【画像】福田和子の息子の現在写真は?水野鉄工所経営の噂はホント?

松山ホステス殺害事件の犯人であり、逮捕されるまでの、約15年に及ぶ逃走劇を繰り広げた福田和子氏。

現在はすでに他界していますが、4人の子供がいたそうです。

その子供たちのうち長男は、メディアの取材などにも応じているようですね。

福田和子氏の息子の現在の写真などはあるのでしょうか?

また、「水野鉄工所」を経営しているという噂はホントなのでしょうか?

スポンサーリンク

福田和子の現在は?事項何日前に逮捕された?

まずは、福田和子氏の犯行から、逃亡、逮捕、現在までの流れを簡単に説明します。

「松山ホステス殺害事件」の犯人として逃亡

福田和子氏は、1948年(昭和23年)、愛媛県松山市に生まれました。

18歳のときに同棲していた男性と高松市の国税局長の家に強盗に入り、松山刑務所に服役。

しかし、女性受刑者を強姦するという松山刑務所事件の被害者となってしまいました。

出所後は、松山市内のキャバレーのホステスとして働いていた福田和子氏。

1982年、同僚だったホステス(当時31歳)の首を絞めて殺害し、金品を盗み、夫と子供4人を残して逃亡しました。

後に逮捕された夫は死体遺棄罪のみで有罪となっています。

時効何日前に逮捕?

逃亡中は偽名を使い、美容整形を繰り返すなどして、全国のキャバレーを転々とする生活を送ります。

逮捕後には、次々と顔を変えていたことが判明し、「7つの顔を持つ女」とも呼ばれました。

画像引用元:blog.livedoor.jp

とうとう時効が近づいてきた1997年に、ついに福田和子氏に愛媛県警察が懸賞金をかけた捜査を公表。

そして、ついに公訴時効が成立する21日前である1997年7月29日、福井市内で逮捕されました。

逃亡生活は5,459日間にもおよんだそうです。

そして、松山東警察署で取調べを受けた後の1997年8月18日、公訴時効成立まで11時間前に殺人罪で起訴されています。

くも膜下出血で57歳で死亡

その後、無期懲役の刑が確定し、和歌山県和歌山市の和歌山刑務所に収監されました。

2005年2月に刑務所内の工場の作業中に、くも膜下出血のため緊急入院。

意識の回復のないまま3月10日、入院先の和歌山市内の病院にて脳梗塞により死去。57歳でした。

福田和子の息子は「水野鉄工所経営」はホント?

画像引用元:twitter.com

福田和子氏には4人の子供がいました。

死体遺棄で逮捕された夫は、福田氏に警察への自首を進めたそうです。

しかし、これを拒否した彼女は家族を捨てて逃亡生活に入りました。

そして、逃亡中に4人の息子のうちの長男を潜伏先に呼び寄せて、一時期一緒に暮らしていたのです。

福田和子氏が2005年に57歳で亡くなったとき、長男は37歳だったという情報がありました。

となると、息子は現在、53歳ぐらいの年齢になっていますね。

結婚して愛媛市内で鉄工所を経営しているという情報も多数見られました。

なぜか「水野鉄工所」という名前がネットで浮上するのですが、根拠はなにも見つかりません。

家庭を持ち、働いているのは確かな情報ですが、この鉄工所の名前はネット掲示板などで出た根も葉もない噂なのでしょう。

福田和子の息子の現在写真はある?

では、福田和子氏の息子の現在の写真はあるのでしょうか?

これに関しても、公開されていません。

しかし、2018年8月の番組「シンソウ坂上」では、福田和子氏と息子の関係を詳しく取り上げています。

番組の中では、息子の証言に基づいた内容がドラマ化されました。

 

森永悠希さんが演じた福田和子氏の息子の姿です。

顔写真はさすがに公開されていませんが、ヘアメイクや服装などはご本人に雰囲気を似せている可能性もありますね。

スポンサーリンク

福田和子の息子は「母親を恨んでいない」?再現ドラマに感動

捨てられても「恨んでいない」

番組「シンソウ坂上」のドラマの中では、福田和子氏と息子の関係が詳しく描かれていました。

1982年8月19日、愛媛県松山市。

当時、14歳だった長男・智之(仮名)さんをはじめとするきょうだいを置いて、母・和子氏は姿を消します。

智之さんは、祖母の家で見たテレビで、父親の逮捕と、母親は殺人容疑で逃亡していることを知りました。

しかし、子供を置いて逃げた母親を恨む気持ちは欠片もなかったといいます。

取材をしたノンフィクション作家も「『福田和子ってどういうお母さんですか?』と聞いたときに、長男は『尊敬できるお母さん』と。

引用元:https://www.fnn.jp/articles/-/2989

数か月が経った頃、智之さんの元に和子氏から電話が。その後、月に1度電話で話すようになったといいます。

一時期はともに暮らしていた!

そして、事件から4年経ち、智之さんは18歳に。

実の父親の家で暮らしながら定時制の高校に通っていたころ、母・和子と再会を果たしました。

 

そして、和子氏が暮らす家に呼び寄せられたのです。

日本海に面する穏やかな町に着いた智之さんは、和子氏にこう告げられます。

「小野寺華世と名乗っている、智之は親戚の子ということにして欲しい」

和子氏はこの町のスナックで、妻子ある店舗経営者と不倫。

ほどなくしてその男性は妻と離婚し、内縁の妻として男性の家で暮らしていました。

智之さんは事件のことは忘れたわけではないものの、「幸せだった」と話しています。

最後の面会へ

1991年、23歳になった智之さんは再び祖母の家へと戻り、また電話で和子氏と話すように。

智之さんは自身の結婚相手も、和子氏に報告し紹介していたといいます。

しかし、警察が「日本初の懸賞金」という前代未聞の手を打ち、1997年7月29日、和子氏は逮捕されました。

智之さんは29歳のときでした。

 

和子氏に下された判決は「無期懲役」。

2003年に刑は確定しましたが、2005年、和子氏は刑務所内で脳梗塞で倒れて緊急入院。

2005年に死去する寸前には、14年ぶりに智之さんが対面し、病床の和子氏の手を握りこういったそう。

「ママは強いけん。大丈夫や」

「ママ、ありがとうね。ママ」

その後、和子氏は静かに息を引き取りました。

そして、智之さんはこう語っていました。

「母を恨む気持ちは欠片もありません。あるのは感謝の思いと、自分の子どもにも同じように愛情を注いでいきたい、そんな望みだけ」

福田和子氏の犯した罪は重いことに変わりりませんが、子供には無償の愛を注いでいたんですね。

スポンサードリンク

まとめ 福田和子の息子の現在写真は?水野鉄工所の噂はデマ?

昭和の犯罪史に残る逃亡犯、福田和子氏。

事件当時は4人の子供を残して逃亡しています。

しかし、長男とは連絡を取り合い、一時期はともに暮らしていたということ。

子どもを捨てて逃げた母親に対して、まったく恨みを抱いていなかった息子。

犯した罪とは裏腹に、福田和子氏はいい母親だったのかもしれません。

残されたご家族の幸せと、ご冥福を祈ります。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!