朝霧JAMで押さえたいフェス飯!ワンコイン500円で食べる地元グルメ

静岡県の朝霧高原。絶景の富士山のふもとで開催される音楽フェス朝霧JAM。

このフェスのごはんがとりわけおいしいと評判です。なぜなら、山と海、両方の自然に恵まれ、お肉や牛乳、海産物などの素材が優れているから。

さらに、地元で人気のB級グルメのお店もたくさん出店しています。フェスに参加しながら、なんだか旅行気分も味わる。そんな感じ。

しかも!朝霧JAMではワンコインメニューが充実。500円で!いつものランチ価格で!おいしい地元の味が楽しめるのです。

今回は、そんな朝霧JAMの絶品フェスごはんについてご紹介しますね!

 

ワンコインで楽しむ朝霧JAMの地元グルメ

ゆぐちの富士宮焼きそば 500円

富士宮焼きそばってご存知ですか?静岡県富士宮市のB級グルメで、独特のコシがあるもちもちした蒸し麺に朝霧高原産のキャベツ、トッピングにはイワシの削り粉がかかっていて、一度食べたらまた食べたくなる不思議な食感。それがフェス会場で味わえるのです。このお店は朝霧JAMに出店してもう10年以上だそう。地元の人々が愛する焼きそば、ぜひ食べてみてください!

 

ちさん屋のにじます塩焼き 500円

渋い!渋すぎませんか?ハンバーガーやホットドッグではなく、地魚にじますの塩焼きにかぶりつける音楽フェスって!外は香ばしく、中はふっくらと焼き上げられています。こちらのお店は、なんと富士宮市文化会館内の喫茶店だそうです。他にも地鶏からあげ(500円)や焼き団子(400円)など、なんだかほっこりできるメニューがそろっています。

 

高原のシチュー屋さんのクリームシチュー 500円

朝霧高原の新鮮な牛乳を使ったクリームシチューです。豚肉や野菜が柔らかく煮込まれていて、とてもやさしい味。朝霧JAMは秋の開催なので、夜や雨の日にはけっこう冷えます。そんなとき、うれしいのがホカホカと湯気があがるシチュー。実は、出店しているのは、ふだん酪農体験などを実施している農場のようです。つまり、このシチューを食べられるのは朝霧JAMの会場だけということ。ぜひ!味わってみてください。

 

らくの釜揚げしらす丼 500円

富士山と太平洋という素晴らしい自然に恵まれた静岡県。釜揚げしらすも名物のひとつ。しかも、そのどんぶりが500円で食べられるってすごいです。ふわふわのしらすにあったかいごはん。これは、もしかしたら朝ごはんによいのではないでしょうか?わざわざ帰りにお店に食べにいかなくても、静岡名物が会場でしっかり押さえられますよ。

 

朝霧食堂のぐるぐるウィンナー 500円

もはや朝霧JAM名物といっても過言ではないかも。ウインナーが、むかしのでっかいキャンディーみたいにぐるぐる巻きになっています。まっずぐ伸ばすと何センチなんだろう?とにかく、食べ応えは十分。インスタ映えもばっちり。串なので片手で食べられるのもうれしいところ。焼いているお店の前を通ったら、立ち寄らずにはいられないほどのいい匂いです。

 

朝霧地元会の牛乳ラーメン 500円

えーーー?ラーメンに牛乳?ってちょっと驚きますよね?わたしは驚きました。でも、これがどうしてなかなか。コクがあっておいしい。手作りチャーシューも入っています。美味しさの秘密はやはり地元産の新鮮な牛乳。その名も「放牧牛乳」。いかにもおいしそうじゃないですか?地元の農産物をアピールするために考案されたそうです。ラーメン好きのあなたにおすすめです!

 

富士金華豚YSC-LANDの富士金華豚サンド 500円

富士金華豚は「幻の豚」と言われているそうです。香ばしく焼かれた金華豚がピタパンのような薄めのパンに包まれています。ちょっと小腹がすいたときにぴったりなボリューム!やっぱりフェスで疲れたときはお肉ですよね。豚肉はビタミンBが豊富で疲労回復効果が期待できるので、「よし!もうひとがんばり踊るぞ」というときにこのサンドイッチを補給すると元気が出そうです。

 

まとめ 朝霧JAMのワンコイン地元グルメはすごい

いかがでしたか?

朝霧JAMのフードエリアには、ここに紹介した以外にも500円で食べられる地元グルメがいっぱいあります。

まるで、フェス界の「道の駅」みたいにいろいろ楽しめちゃいます。ほんとにクオリティが高い!

キャンプインのフェスなので、自炊するのも楽しいのですが、何食かはぜひ静岡の山の幸、海の幸を味わってみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!