佳子さま炎上の理由はなぜ?一個人発言と眞子さまの結婚賛成が原因

3月22日に秋篠宮家の次女・佳子さまがICUを卒業されました。その日の早朝、東京・三鷹のキャンパスにお姿を見せられた後、マスコミ各社の記者向けに佳子さまのコメントが公表されました。

これは、もともと宮内庁の記者会から差し出されていた質問へのご回答文書だったということですが、その内容を見た人々から批判的な意見が殺到し、ネットでは「炎上」していると話題です。

今回は、佳子さまのどのご発言が問題になっているのか、その理由はなぜなのかを調べてみました。

スポンサーリンク

炎上している佳子さまの発言やコメントとは?

記者会からは、5つの質問項目が提出されていました。もちろん、ご卒業にあたっての感想や学生生活での思い出、さらに今後の公務へのお考えなどを問うものが中心でしたが、それらとともにご家族に関する質問も含まれていたといいます。これについては、「次代は皇嗣家というきわめて重要なお立場となられるご一家ゆえに、ご卒業には直接関係がないとはいえ、お姉さまの眞子さまが抱える問題についても、我々は尋ねざるを得ませんでした」と宮内庁記者が述べています。

問題になっているのは、佳子さまの次のコメントです。

〈眞子さまは、結婚に関する儀式を延期されていますが、家族としてどのように受け止めていらっしゃいますか〉

〈私は、結婚においては当人の気持ちが重要であると考えています。ですので、姉の一個人としての希望がかなう形になってほしいと思っています〉

この「一個人として」という部分に対して、批判的な意見が集まっています。また、このご発言により、佳子さまが眞子さまの小室氏との結婚を支持しているお気持ちがうかがわれます。

このご発言に皇室担当記者も相当驚いたようです。そして、そこに多くの人々から批判が集まっている理由があります。

皇族方は市井の人では決してなく、その進路や結婚に際しては、おのずと一般人とは事情が異なります。そうした人生の節目をごくプライベートなものとして捉えておられるのだとすれば、そもそも佳子さまは皇室という存在をどのようにご理解なさっているのか、訝ってしまいたくなるようなお答えでした」

たしかに、皇室の方々をどうとらえるかというのは、現代社会では難しい問題です。日本の歴史をさかのぼってみても、皇族と市井とは一線を画してきました。だからこそ、国の象徴であり、その存在に敬意を抱いたり、励まされたりする国民はたくさんいるのですから。

では、なぜ佳子さまはこのようなご発言をされたのでしょうか?実は、同時に次のようなコメントもされています。

メディア等の情報を受け止める際に、情報の信頼性や情報発信の意図などをよく考えることが大切だと思っています〉

つまり、眞子さまと小室氏のご結婚に関する一連の激しいメディア報道への批判です。

佳子さまは、大学を卒業されて、ご自身の将来についても考えられた節目だと思います。そんな中、皇族として生まれたことと、自分自身の意思や考え、とのギャップやジレンマに少なからず苦しんできたのではないでしょうか。そのお気持ちから、姉の眞子さまの問題に関して、ご自分と重ね合わせるように「一個人」「気持ちが重要」という言葉が含まれたのではと察します。さらに、メディアが「皇族は一般国民とは違う」と言いながら、「散々、報道にさらされているわたしたちの人権も考えてほしい」というご主張を暗にしたかったのではないでしょうか。

佳子さまの発言について、ネットの反応は?

皇族であれば一個人の問題ではないことだけは確かだね。多くの国民の祝福がない中で、何で国民を無視すること言っちゃったのかしら?

 

皇位が秋篠宮家に移るのは大変心配です。家庭教育がなっていない。

 

自由に生きたければ皇室から出るしかないかと思います。皇室で生きるという事は覚悟が必要です

 

もうすぐ皇位継承順位1位と2位になられる方がいる筆頭宮家の内親王とは思えない発言に唖然です

 

一個人とは一般国民の立場においていう表現であり、皇室の方が使うべき表現ではありませんよね(中略)秋篠宮の御教育が間違っていませんか

 

国民のことをまるで考えていない思慮の浅い言葉でした。悠仁様は、大丈夫なのか。

と、皇族としての考えの浅さや秋篠宮家の教育問題にまで及ぶ発言が数多くみられます。が、一方で「支持派」や「これからの皇室のあり方を考えるべき」の意見も。

後の億を超える人々は佳子さまの発言に違和感はないのではないでしょうか。寧ろ、平成と違う開かれ方の皇族に期待もしているのではないでしょうか。

 

皇族としての使命を全うするか… 人としての意思を貫くか… 皆さま、どう思います? ディカプリオ版…「ロミオとジュリエット」みたい。と本心で…

 

人としては真っ当 ただ天皇制とはそういう犠牲の上に成り立っている制度… 税金で~とか、単純にいちゃもんつけてるやつは… まぁ言い分もわかるから、廃止案も良いと思うよ? 俺は絶対に存続派!象徴としての天皇陛下には感謝しかない。

個人的には、「皇室であるゆえにご発言に気を付けるべき」という批判もわからなくもないですが、同時にこのような炎上や一連の報道を見ていると「皇室にはプライベートもプライバシーも許されないのだろうか…」と考えされます。

スポンサーリンク

まとめ 佳子さまの炎上発言の理由は、眞子さまの結婚賛成と一個人という言葉

いかがでしたでしょうか?

佳子さまのICU卒業にあたっての、記者からの質問のご回答の内容に関して、炎上や批判が殺到しています。その理由は、眞子さまのご結婚について問われた質問で、「当人の気持ちを尊重するべき」と眞子さまと小室氏の結婚を支持したことと、「一個人としての希望」という発言が「皇室らしからぬ」と言われていることでした。

世間では、批判的な意見だけでなく、「これからの皇室の在り方を考えていくべきでは?」という意見も見られます。これをきっかけに多くの人々が、皇室の在り方やさらには皇族についてのメディア報道、プライバシーの保護などについても考えていくきっかけになればと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)