菅官房長官【刺青写真】とは?桜を見る会『関西のドン』と2ショット

ポスト安倍との呼び声も高い、菅義偉氏。

官房長官として、首相を影から支え続けてきました。

しかし、その菅官房長官に疑惑の光が当たってしまったことがありました。

それが、2019年の「桜を見る会」で写したとされる「刺青男」とのツーショット写真だったのです。

果たして、ふたりの関係とは…?

スポンサーリンク

【画像】菅官房長官が桜を見る会で『刺青男』と写真を?

画像引用元:robamimireport.com

「桜を見る会」は、毎年春に新宿御苑で開かれる首相が主催するイベントです。

1952年に吉田茂首相が始めて以来、皇族や各国大使、国会議員、各界の代表者などが招待されています。

物議をかもしたのは、2019年11月18日に衆参議員会館の議員事務所に投函されたビラの内容でした。

そこには、2019年春に開催された「桜を見る会」での写真が掲載されていたのです。

「反社とされる人物が、大勢、今年の『桜を見る会』に参加していたことを示す写真が添付されていました。

ご丁寧に入れ墨だらけの写真まで載っけてね」

引用元:https://friday.kodansha.co.jp/article/82280

 

こちらがフライデーにスクープされたビラの写真です。

記事では目線や名前は隠されていましたが、本物のビラでは顔やSNSのアカウントはそのまま掲載されていたようです。

(ネット上には元の写真が出回っていますが、一般人ということで、このサイトでも顔や名前は明かしません)

 

ビラには「桜を見る会」で、かっぷくのいい男性と握手する菅官房長官の姿が。

男性がSNSで公開した写真のようです(現在は削除)

画像引用元:https://togetter.com/

さらに、ビラに併載されている海外のプールでの写真も、同じ男性によりSNSで公開されています。

写っている男性たちの上半身に「刺青」が確認できるようです。

つまり、ビラの製作者の意図はこういうことでしょう。

「桜を見る会」に刺青を入れた人物が出席。

菅官房長官と親しげに2ショット写真を撮影していた。

フライデーによると、さらに後日、追加の怪文書まで投函され、そこには写っている人物の犯罪歴が書かれた新聞記事が添付されていたということ。

いったい誰がこんなビラを…?

「議員会館は一般人が入るには必ず荷物チェックがある上、アポなしでは議員のポストまでたどり着けない。

身内がバラ撒いた可能性も否定できず、自民党内は上を下への大騒ぎになっていますよ」(自民党中堅議員

引用元:https://friday.kodansha.co.jp/article/82280

自民党内部の反乱?かなりの騒ぎとなったようです。

スポンサーリンク

菅官房長官【刺青男】は誰?桜を見る会『関西のドン』と2ショット

画像引用元:kisocook.com

フライデーの記事によると、怪文書に写っている写真のうちの一人は、関西の裏社会では知らぬ者はいないほどの大物だということ。

詐欺や恐喝容疑で逮捕された経歴があるといいます。

「地下格闘技団体の代表も務めるなど目立った活動もしていた、有名な半グレですよ。

逮捕されたときに山口組系の組員と一緒だったことから、暴力団とも繋がりがあったと言われています」(全国紙大阪社会部記者)

引用元:https://friday.kodansha.co.jp/article/82280

ネットではさまざまな情報が錯そうしていましたが、総理主催の「桜を見る会」の招待客のイメージにあまりそぐわない人物であることは確かです。

スポンサードリンク

菅官房長官が【刺青写真】にコメント『結果的に…』

画像引用元:ichigomaru.com

この報道を受けて、菅官房長官はこのようにコメントを述べています。

菅義偉官房長官は26日の記者会見で、首相主催の「桜を見る会」に反社会的勢力が出席していたとの指摘について

「出席は把握していなかったが、結果的には入ったのだろう」と述べた。

引用元:https://this.kiji.is/571997047670490209?c=39550187727945729

しかし、翌日にはその発言も翻したようですね。

「反社会的勢力の人が結果的に出席していた」から、

「反社会的勢力の人が出席したとは言っていない」に。

2019年の招待客は約1万8000人。いわゆる「菅枠」もかなりの数がいたようで…

菅義偉官房長官は20日午前の記者会見で、自らが推薦した人数について、「数百人はいたんじゃないか」と述べた。

引用元:https://this.kiji.is/571997047670490209?c=39550187727945729

実際、頼まれて招待客として推薦するケースも多いようで、一人ひとりの身元まで把握しきれないようです。

どさくさに紛れて、不適切な人物が「紛れ込んでしまった」ということなのでしょう。

また、招待券の捏造や高額での転売も問題になっているといいます。

これについては、次年度から本人確認やセキュリティの強化をすることを発表。

総理大臣主催の「桜を見る会」について、菅官房長官は参議院内閣委員会で反社会的勢力と見られる人物などが参加していると指摘されていることに対し、今後の見直しで本人確認の徹底などセキュリティー面の改善を図る考えを示しました。

引用元:https://this.kiji.is/571997047670490209?c=39550187727945729

ビジネスや商売をする人々にとっては、やはり「桜を見る会」に出席したことは大きな宣伝効果や信用につながるようですね。

例の人物も、出席したことを誇らしげにSNSにアップしていました。

画像引用元:https://togetter.com/li/1433614

すこし前に問題になった「吉本芸人の闇営業」にも重なる部分もあり、「利用された」と言いたいのでしょうが…。

しかし、「桜を見る会」にかかる費用は税金で賄われています。

来年は、総理となった菅氏が主宰する可能性もあるはず。

招待客選出の基準やセキュリティの問題などはクリアにしていただきたいものです。

菅義偉氏の家族も気になる!【画像】菅官房長官の嫁の学歴は?清水東高から静岡県立大の才色兼備菅官房長官の息子『学歴は東大』大成建設勤務で野田洋次郎とバンド?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!