【画像】野口絵子の高校ニュージーランド!母親の超かわいい写真も

登山家・野口健さんの娘さん、野口絵子(えこ)さん。

最近は『踊る!さんま御殿』などテレビ出演も増え、かわいいと評判!

しかも、若干16歳でありながら、野口健さんと国内外の名だたる山々に登頂しています。

そんな絵子さんの中学・高校、そして超美人のお母様についてもまとめています。

スポンサーリンク

【画像】野口絵子(のぐちえこ)は野口健の娘でかわいい!

野口絵子さん プロフィール

名前: 野口絵子 ( ノグチ エコ )

生年月日:2004年 2月(2020年現在16歳)

趣味:カメラ、フルート、ギター、読書、執筆

好きなアーティスト:セカイノオワリ

さすがアルピニスト・野口健さんの娘です。

13歳ですでに八ヶ岳の天狗岳に登頂。ちなみに、野口健さんが高校一年で初めて登った山も天狗岳です。

そのときの写真がこちらです。とても仲がいい親子ですね。

引用元:すべてhttp://www.noguchi-ken.com/M/2016/12/post-936.html

野口絵子さんの登山歴はこちら

  • 9歳で冬の八ヶ岳で登山デビュー。
  • 天狗岳、硫黄岳、横岳、赤岳等を縦走。
  • 14歳の冬ネパールのチュクンリ(5,600m)やエベレストの展望台と言われるカラパタール (5,545m)の登頂に成功。
  • 15歳の春には再び父とヒマラヤを訪れ、 ネパールのポカルデピーク(5,806m)やゴーキョピーク(5,360m)へ登頂。
  • 15歳でマレーシア最高峰のキナバル山(4,095m)の 登頂成功。
  • 2019年7月キリマンジャロの西に位置するメ ルー山(4,562m)に登頂。
  • その後、7月30日午前6時25分、 キリマンジャロのウフルピーク(5,895m)に登頂。

「ヒマラヤデビュー」は父よりも4年も早い、 中学3年生のこと。

キリマンジャロではブリザードに見舞われ、過酷な登山でした。

しかし、野口健さんいわく、下山途中の山小屋で震えながら絵子さんが言った言葉は…

『次は6000m級の山に挑戦したい』

父の野口健さんも、とても頼もしく思っていることでしょう!

野口絵子の中学・高校は?ニュージーランド全寮制?

小学校は世田谷区

絵子さんは、東京都出身。世田谷区立桜町小学校を卒業しています。

低学年の頃は引っ込み思案なタイプだったそうですが、9歳で父と登山を始めたことを機に積極的に。

6年生の学芸会では「絶対に主役をやりたい」と自ら手を挙げ、 校内オーディションで主役の座を射止めたそうです。

中学校はイギリスへ

絵子さんの出身中学は、なんとイギリスにありました。

父・野口健さんの母校でもある立教英国学院です。

1972年にイギリスに設立されたヨーロッパで初の日本人向け全寮制の中学校。

ロンドンの南方、 車で約1時間20分のウェストサセックス州で、家族と離れ、 全寮制の集団生活を送っていました。

また、小学校の時の学芸会の成功体験もあり、 中学では演劇部に所属。

2019年3月に卒業しています。

高校はニュージーランドへ

野口絵子さんは、高校の進路について驚くべき決断をしています。

実は、立教英国学院に通う生徒のほとんどが内部進学で系列の高校に進むのですが、絵子さんは自らその道を断ったそう。

父と共に訪れたヒマラヤのシェルパ族との交流などを通して、「より厳しい環境に身を置きたい」と決意。

ゼロから現地校の受験を志し、2019年10月よりニュージーランドの 全寮制の高校に進学しています。

これには、父・野口健さんも驚いたと語っていました。

中学生や高校生の頃って言ってみれば学校が世界のすべてで、みんなが進む方向に行かずに自分だけ全く違う世界に行くっていうのは大きな決断でしょ。

現在はすっかりニュージーランドでの生活にも慣れ、「キウイ」(現地の人々)の友達もできたようです!

陸上部で毎日走っているということ。次の登山に向けてのトレーニングも兼ねているのでしょうね。

スポンサーリンク

野口絵子と父・野口健は大の仲良し!

野口健さんは、娘の野口絵子さんとの時間をとても大切にしているようです。

夏休みなどに絵子さんが帰国した際には、一緒に過ごす時間をを楽しんでいるそう。

2020年はコロナウイルスの影響で、絵子さんもなかなか日本に帰国できないのではないでしょうか。

父親への思いを語っています。

今までは父が私に自分の経験を沢山話してくれていた。次は私が父に自分の経験を話す番。
ニュージーランドの町並み、学校、人。まだ2週間弱しかいないけど、私は既にたくさんの経験をしている。

写真も何100枚も撮った。早く話したいなー。

引用元:http://www.noguchi-ken.com/M/2019/09/20190923-oyakotaidan.html

 

キリマンジャロでの過酷な経験を、父・野口健さんもこう語っています。

強烈なブリザードに体温が奪われていくなか、岩陰に身を隠し「この状況のなか、まだやれるか」との問いに一言「やれる」と答えた娘殿。5800m付近でこの悪条件。本人からしたら人生最大の苦しみであっただろうに。

しかし、たったの一度も弱音を吐く事なくやり遂げた。

そんな娘を親バカかもしれませんが心の奥底から誇りに感じています。大したヤツだと。

引用元:http://www.noguchi-ken.com/M/2019/09/20190923-oyakotaidan.html

数々の厳しい経験を共にすることで、親子の絆がさらに深まったようです。

【画像】野口絵子の母親も超かわいい!

そんな野口絵子さんのお母さんも、きっと美人なのでは?と思い、画像を探してみました。

野口絵子さんの母親、つまり野口健さんの現在の奥さんは、旧姓・加藤靖子さんという方です。

2003年7月17日に、遠距離恋愛を経て、入籍されています。

たしかに!とてもきれいな方です。野口健さんもエジプトの血が入ったクォーターの美男。

そのふたりの娘さんですから、絵子さんがかわいくなるのもうなづけます。

ちなみに、野口健さんは靖子さんとは再婚で、1995年21歳のとき未成年のネパール人との結婚歴があるそうです。

スポンサードリンク

まとめ 野口絵子の高校ニュージーランド!母親の超かわいい写真も

「さんま御殿」などテレビでも人気の野口絵子さん。

今回は、そんなかわいらしい絵子さんの出身中学・高校や母親について、画像とともに紹介しました。

これからの活躍が期待される絵子さん。「美人登山家」を目指すのでしょうか?今後が楽しみです!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!