中島健太(画家)が結婚した嫁画像は?彼女とニューヨーク婚前旅行も

制作した作品がすべて完売する“完売画家”と呼ばれることも多い、画家の中島健太さん。

情報番組ではコメンテーターも務め、メディアでも活躍中です。

爽やかなルックスで、女性ファンも多そうですが、中島さんは結婚しているのでしょうか?

嫁や彼女の存在が気になります!

スポンサーリンク

中島健太は完売画家!

中島 健太(なかじまけんた)

生誕 1984年12月10日(36歳)

出身 東京都

出身校 武蔵野美術大学

選出 白日会

日展(準会員)

中島さんは、高等学校3年生までアメリカンフットボールに没頭していた体育会系。

進路選択の時期に、自由な生き方をしていた中学時代の美術の先生を思い出し、美大を志望しました。

3年生の秋から準備を始めますが、現役では受からず浪人生になったそう。

実家の経済的事情もあり、1年間必死に勉強し、武蔵野美術大学へ。

大学3年生の春、グループ展に出展。そこで絵が売れたのが中島さんのキャリアのスタートになります。

大学卒業後2008年10月には、池袋東武百貨店で初個展を開催し、作品は「完売」。

2009年、日展に初出展し、特選を受賞。当時24歳で、初出展としては最年少の特選受賞でした。

画像引用元:https://peca3.exblog.jp/11874057/

2014年には、再び日展で特選を受賞。20代で二度目の特選受賞は、小磯良平さんと並ぶ記録。

その後は、タレントのベッキーさんや女優の新川優愛さんをモデルとした絵画が話題に。

「完売画家」としてメディアでも話題になり、テレビのコメンテーターとしても活躍しています。

中島健太(画家)のモデルはベッキーや新川優愛も

中島健太さんは、有名人の肖像画を書くことでも有名です。

主な作品のモデルとしては…

▼ベッキーさん

▼新川優愛さん

画像引用元:musicvoice.jp

▼瀬戸内寂聴さん

▼永島優美アナ

画像引用元:ツイッター

▼松井珠理奈さん

画像引用元:nlab.itmedia.co.jp

さらに、朝の情報番組『グッとラック!』のポスターを写実絵画で制作。

画像引用元:bkkc.art

ドラマ『コンフィデンスマンJP』では、劇中に使われる肖像画を描くなど美術協力を。

画像引用元:ツイッター

また、ドラマ『4分間のマリーゴールド』では絵画監修を務めています。

完売画家は、さまざまな方面からも引っ張りだこの売れっ子画家でもありますね。

中島健太(画家)は結婚してる?嫁いるの?

そんな中島健太さん。実力はもちろん、そのルックスでも人気です。

画像引用元:画像引用元:sugimoto-movie.com

現在、36歳ということで、ご結婚はされているのでしょうか?

調べてみましたが、いまのところ結婚を公表している事実はなさそうです。

左手の薬指に指輪も見られません。

SNSでもプライベートについてはあまり明らかにしていないようですね。

スポンサーリンク

中島健太(画家)は彼女とニューヨークに婚前旅行も

しかし、約12年前の2008年11月のブログでは、「彼女」とニューヨーク旅行をしたことを明記しています。

引用元:https://oilpainter.hatenadiary.org/entry/20081126

今日は彼女とマンハッタンめぐり第一日目です。
最初に行ったのはフリックコレクション。

Chocolate By Bald Man(はげ親父のチョコレート)MAXBRENNER
へチョコワッフルを食べに行きました。

さすがにこちらのものはサイズが満腹サイズで出来ていて、彼女と二人で一つを食べたのですが、それでも十分満腹になるサイズでしたw

ギトギトの料理で、とにかく量はあるのですが、どう考えても完食を想定して作っているとは言いがたいお味に、寛容な彼女ですらしかめっ面。。

当時の彼女と楽しそうにNYの美術館やレストランをめぐっています。

あれから12年。その彼女とは現在も続いているのか、それとも破局してしまったのか。

ちなみに、こちら「New York Times」という中島健太さんの作品。

描かれているのは、もしかしたらNYに同行した彼女かもしれません??

スポンサードリンク

中島健太(画家)の恋愛観は?

中島さんの作品には女性モデルが多いのですが、それはなぜなのでしょう?

「女性を描き始めた理由は、ギターを持ち始めた少年と同じようにモテたいと思ったからなんです(笑)」

しかし、10年続けているうちに、こう感じるようになったそう。

「女性というのは凄く強い存在なんだと感じるようになりました」

ベッキーさんをモデルにしたのも、「バッシングを受け、それでもなお復帰をめざす彼女の強さに感銘を受け、描いてみたいと思った」と語っていたことがありました。

肖像画を描くときは、写真をもとにしますが、必ずモデルと対話し、人間像をつかんでから描くという中島さん。

今後、美しい女性と出会う機会も多そう。「女優と電撃結婚」なんてニュースも飛び込んできそうですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!