【画像】高市早苗の若い頃がかわいい!恋愛遍歴の暴露本がイタ過ぎ?

9月11日、安倍晋三首相は第4次安倍再改造内閣の顔触れを決め、菅義偉官房長官が閣僚名簿を発表しました。

小泉進次郎さんの初入閣が話題となっていますが、一方で2名の女性も入閣しています。

そのうちのひとりが、再登板の高市早苗さん。

高市さん「アラ還」とは思えない若々しさ。若い頃はさぞかし美しかったのでは?

そこで、昔の写真とそのころ出版した「幻の本」の内容についてまとめてみました。

スポンサーリンク

【画像】高市早苗が第4次安倍再改造内閣で総務大臣に!

高市早苗さん プロフィール

生年月日 1961年3月7日(58歳)

出生地 日本 奈良県

出身校 神戸大学経営学部経営学科

前職 近畿大学経済学部教授

所属政党 自由民主党

座右の銘 「高い志 広い眼 深い心」

尊敬する人物松下幸之助氏

趣味 スキューバダイビング 楽器演奏 野球や武道などの観戦

好きな食べ物 たらこご飯 コロッケ 焼き鳥

フジテレビ系朝の情報番組『朝だ!どうなる?』ではメインキャスターとして活躍。

1993年に無所属として衆議院議員総選挙に出馬し当選。自由党、新進党と経て、1996年12月に自民党に入党。

2014年9月3日に発足した第2次安倍改造内閣で、総務大臣に就任。今回の入閣は再登板ということになります。

【画像】高市早苗の若い頃の写真がかわいい!

高市さんは今年で58歳。なんとこの若々しさでお孫さんがいるようです。

若い頃はさぞかしかわいかったのでは?と画像を調べてみました。

こちらはかなりお若いときですね。おそらく20代なのでは?ロングヘアが似合っています。

こちらが1990年の雑誌のインタビュー記事の写真。29歳ですね。

こちらが1998年に通産省事務次官だった頃。37歳。

こちらが2008年に経済産業副大臣に就任した頃の写真です。47歳ですがお若いです。

そしてこちらが比較的最近の2013年。52歳のときの写真。40代の頃とあまり変わらないですね。

スポンサーリンク

高市早苗の恋愛遍歴の暴露本が生々しい?

政界でも屈指の美貌を持つ高市早苗さん。実は政界きっての「肉食女子」といわれていたそうです。

そして、その華やかな恋愛遍歴がうかがわれる「幻の本」があったのです!

それは、高市さんが1992年の参院選に初出馬(落選)する1カ月前に刊行した「30歳のバースディ その朝、おんなの何かが変わる」という自伝的エッセーです。

そのタイトル通り、その内容は政治の話ではなく、30歳の女性の赤裸々な恋愛遍歴。

プロローグからいきなり、〈恋の話をいっぱい書くことにした〉〈「頭の中は恋のことでいっぱい」のプライベートライフには呆れられてしまうかも〉と宣言しています。

その内容とは…

  • フランス・カンヌの地中海が見えるホテルで男性とお酒を飲んで…
  • 朝起きぬけにシャワーを浴び、バスローブのまま彼が選んでくれた極上の赤ワインを飲んだ。
  • ルームサービスもベッドの上で食べた。
  • 相手のテクニックが素晴らしいこと。
  • 7人の交際男性が登場するが、年上は1人だけであとは全員年下。
  • 執筆当時も30歳を過ぎて25歳の若い男性とつきあっていたという自慢。
  • いまの自分は20代のときより魅力的だと自分でも思う。

といった、全般的にバブル臭が漂うプライベート暴露本だといいます。

なんとなく…読んでみたい気もしますが、通販サイトや書店サイトなどで確認しても「現在はお取り扱いがありません」というコメントばかり。おそらく絶版してしまったのではないでしょうか?

どうしても興味のある方は、古本屋などでお探しになるのをお勧めします。

ちなみに、高市早苗さんは、2017年に自民党の山本拓衆院議員と協議離婚が成立。13年間の結婚生活にピリオドをうっています。

現在は独身。まだまだ恋愛遍歴は続いていくのでしょうか?

スポンサードリンク

まとめ 【画像】高市早苗の若い頃がかわいい!恋愛遍歴告白の本が生々しい?

第4次安倍再改造内閣の顔ぶれが発表になりました。

女性大臣として、高市早苗さんが再登板を果たしています。

58歳の現在も若々しい高市さん。若い頃はとても美人で政界の「肉食女子」という異名を持っていたとか。

30歳のときに出版したエッセイでは、その華やかな恋愛遍歴を自ら暴露しています。

残念ながら、その本は絶版になってしまったようですが、内容には興味津々ですね。

総務大臣に再登板した高市早苗さんの今後の活動にも注目が集まります。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!