池江瑠花子のオリンピック出場は無理?間に合う可能性は?現在の治療法も調査!

2019年5月9日に東京オリンピックのチケットの抽選受付が始まりました。選手はもちろん、観客であるわたしたちも「いよいよ」という雰囲気がただよってきました。

そんな中、やはり心配なのはオリンピック水泳、最有力代表候補の池江璃花子選手の現在の状況です。5月15日発売の女性自身が池江選手の現状について報じています。

そこで、今回は記事の内容を確認しながら、池江璃花子選手の現在の病状や2020年の東京オリンピックに出場できる可能性はあるのか、また現在受けてる治療はどんなものなのかをまとめてみました。

スポンサーリンク

池江瑠花子選手の治療は順調に進行中と公式ホームページで発表

ご存知のように、池江選手は5月8日に自身の公式HPを開設。治療が順調に進んでいるとコメントをしています。

日頃から沢山のはげましのメッセージ、お手紙など本当にありがとうございます。
現在、治療は順調に進んでいます。
普段、体調が良い時は、今までやらなかったぬり絵やパズルをやったり、映画を観たり、泳いでた時は出来なかったことを楽しむ、という生活を送っています。
今の季節は風が気持ちいいのかなぁ、雨に当たりたいなぁと思うことも、毎日外を見ては色んな想像をして退院後の1つの楽しみになっています。
長期の入院、治療にはなりますが、これからやりたい事、楽しみな事を考えながら前向きにとらえています。
正直、心が折れそうな時もあります。
ですが、たくさんの言葉にはげまされ、最後まで頑張りたい、負けたくないという気持ちがこみ上がってきます。
アスリートはもちろん、同じ病気の方達の気持ちは多少分かったつもりではあります。
どんな時でも1人ではない事を忘れません。そして忘れないでほしいです。
一緒に頑張りましょう!
そして待ってくれている皆様に1日でも早く良い報告ができるようにしたいと思います。
引き続き温かく見守っていただけたら嬉しいです。

引用元:池江璃花子公式HPより

難病の治療ですから、わたしたちには想像も及ばない、本当に大変でつらいこともあるでしょう。それでも、この文面から池江選手のポジティブさや芯の強さが伝わってきます。さらにツイッターではこんなコメントをしています。

https://twitter.com/rikakoikee/status/1105754310141530112

そう、東京オリンピックまで500日を切りましたが、池江選手は出場を決してあきらめていないのです。

彼女を指導する三木二郎コーチも2月の記者会見では「強くなって戻ってくると信じている。可能性はゼロではない」とコメントしています。

それでは、池江璃花子選手が2020年の東京オリンピックに出場できる可能性はどれぐらいあるのでしょうか?

【最新情報】池江瑠花子が東京五輪代表になれる条件や可能性は?

この件について女性自身の記事の中で、水泳関係者が語っています。

その関係者によると池江璃花子選手が東京五輪の代表選手になるチャンスは、今後2回あるそうです。

  • 2019年7月開催の世界選手権個人種目で金メダルを獲得する
  • 来年4月の日本選手権で好成績を残すこと

このどちらかが条件。さすがに今年7月の世界選手権には間に合わないかもしれませんが、来年4月の日本選手権には出場できる可能性はゼロではなく、そこで選考基準以上の好成績を残せれば東京オリンピック出場も夢ではありません。

【最新情報】池江瑠花子の完治は東京五輪に間に合う?現在の治療法は!

それでは、医学的に池江選手の来年4月日本選手権の出場は可能なのでしょうか?これについても記事の中で専門の医師が解説しています。

その医師によると池江選手の白血病は年齢や報道されている症状からリンパ性だと予測されるそうで、治療法は次の通り。

  • リンパ性の場合、最初は強い抗がん剤を用いる寛解導入療法で白血球が正常な状態に近づける。
  • その後は完全寛解を維持し、白血病細胞をゼロに近づけるための寛解後療法として、地固め療法を始める。

池江選手が白血病を公表して3カ月。あくまで推測の範囲ですが、現在は寛解導入療法を終えて、次の地固め療法へのはざま期なのではないかと考えられます。

この検出できないがん細胞を徹底的にたたく地固め療法の抗がん剤投与回数は4~5回で1回が約1か月

途中でトラブルもなく順調に治療が進めば、今年の秋ぐらいにはひと通りの治療が終わり、退院できるのも夢じゃないそうです。もちろん、退院後も競技に出られるまでの心身回復やトレーニングは必要となりますが、来年の4月に向けて奇跡の復活を遂げるのも不可能な話ではありません。

白血病の治療でつらいのは、抗がん剤投与による肉体的苦痛だけでなく、長期間無菌室で過ごし、誰とも会話ができない状態での精神的苦痛も大きいといいます。メンタル面でのサポートもとても大切だそう。

また、実は抗がん剤を投与していない期間は、ふつうの人とおなじように軽い運動ならしてもいいそうです。医師によると筋トレやスクワットなどはむしろ心身にいい影響を与えるということですから、徐々に体力が回復したらメンタル面のことも考えて、池江選手もリハビリを始めるかもしれませんね。

早く池江璃花子選手の笑顔が見たいです!

スポンサードリンク

まとめ 池江瑠花子のオリンピック出場は無理?間に合う可能性は?現在の治療法も調査!

いかがでしたでしょうか?

いよいよ東京オリンピック開催まで500日を切ったいま、水泳の代表候補・池江璃花子選手の病状が気になります。そんな中、5月15日発売の女性自身が、現在の池江選手の病状や治療法、五輪出場への可能性を報じていました。

記事によると、このまま順調に治療が進めば来年4月の日本選手権に出場することは決して不可能ではなく、そこで好成績を残せば五輪出場も夢ではないとのこと。わたしたちファンも、ギリギリまで希望を捨てずに見守りたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)