【画像】きくちゆうき過去ツイートも大炎上!デブ発言が闇すぎる!

漫画家のきくちゆうきさんが、2019年12月12日からツイッター上で「連載」した『100日後に死ぬワニ』。

死生観を扱ったテーマで大ブームになりましたが、その後「電通案件」疑惑で大炎上。

それがきっかけで、きくちゆうきさんの過去ツイートまで掘り返され、火に油を注いでしまいました。

いったい、きくちさん、なにをつぶやいた…?

スポンサーリンク

きくちゆうきは『100日後に死ぬワニ』作者!大炎上に

『100日後に死ぬわに』は、「死まであと○日」と記されたワニの100日間を描いたきくちゆうきさんのマンガ作品。

Twitterでで2019年12月12日から2020年3月20日まで、毎日一話ずつワニの日常が投稿されました。

当初1万人だったきくちゆうきさんのフォロワー数は、投稿最終日の3月20日には200万人超え。

「ワニくん」は世界トレンド1位となるほどの大人気でした。

しかし、ワニが死ぬ最終話が投稿された直後、『100日後に死ぬワニ』公式Twitterアカウントが開設。

そこには多種多様なグッズ展開、書籍化、映画化などの告知がされたのです。

これに対し、ワニの死を悼む読者から「ワニの死でお金儲けをしている」との非難が殺到。

さらに、公式アカウント運用会社の取引先に電通東日本、いきものがかりとのコラボムービーのクレジットに電通と電通PRの社員の名前が。

「このワニムーブメントには電通が関わっているのではないか」

そんな憶測が広まり、企業によって仕組まれていたという事実に落胆を感じた人々からバッシングを受けたのです。

大ブームから一転して、大炎上となった2020年話題のできごとでした。

【画像】きくちゆうき過去ツイートも大炎上!

tknews-tk.com

きくちさんは、「ワニ」が話題になりテレビ出演をした際には「ゆるキャラ」で好感度アップ。

《人柄めちゃくちゃ好きだな》《ゆる~い感じのキャラいいわw》

マンガの雰囲気とリンクしたきくちさんのキャラクターも人気だったのですが、大炎上の急展開にバッシングが止まらなくなります。

きくちゆうきさんの過去のツイートまで掘り返され、こちらも悪い意味で話題になってしまいました。

それらの過去ツイートがこちら。

 

 

 

「デスノート」など、なかなか物騒な言葉が並んでいますね。

 

ちなみに、きくちさん、のちに『100日目に死ぬワニ』についてのインタビューでこのように語っていました。

きくちさんも心を入れ替えて、SNSの発言も変わっていったのではないでしょうか?

スポンサードリンク

きくちゆうき プロフィール

きくちゆうき

生年 1986年

出身 東京都

学歴 東京都立工芸高等学校定時制インテリア科卒業

職業 漫画家、イラストレーター

代表作 『SUPERどうぶつーズ』 『100日後に死ぬワニ』

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!