キングコング西野の年収1000万円?意外にショボい理由が『変態的』

キングコング西野亮廣さんは、いまやお笑い芸人というより、絵本作家やアーティストというイメージが強いのではないでしょうか?

独自の感性を生かして、ビジネス本の出版、講演、オンラインサロンの運営なども手掛けています。

「いったいどれほど稼いでいる?」と思いきや、年収は意外にショボいものでした。

その理由が、西野さんらしい「変態的」というか…。

キングコング西野は絵本作家に?

本名 西野 亮廣(にしのあきひろ)

生年月日 1980年7月3日(39歳)

出身地 兵庫県川西市

血液型 O型

身長 173cm

最終学歴 兵庫県立川西緑台高等学校卒業

出身 吉本総合芸能学院 (NSC) 22期生

 

1999年、梶原雄太とお笑いコンビ「キングコング」を結成。

芸人の傍らで、2005年7月にはフジテレビ月9ドラマ『スローダンス』で俳優デビューも果たしています。

絵本作家を志したのは、タモリさんからのアドバイスがきっかけ。

独学で絵を学び、2019年1月26日には、約5年の月日をかけ制作した初の作品となる絵本『Dr.インクの星空キネマ』を発売。

画像引用元:https://ehon-kibun.com/

にしの あきひろ名義で絵本作家としてデビューしています。

その後も、絵本『Zip&Candy -ロボットたちのクリスマス-』『オルゴールワールド』を上梓。

2013年2月には、クラウドファンディングにより出資を募り、ニューヨーク・トライベッカのOne Art Spaceにおいて初の海外絵本絵画展「Akihiro Nishino Solo Art Exhibition」を開催しました。

2016年6月28日、お笑い芸人引退を宣言、肩書きを絵本作家としましたが、本人によると「肩書だけの問題」としてお笑い芸人やタレントとしての活動からの引退ではないということ。

その証拠に、その後もお笑いコンビ「キングコング」として劇場に出演し続けています。

画像引用元:https://kkillust.site/

また、現在は「西野亮廣エンタメ研究所」というオンラインサロンを運営。

会員数が4万人をこえる、国内最大級のサロンになっているということです。

クラウドファンディングやオンラインサロンをいち早く取り入れて、新しいファン層を開拓。

いまや、ビジネス界からも注目を浴びている、新しいタイプの芸人。それが西野亮廣さんです。

キングコング西野亮廣の年収『6億円』説も!

多彩な才能を発揮している、キングコング西野さんの年収はいったいいくらなのでしょう?

漫才で年収500万円?

実は、現在でもキングコングとして、毎月2、30ステージ、年間300ステージほど漫才をし続けているそう。

吉本興業のギャラの安さは、例のブラック企業問題で露呈されていますが、現在のギャラはどれぐらいなのでしょうか?

ちょうど昨今のコロナウイルス拡散の影響で、公演が休止になり、「劇場に出られない芸人に会社がギャラの半額を負担する」というニュースが報じられていました。

その中で、漫才コンビ・トミーズの雅さんが、こう語っています。

雅が「吉本、意外と優しい会社で、僕ら10日から1週間(劇場出演予定)やったんですがこれがなくなった。半分(ギャラを)振り込んでくれるって。ほんまかな」と話した。

雅によると、劇場出演予定だった芸人には最低5000円が振り込まれるという。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200307-00000041-dal-ent

つまり、劇場出演のギャラは最低で1日1万円程度。

西野さんは、自らのギャラについてこうコメントしています。

1ステージのギャラはわからないですが、芸歴20年目なのでそれなりにいただいていると思います。

正確な金額はわかりませんが、最低でも年間300万円。

おそらくもっともらっているとして、どれだけ低く見積もっても年間500~600万円の収入にはなるのではないでしょうか?

ただ、いまとなっては西野さんにとって漫才を続けることは、収入より自らのルーツを守り続けるためという気もします。

講演会で年収3500万円?

画像引用元:http://image-dc.co.jp/blog/

西野さんは、ビジネス系などの講演会に講師として呼ばれることも多いようです。

講演数は年間70本ほど。

イレギュラーで受け付ける場合の値段は不明ということですが、クラウドファンディングで受けるときは1本50万円ということ。

なので、これだけで年間3500万円になります。

書籍出版で年収5000万円?

西野さんは、年に1、2冊ペースで本をだしています。

けっこう売れっ子作家で、本出すとコンスタントに10万〜15万部くらいは売れるのかな。

これがずーっと重版かかっていくので、印税が入っている。

仮に年に2冊出版したとして、年間30万部。

印税の相場は、売上の約10%と言われているので、1冊1500円だとすると…

1500円×0.1=150円(1冊あたりの印税)

150円×30万部=4500万円

それに、これまで出した本の重版による印税も加わると考えると、少なくとも書籍による年収は5000万円は超えているのではないでしょうか?

オンラインサロンで年収5億円?

そして、現在の西野さんにとって最大の収入源になっているのが「オンラインサロン」だと思われます。

【西野亮廣エンタメ研究所】とは?

平たく言えば、お金を払って、西野さんとおもしろいことを共有できるオンライン上のグループです。

公式サイトでは「サロンメンバーは、一般にまだ公開できないような、西野が様々なプロジェクトで試行錯誤する様子や、生々しい思考の過程、いわば“頭の中“を見ることができます」と説明しています。

会費は月額1000円。

会員数は2020年4月現在4万4000人ということで、単純計算で月に4400万円。

年間5億2800万円ということになります!

西野亮廣の年収は6億円?

メディアへの出演やCMなどその他にもいろいろと収入はあるかもしれませんが、いったんこれらを合計した額はというと?

漫才ステージ

500万円

講演会

3500万円

書籍

5000万円

オンラインサロン

5億円

合計 5億9000万円

西野亮廣さんの年収は、約6億円と予想できることになります!

ご本人もインタビューで年収の金額について触れていました。

合計すると年収6~7億円ぐらいにはなってるんじゃないですかね?

あらためて洗い出してみると、けっこう稼いでますね(笑)。

引用元:https://r25.jp/article/779969093152814518

スポンサーリンク

キングコング西野の本当の年収は1000万円?ショボい理由が変態的!

本当の年収は1000万円?

西野亮廣さんの、年間の稼ぎは実に6億~7億円。経費などを差し引いても、億単位であることは間違いなさそうなのですが…。

実は、西野さんは、公式ブログで驚くべき発言をしているのです。

僕の年収はアラフォーの年相応くらいか、それより少し多めくらいですかね。
ビックリするような額ではない、ということですね。

マジですか???

ちなみに「40歳・男性の平均年収」を調べてみると、

画像引用元:https://smartwith.jp/money/3838

もう少し多いということですから、本人申告による年収は1000万円ぐらいということでしょうか?

友達に会社をあげたから?

画像引用元:https://bizspa.jp/

では、なぜ6億円も稼ぐ西野さんの年収がそれほどにショボいのか?(失礼)

西野さんは、かねてから「お金に興味がない」とたびたび公言しています。

まじで自分がどれくらい稼いでいるかとか、一切知らないんですよ。

給料明細を1年目のときからみたことがなくて。
今月の給料いくら、みたいなの見たことないんですよ。

もともと、西野さんは『株式会社にしのあきひろ』という会社を友達と立ち上げ、収入を管理していました。

しかし、収入をひとりじめすることに興味がなく、2019年夏にこの会社をその友達にあげてしまったそう。

社名を『株式会社NISHINO』に改め、西野さんの収入は会社の売り上げにして、本人は役員報酬という形で給料をもらうことに。

友達には「お前それ(収入)いらないの?」ってビックリされたということです。

印税はすべて広告費に?

西野さんは、お金を持つことより、「回す」ことに興味があるといいます。

かつてインタビューでお金の使い道について次のように語っていました。

お金と時間の使い道に「消費」「浪費」「投資」の3つがあるなら、「消費0.5」「浪費0.5」「投資9」ぐらいの割合で自分のリソースを費やしてますね。

引用元:https://r25.jp/article/779969093152814518

この投資というのは、いわゆる財テクなどの投資ではなく、エンタメや新しい挑戦への自己投資という意味合いのようです。

例えば、年間数千万と思われる本の印税も銀行口座には一銭も残っていないといいます。

その理由は「新刊の広告費」に充てているから。

以前、掲載した毎日新聞の一面広告も、出版社ではなく西野さんが個人で買ったということ。

さらに、話題になった新宿駅の巨大看板も、『ゆりかもめ』の広告でジャックも印税を使って、広告枠を買っていたというのです。

お金の扱いの才能が「変態的」

画像引用元:https://newspicks.com/

お金を回し続ける、その目的は西野さんの夢でもある「誰も見たことがないエンターテイメントを作ること」。

年間5億円というオンラインサロンの売り上げも全額エンターテイメントにブチ込んでいるといいます。

そこで、考えたのが、本の印税を全て「広告費」に回すこと。

一人でも多くの人に本を届け、本の内容を通してオンラインサロンにも興味を持ってもらえるようにする。

会員が増えれば、自分がエンタメに投資できる額は大きくなるというカラクリ。

西野さんといえば、たびたび衝撃的な発言で世間を騒がせていますが。

「36歳以上で結婚してない男はマザコンなどの異常者だと思います。僕がそうです。僕、性異常者なので」

お金の回し方についても、天才的かつ「変態的」ともいえる才覚を発揮しています。(褒めてます!)

スポンサードリンク

西野亮廣の貯金額は2億なのかゼロなのか?

そんな西野さんは、2017年12月3日に放送されたバラエティ番組「EXD44」で自身の貯金額を告白。

番組MCのバカリズムさんに、「すっごいお金を最近稼いでます」と明かした西野さん。

これにバカリズムさんとYOUさんが「貯金いくら持ってるんですか?」とつっこむと…

西野さん「1億弱くらいあります」

バカリズムさんとYOUさん「おおー!」

YOUさん「もうちょっと行ってますね、2億弱ですね」

バカリズム「2億でいいですかね」

西野さん「2億です。貯金2億です」

「2億」というのは、若干言わされた感もありますが、1億円以上はありそうな口ぶりでした。

しかし、その後の2018年4月の自身のブログでは、貯金について「ゼロ」だと語っています。

一応、連続ベストセラー作家なので、皆様ご存じの「印税」なるものをいただいているのですが、貯金などはせず、税金をお支払いした上で、残りは全額投資しています。

「さすがに全額は嘘だろ」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、嘘ではなく(マジで全額)投資しています。

 

通帳の中に『数字』として残しておくか、皆が楽しめる『場』を作るか……その二つを天秤にかけた時に、余裕で後者が勝つので、貯金は放棄。

西野さんは、金を貯えるより、信用を貯えるほうが大切と持論を展開。

「現代(貯信時代)における『貧乏』は貯金の有無ではないので、貯金が底をつくことはあまり大きな問題ではありません」ともコメント。

たった数カ月前にテレビ番組で公表した貯金額とブログのコメントが食い違うため、「炎上商法狙いか?」とまで言われました。

まあ…お金の回し方に関して、天才的かつ変態的な才能を持つ西野亮廣さんのことですから、たった数ヶ月の間に「おもしろいこと」に2億円放り込んだという可能性もなきにしもあらずですね。

貯金額ひとつで話題になるキングコング西野さん。やはり、各方面から注目されているという証です。

スポンサードリンク

まとめ キングコング西野の年収は1000万円?

浪費や贅沢にはまったく興味がなく、「コンビニの蕎麦と缶ハイボールだけで十分幸せ」という西野さん。

西野さんの実際の年収が意外にショボいのは、稼いだお金をエンタメにほぼ全額投資しているからということでした。

「次はなにをぶちかましてくれるんだろう…」今後の西野亮廣さんから目が離せません。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!