【画像】長谷川博己の父親は大学教授!10年越し親子断絶の理由とは

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」主演を務める長谷川博己さん。

いまや日本を代表する演技派俳優のひとり。

実は、そのお父様もスゴイ人でした。

しかし、息子と父親の間にはなんと10年にもわたる「親子断絶」があったといいます。その理由とは?

スポンサーリンク

【画像】長谷川博己の父親は武蔵野美術大学の名誉教授

長谷川博己さんの父親は、長谷川堯さんという方です。

画像引用元:bostonmuaythai.com

長谷川 堯(はせがわ たかし)

生年月日 1937年6月16日

出身地 島根県

学歴 早稲田大学第一文学部卒業

長谷川さんの父親は日本の建築史家、建築評論家として活躍。

大学の卒業論文でル・コルビュジエらを論じ、雑誌に掲載、評論家活動をスタート。村野藤吾の研究などで知られています。

1972年に著書「神殿か獄舎か」で建築界に衝撃を与え、1975年『都市廻廊』で毎日出版文化賞。

1977年には、武蔵野美術大学助教授に就任。

1979年『建築有情』でサントリー学芸賞受賞。

1986年日本建築学会賞受賞。

武蔵野美術大学名誉教授となりましたが、2019年4月17日、がんのため81歳で逝去されています。

長谷川博己さんも中央大学文学部卒業していますが、そこはかとなく漂うインテリ感はお父様の血筋なのかもしれませんね。

そのお人柄もとても温かい方だったようです。

長身でダンディー、そして柔らかな声が忘れられない。

私が未熟な考えを伝えても「うん、うん、そうだね」と受け止め、優しく教えてくれた。周囲からは「ギョウさん」と慕われた。

引用元:https://www.asahi.com/articles/DA3S14197672.html

長谷川博己さんも身長が182センチですから、長身もお父様譲りだったのですね。

長谷川博己と父親の「10年越し親子断絶」の理由とは

幼少時代は父親の仕事でイギリスへ

画像引用元:ツイッター

父親の職業がら、博己さんは小学3年生の時には堯さんの仕事の関係で、イギリスで暮らしたこともあるそう。

お父さんの勤務先から研究費が出て、家族で1年間暮らすことになったそうです。

長谷川さんは行きたくないと駄々をこねたそうですが、“その経験があるから物おじしない性格になった”と話しています」(長谷川の知人)

引用元:https://www.news-postseven.com/archives/20190501_1361433.html?DETAIL

その後、博己さんは中央大学文学部に進学。

お父様も、自分と同じ文学部を卒業し、学問や教員の道に進むとばかり思ってたのではないでしょうか?

役者志望に父親は大反対

画像引用元:ツイッター

しかし、3才の時に堯さんに連れられて初めて見た映画『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』に衝撃を受け、映画漬けの日々を送っていた長谷川博己さん。

しだいに役者への興味が抑えられなくなり、大学を卒業すると一度は会社員になるものの、役者の道に進むため、わずか1年で会社を退社。

文学座の門を叩き、演技の修行を積み始めます。しかし、それにお父様は大反対!

「当時、お父さんは会社を辞めて役者になることを猛反対したそうです。

お金がなかった長谷川さんは都内の実家に住みながら役者の稽古に励んでいたのですが、お父さんと顔を合わせるたびに言い合いになるので、次第に会っても口をきかなくなったそうです」(前出・長谷川の知人)

引用元:https://www.news-postseven.com/archives/20190501_1361433.html?DETAIL

当時、長谷川さんは23頃の話でしょうか。親子断絶が始まります。

晩年は和解でメディアでも公言

画像引用元:ツイッター

やがて長谷川博己さんは、2010年のドラマ『セカンドバージン』で、鈴木京香さん演じる17才年上の女性と不倫関係に陥る若手起業家役でブレーク。

続く『鈴木先生』が話題となり、人気俳優の仲間入りをすします。そのあたりから、堯さんも息子を認めるようになったということ。

そして、やっと長谷川博己さんも有名人である父親のことを公言するようになったようです。

「俳優業が軌道に乗り始めたことで、お父さんも認めてくれたようです。

実はこの頃、彼はお父さんの“お宝”を持ってテレビ出演していたんです」(前出・芸能関係者)

引用元:https://www.news-postseven.com/archives/20190501_1361433.html?DETAIL

その番組とは、2011年5月24日に放送された『開運!なんでも鑑定団』。

長谷川は堯さんの骨董品を持って出演。

三代目歌川広重による浮世絵で、お父さんが自分の本の表紙に使うために、1990年頃に購入したものだと話していました。

この時、“父が建築評論家なんです”とテレビで初めて公言しています。

気になる評価額は25万円。長谷川さんは10万円だと思っていたそうで、自宅に戻ってお父さんと喜んだそうです。

晩年は、交流も復活。長谷川さんは時間さえあれば実家に帰っていました。

残念ながら2019年には堯さんは死去してしまいますが、息子の役者としての活躍ぶりを見届けて安心して旅立つことができたのでしょうね。

長谷川ファミリーのルーツとは?長谷川博己の祖父の温泉旅館の場所どこ?玉造温泉『長楽園』1泊2万円

スポンサードリンク

長谷川博己 プロフィール

画像引用元:cch-uk.org

本名 長谷川博己

生年月日 1977年3月7日(43歳)

出生地 東京都

身長 182 cm

血液型 A型

活動内容 2001年:文学座研究所に入所 2006年:文学座退団

事務所 ヒラタオフィス

スポンサードリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!