジュリー藤島氏が、山口さんの退所を引き留めようとしたようです。

「謝罪会見で山口は“TOKIOに戻りたい”と語り、世間を敵に回してしまった。

しかも、そのことがジャニーズ事務所の権力者であるメリー喜多川副社長の逆鱗にも触れてしまったんです。

TOKIOはメリー氏の娘であるジュリー藤島副社長が初めて本格的にマネジメントした最初のグループで、彼女は契約解除を最後まで回避しようとした。ですが、メリー氏の怒りを目の当たりにし、かばい切れないと諦めたそうですよ」(芸能プロ関係者)

その後、ジェリー藤島氏がジャニーズ事務所代表取締役になったいま、自身の最も愛着があるグループTOKIOの解散を何としてでも阻止したいという気持ちは持ち続けているはずです。

「(ジェリー藤島氏は)人気回復のためにも、山口の復帰が必要だと思っているのかもしれません。

ジャニーズのファン層である10代の女性を傷つけた責任は重い。

ですが、彼女が正式に社長に就任すれば、“山口復帰”という劇薬に手を付ける可能性は否定できませんよ。

世間の反応を見るために、今後もちょくちょく彼の姿が報じられるかもしれませんね」(前出・芸能プロ関係者)

さらに、長瀬さんも2019年7月に雑誌のコラムの中でTOKIO愛を語っています。

「今年7月、長瀬はスケートボード雑誌『SLIDER』(ネコ・パブリッシング)のコラムの中で、“TOKIOの音楽をこの先も続けていくことは今までと変わらない”“いつもTOKIOの曲を聴いている”と、TOKIOへの思いを語っています。

長瀬は音楽活動を続けたいと思っていますが、一方で“TOKIOのベースは山口しかいない”と強く思っている。

長瀬にTOKIO愛がある限り、彼は山口の復帰のために可能な限り努力をしていくのではないでしょうか」(芸能プロ関係者)

引用元:https://taishu.jp/articles/-/70938?page=2

本当は、文春の直撃を受けながら、心中では山口達也さんの復帰から「新生TOKIO」の結成へのシナリオを描いていた?

自分が退所の意志を伝えることで、ジェリー藤島氏を動かす。

「最後の可能性」にかけているのではないでしょうか?

山口達也さんも女性自身のインタビューでは、思いをこう語っていました。

25年目を迎えるTOKIOが「新しいTOKIO」で演奏してくれるのを信じている。

スポンサーリンク

TOKIO解散危機に悲鳴が!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!