MENU

【画像】三浦知良の息子グランメゾンでVIP扱い?キムタクと七光り共演か

サッカー界のレジェンド・キングカズこと三浦知良さんと三浦りさ子さん夫婦の長男・三浦獠太(りょうた)さんが、がドラマ『グランメゾン東京』に出演。

出演翌日は、ネットニュースで報じられるなど話題になりました。

やはり大物スターの息子。ドラマでも忖度があったようです。

スポンサーリンク

【画像】三浦知良の息子は三浦獠太!早稲田大学卒で俳優に

三浦知良さんと設楽りさ子さんが結婚したのは、1993年8月1日。

画像引用元:https://nlab.itmedia.co.jp/

1997年に長男の良太さん、2001年に次男の孝太さんが誕生しています。

今回、ドラマ『グランメゾン東京』で俳優デビューを果たしたのは、長男の良太さんです。

画像引用元:https://yumeslushlife.com

三浦獠太(みうらりょうた)

本名:三浦良太

生年月日:1997年9月5日

特技:語学、サッカー、野球

学歴:早稲田実業→早稲田大学

三浦獠太さんは、実は15歳で父・三浦知良さんと同じようにブラジルにサッカー短期留学をしています。

中学高校時代は、クラブチーム・リオFC(U-18)で本格的にプレイをしていたそう。

2015年9月7日には、『三浦りさ子オフシャルブログ「From RISAKO」』で母のりさ子さんが、獠太さんが「高校サッカー」を引退したことを語っています。

今回の大会で試合に負けたら、高校生活最後のサッカーになることは分かっていたが、よりによって自分の誕生日に強豪チームと当たることになり長男は頭を抱えていたようだ。

彼の予想通り試合には負けてしまったが、最後まで頑張り清々しく良い笑顔だったとのこと。

引用元:https://news.livedoor.com/article/detail/10582498/

このブログ内容が翌日のネットニュースでトップ扱いされたのですが、その見出しが「サッカーを引退」という意味合いになっていたので、誤解を招いてしまったそう。

9月8日のブログでは「これからもサッカーはやるだろうし、お父さんより先に引退みたいな記事で焦りました」と説明しています。

その後、獠太さんは早稲田大学に進学しましたが、結局サッカーの道はあきらめ、在学中には「自分のやりたいこと」を模索していたようです。

そんな中、大学卒業を前に、芸能活動を考えるようになったといいます。

2019年3月に、長男に芸能界デビューについて、りさ子夫人を直撃していた当時はこう答えていたようです。

全然まだです! 誰がそんなこと言ったんですか?

でもまぁ、(カズは)本人がやりたいことは何でも応援するって言ってましたけど」

しかし、ドラマ『グランメゾン東京』の放送スタートが2019年10月ですから、本当は芸能界デビューに向けて準備をしていたのではと思われます。

【画像】三浦知良の息子「グランメゾン東京」でキムタクと共演!

ここまで読んで、「カズの息子、どこに出てた?」と思う方もいるかもしれませんね。

三浦獠太さんは、ドラマの第4話の終盤と第5話に出演。

画像引用元:http://mainichi-news.blog.jp/

木村拓哉さんと鈴木京香さんが、三つ星獲得を目指すレストランで働く新入りスタッフ「大宮くん」の役でした。

第5話では店の先行きに不安を覚えて仕事を辞めてしまい出演は終了。

劇中でのセリフは「おつかれさまでした」のひと言のみでしたが、「この子だれ?かわいい!」と話題になっていたようです。

あの木村拓哉さんからも演技のアドバイスを受けていたようです。

「木村さんは寛一郎さんにもしっかり指導しているようですが、あまりに緊張していた三浦くんにもアドバイスを送っていたようです。今後の出演は未定ですが、今回は“勉強させてもらった”という感じで恐縮しきっていたようです」(テレビ局関係者)

引用元:https://www.news-postseven.com/archives/20191120_1491792.html/2

スポンサーリンク

三浦獠太は「グランメゾン東京」でVIP扱い?

「七光り」で出演?

画像引用元:ツイッター

そもそも、本格的に演技の勉強をした経験もなさそうですが、キムタク主演の人気ドラマに出演できるのは、やはり「七光り」なのでしょうか?

女性セブンの記事では、関係者が次のようにコメントしています。

「本人は今年春には本格的に俳優を目指したいと周囲に相談していました。

それなら“最高の布陣”の作品で勉強した方がいいと周囲からの勧めがあったようです。

木村さんとカズさんは知らない仲ではありませんし、今回の『グランメゾン東京』には二世俳優の代表的存在といわれる佐藤浩市さん(58才)の息子・寛一郎さん(23才)も出演しています。

木村さん、京香さんほかスタッフを含め、間違いなく“日本一”の布陣でしょう。

でも、そのドラマにトントン拍子で出演が決まるのはさすがカズ&りさ子さんの息子さんです」(前出・ドラマ関係者)

引用元:https://www.news-postseven.com/archives/20191120_1491792.html/2

また、ドラマを見たテレビ誌編集者もこう語っています。

「獠太がカズの息子だとは、リアルタイムでドラマを見ていたときには知りませんでした。

ただ、メインストーリーに絡まない役柄で、特に何でもないシーンなのに、厨房で働く獠太が不自然に抜かれるシーンがあり、“今後、何かあるのかな”と感じていたんです。

でも特にないままいなくなったので、不思議に思っていたところ、『女性セブン』の報道で合点がいった感じです」

引用元:https://taishu.jp/articles/-/70405?page=1

正直、「三浦獠太さんのためにつくられた役柄」だった感は否めませんね。

セリフが一言しかないわりに、カメラで抜かれるシーンも何回かあったということですから、制作側がキングカズの息子をVIP待遇した可能性も考えられます。

「二世」は秘密にしていた?

エンドロールに名前が! 画像引用元:ツイッター

しかし、当初は「三浦知良の息子」であることを公表していなかったようです。

二世タレントは、“親の七光り”や“コネで仕事をもらっている”などと批判されることも多く、特に本人はその事実を隠したかったのでは?

しかし、その裏側には事務所のこんな策略もあるといいます。

  1. 「まずは二世であることを隠して、少しずつキャリアを積み、土台を固める。
  2. 次に、“実は〇〇の息子らしい”と話題になる。
  3. 良いタイミングで“実は〇〇の子どもだった”とオープンにして、トーク番組などでそのネタをイジる。
  4. さらには、親子共演を果たす。

二世タレントであることを大々的にアピールして売り出した場合、最初だけ話題になって、すぐに飽きられてしまうというケースは少なくないそうです。

二世ネタを小出しにすることで、何度も世間で話題となり、段階的に売り出すことができる。

そうすれば、自然な形でタレントとしての経験値を上げながら、着実に売れていくことが可能になる。

鳴り物入りでデビューして、すぐに消えることを防ぐには、二世ネタを最初に使い果たすのはもはや愚策です」(芸能事務所関係者)

三浦獠太さんも、じわじわとカズさんの息子という事実が明らかになり、人気が上昇していますから、ひとまず作戦成功といったところですね。

スポンサードリンク

まとめ 三浦知良の息子・三浦獠太が「グランメゾン東京」に出演!

あのキングカズの息子・三浦獠太さんが『グランメゾン東京』で俳優デビューを果たしていたことがわかりました。

今回は、セリフが一言の役だったということですが、これからが、俳優として本番ですね!

三浦獠太さんの今後の活躍がとても楽しみです!三浦知良は田中律子を捨てた?『仮面夫婦』離婚理由はカズへの未練?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!