【画像】小松美羽が結婚しない理由『不思議ちゃん』恋愛疲れる発言も!

日本の伝統的な文化に現代アートを融合させた芸術作品を世界に向けて発信している画家・小松美羽さん。

2020年の『24時間テレビ』チャリTシャツの作者としても話題です。

「美しすぎる画家」とも言われる小松美羽さんは、今年で36歳ですが、現在は独身。

結婚しない理由は、その天才的過ぎる性格や『不思議ちゃん』発言にあるのでしょうか?

スポンサーリンク

【画像】小松美羽は美人画家!『狛犬』が大英博物館に!

画像引用元:https://r40quest.com

小松美羽(こまつみわ)

生年月日 1984年11月29日(35歳)

出身 長野県坂城町

血液型 O型

趣味 狛犬研究・温泉巡り・海外旅行

特技 薙刀(北信越3位)

学歴 女子美術大学短期大学部 2004年度卒業(教員免許取得)

画家をめざしたきっかけは?

インスタグラムより

まだ物心がつかないうちから絵を描き、生まれてくる3歳年下の妹のために絵を描いたことを覚えているという小松美羽さん。

小松美羽さんが画家をまざしたきっかけは、生まれ育った長野県の環境。

長野県には多くの美術館があり、お母様が美羽さん姉妹を美術館に連れて行ってくれたそう。

そこで画家という生業があることを知り、美術館に置いてあるノートにこう書いていたといいます。

「将来は美術館に作品を展示してもらえるような画家になりたい」

その願いが、なぜか叶うことを信じて疑わなかったとご本人が語っています。

画家になったきっかけや、絵を描くことへの思いを明かしているインタビュー動画もありました。

「狛犬」が大英博物館に!

インスタグラムより

女子美術大学短期大学部に進学し、銅版画に夢中に。

結局短大卒業後も研究生として2年間在籍後、卒業しますが、すぐに画家として生計を立てられるようになったわけではありません。

百貨店のギャラリーでアルバイトとして働きながら、機会を見つけては、アート関係の方々に作品を見てもらったそう。

なかなか認められない日々が続きましたが、様々な世界の方々と出会ううちに、道が開けていったようです。

現在は、銅版画はもちろん、ペン画、墨絵、アクリル画や着物の衣装デザイン、屏風大作、有田焼への絵付け、映画の劇中画制作など多様な作品を手がけています。

インスタグラムより

2015年に当時30歳という若さで、彩色を施した有田焼の一対の狛犬「天地の守護獣」という作品が大英博物館に永久所蔵。

画像引用元:ツイッター

大きな話題を呼びました。

小松美羽が結婚しない理由『不思議ちゃん』発言?

「生命」や「死生観」「魂」など神秘的なイメージが感じられる小松美羽さんの作品。

その感性が天才過ぎるがゆえに、常人には理解できない発言も多いようです。

妖精が見えていた?

インスタグラムより

小さな頃から、近くの神社や土手に行くのが好きだったという小松さん。

自然の中に身を置くと、不思議な現象が起こっていたそうです。

自分の周りに妖精のような、あるいは妖怪のような「生きもの」が現れて、それを絵に描くのがとても楽しく、最初は他の人には見えない存在であるとも思わずにいました。

他の人には見えない、「生き物」が見えていたということ。

現在でも、海外など初めての地に行くと、その土地の「生きもの」に出会うことがあるといいます。

山犬が道案内?

インスタグラムより

また、ある時から、自分が道に迷うと茶褐色の山犬が現れて、道案内をしてくれるように。

それがしばらく続いたのですが、雪の日に現れたその犬の足跡がないことに気づいてふと目を上げると、くるくると円を描いて消えてしまいました。

そんな不思議な体験の数々が私の今の作品につながっていると思っています。

まるでジブリのアニメのような世界です。

非現実的な話のようですが、小松さんは今でも「彼ら」の存在を感じることがあると語っています。

魂は光る玉?

インスタグラムより

小松さんが「死」と「生」をテーマに絵を描きたいと思ったきっかけは、中学3年生のときの体験。

かわいがっていたウサギのラビちゃんとお別れをする日がきます。

最後までがんばってくれたラビちゃん、「頑張って!頑張って!」と声をかけ続けたのですが、「辛いし、もうお迎えが来たから逝くよ」というように息を引き取ったのです。

その時に光る玉が体からポーンと飛んだのを見たんです。

相棒のチョコちゃんが亡骸にではなく、その光る玉を目で追っていきました。

その時、ラビちゃんの亡骸にはラビちゃんはもういないから、チョコちゃんは光る玉の魂を追ったんだ、魂は本当にあるんだ……と感じたんです。

そのとき、死に対する漠然とした恐怖心のようなものがなくなったと語ります。

不思議な体験をしたことで彼とはまたいつか姿形は変わるかもしれないけれども、どこかで会えると思ったんです。

小松さんは輪廻を信じているとも語ります。

作品「四十九日」のテーマになった、大好きな祖父が亡くなった時も、またいつかどこかで会えるはずだと思えました。

引用元:http://ec.tagboat.com/eccube_jp

「死を通して、生を見ることが出来た」という小松さんの言葉が印象的です。

独特な世界感を持つ小松美羽さん。

彼女の天才過ぎる才能やキャラクターをすべて理解してくれる人を見つけるのは難しそうです。

スポンサーリンク

小松美羽は情熱大陸で『結婚願望ない』発言も

結婚はあきらめている?

結婚願望はないそうで、以前出演した『情熱大陸』ではこのような発言も。

もうあきらめてると思いますよ、私に関して、母親は。

妹の紗羽さん

妹の紗羽さんも、姉の美羽さんについて「画家にしかなれない人」と表現しています。

紗羽さんについてはこちら【画像】小松美羽の妹は33歳ドッグトレーナー!超美人姉妹の感動秘話!

スポンサードリンク

恋愛が苦手?

小松さんはかつてインタビューで「恋愛が苦手」とコメント。

「恋愛とかはね、よくないです。大声で語れる自慢などまったくないですね。

疲れるし、自分のペースを乱されますしね。合わせてしまったりするんですよね、私も。

それで4カ月くらい耐えたんだけど、最後にプレステ3を渡して『これで時間を潰して』と別れたことがありました。よく耐えたと思います、私」

引用元:https://keitahaginiwa.com/1023/detail

なかなかすごい別れ話ですね…。

結婚よりも子供が欲しいという発言も。

「だからもう、優良な子どもを授かるだけでいいです。40歳くらいで一人産み落としたい。

優秀な女の子を産みましてね、国際弁護士に育てあげ、私を守ってほしいんです」

引用元:https://keitahaginiwa.com/1023/detail

もういっそ、シングルマザーでいいという考えのようですね。

年収も十分で結婚はまだ先?

画家として、日本だけでなく、香港や台湾、ヨーロッパなど国際的に活躍している小松美羽さん。

作品の評価も高く、小松さんの公式サイトによると100~500万円の値がついているようです。

公式サイトより。作品は完売。

しかも、そのすべてが売り切れ!

メディアへの露出も増え、今後も作品の値打ちは上がりそうです。

画家として、収入面でもひとりで充分生活していける財力があるので、結婚はまだまだ先のことのようですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!