安いのが一番!フェスで意外と役立つ便利グッズは100均で揃えよう

最近の100均ショップって、「売ってないモノはないんじゃないか?」と思うほどアイテムが充実していますよね。

もちろん、フェスやキャンプに重宝するグッズもたくさんあります。多少、つくりが簡素でも2、3日のフェスなら十分耐えられる。そんなアイテムは、賢くリーズナブルにそろえるのがお勧めです。

個人的には、浮いた予算はレインウェアや靴などにまわして「いいものを長く使っていく」というのがコンセプト。

そこで、今回は前編に続いて、100均で手に入るフェスでのお役立ちグッズを紹介していきますね。

 

100均にはフェスに活用できるグッズがいっぱい

たためる、くるくる巻ける水筒

夏の炎天下のフェスでは、熱中症を予防するためにも、とにかく水分補給が大切です。もちろん、現地でもミネラルウォーターなどは販売していますが、持ち込みOKのフェスなら、あらかじめ水やお茶を持参するのが経済的にもいいかも!

その際、ふつうのボトル型水筒でもよいのですが、飲み終わったら邪魔にならないたためるまたはくるくる巻いてコンパクトになる水筒がオススメ。100均ショップセリアのたためる水筒が使いやすいです。サイズも500mlから900mlなどいろいろあって、カラビナ部分をはずせば冷凍もできるようなので、夏フェスにドリンクを凍らせていくのもいいかも!

大好きな音楽で思いきり踊りたいなら、グッズもすこしでも身軽なものを選びましょう。

 

ひんやりシートや冷却スプレー

高原や山の中のフェスでも、昼間はかなり気温が上がります。直射日光に当たって、知らず知らずのうちに体温も上昇しているかも。

そんなときに、さっとクールダウンできる瞬間冷却スプレーや、首やワキなどに貼ると体温を下げてくれるひんやりシートがあると便利です。100均ショップダイソーの瞬間冷却パックはパンチするとすぐに冷却がはじまる、使い捨てカイロの冷却版?のような感じ。お手軽なので、暑さを感じたら使ってみるといいかもしれません。

また、慣れない山道を歩いていると、足をひねったり、虫に刺されて患部が腫れてしまうことも。そんなときの応急処置にも役立ちそうです。もちろん、あくまでも応急処置ですから、そのあとは救護コーナーなどできちんと治療を受けてくださいね。

 

手首、足首に虫よけリング

虫よけ対策といえば、虫よけスプレーが一般的ですが、汗で流れてしまったり、塗りなおしを忘れてしまったりとちょっと不安。山や海など自然の中にいる虫は、なかなか手ごわいですから。わたしは、虫よけスプレー+虫よけリングで完全装備しています。

もちろんドラッグストアなどでも販売しているのですが、少々値段はお高め。同じ値段なら、100均の虫よけリングをたくさん買って、毎日付け替えるほうが切れたり、汚れたりしないので、使いやすいかなと思います。

100均ショップダイソーの虫よけリングは、いろいろな色のシリコンタイプスパイラルタイプ、一見「ミサンガ風」のかわいいものまで揃っていますから、選ぶのも楽しいですよ。

 

除菌ウェットティッシュ

当然といえば当然なのですが、フェス会場のトイレ以外の場所には、ほぼ手を洗う水道などは見かけません。トイレの横の水場も大行列だったりします。そこで、なにかと重宝するのが除菌ウェットティッシュです。

トイレから出たあとはもちろん、フードエリアでフェス飯を食べる前に、ライブで汗をかいたときに、荷物についた汚れを拭いたりなどなど。大きなパックを持ち歩くよりは、100均の小分けになったパックを毎日1つずつ持ち歩くほうが、かさばらずにお手軽です。

100均ショップダイソーの除菌おでかけウェットティッシュなら、30枚パックが2つで100円。携帯用に便利でシートも柔らかめで拭きやすいので、NOBICOもフェス前には多めに仕入れています!

 

シャボン玉

…これは、「必需品」とは言えないのですが(笑)。音楽フェスの会場では、けっこう見かけるのがシャボン玉なんです。昼下がりや夕暮れの気持ちいい~ライブを聞いていると、どこからともなくふわりふわりと風にのってやってくる。風上ではかわいい女の子や子どもたちが、シャボン玉を吹いている姿が。日常にはない、なかなかいい風景。写真を撮れば、SNS映えもするんじゃないでしょうか!

100均ショップセリアには「電動バブルメーカー(ファンタイプ)」というおもしろグッズも!単三電池を入れると、まるで水鉄砲のようにシャボン玉が量産できちゃいます。これは、友達とやったら盛り上がるのでは?(笑)

ただし、あまり熱中しすぎると、ライブを見ている人の邪魔になったりするので、ほどほどに楽しんでくださいね。

 

まとめ フェスの前には100均パトロールに行こう

いかがでしたか?

発想や工夫しだいで、まだまだ使えそうなグッズがたくさんあると思いますよ。

それを発掘するのも、フェス準備の楽しみだったりして。

音楽フェスの日程が近づいてきたら、100均ショップもパトロールしてみるといいかもしれませんね!

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)