【画像】古賀陽子は超美人画家!経歴や大学は?個展開催予定も|あいつ今

3月4日放送の番組「あいつ今何してる?」に超美人の画家・古賀陽子さんが登場。

古賀さんは、その美貌だけではなく、経歴や功績もスゴイといいます。

さらに2020年に開催される個展の予定も調べてみました。

スポンサーリンク

【画像】古賀陽子が「あいつ今何してる?」に登場!

東京都知事・小池百合子らを輩出した兵庫の進学校・私立甲南女子中学校・高等学校で…教師陣が絶賛した天才美女!“絵から出てきたような美少女”で、“他の人にはない圧倒的な絵の才能”を持っていたという天才は今?アート

美術教師をうならせる実力で、「上靴へのアート」をきっかけに英国の名門美術大からスカウトされたというが…現在を調べてみると、アカデミー賞ノミネート作品の(秘)製作過程に日本人でただ一人携わっていた!?

この天才美女とは、画家の古賀陽子さんです。

古賀陽子(こがようこ)

生年月日:1986年 現在31歳

出身:兵庫県西宮市出身

出身中学・高校:私立甲南女子中学校・高等学校

古賀さんは、甲南女子中・高時代に「上靴へのアート」がきっかけで、イギリスの名門芸大「The University College for the Creative Arts(現UCA芸術大学)」 へ。

経歴は次の通りです。

◆2005年-2006年 イギリスのThe University College for the Creative Arts(現UCA芸術大学) にてファインアート、デザイン、版画など美術全般の基礎を学ぶ

◆2008年-2009年 イタリアのAccademia di Belle Arti di Firenze(フィレンツェ国立美術大学)にてファインアート、解剖学を学ぶ

◆学業と並行してマドンナーラ(ストリートペインティング)活動を行う

◆2010年-2013年  イタリアのRussian Academy of Art in Florence(現Florence Academy of Russian Art)にて古典的なロシアの技術に基づく油絵、ドローイング、解剖学、構図を学ぶ

主に、イギリスとイタリアで様々な絵画手法を学んでいます。

気になるのは「解剖学」ですが、画家として体表解剖学や比較解剖学に関心を持ったレオナルド・ダ・ヴィンチの影響なのでしょうか?

また、絵を学びながら、ストリートペインティングの活動もされていたようです。

現在は、兵庫県西宮市を拠点に国内外で活動中ということです。

古賀さんのインスタグラムから作品を引用させていただきましたが、圧倒的に女性を描くことが多いようです。

力強いタッチと繊細な色使いがとても素敵です。

【画像】古賀陽子はアカデミー賞ノミネート作品に参加

古賀陽子さんが関わった、アカデミー賞ノミネート作品は映画『ゴッホ~最期の手紙~』でした。

ゴッホの死の真相を全編動動く油絵で構成。

なんと125名の画家による62450枚の油絵がアニメーションになっているのです。

古賀さんは、日本人で唯一このプロジェクトに画家として参加。

参加画家は、5000人以上の応募のなかから50倍の倍率を乗り越え採用されたそうです。

応募のきっかけは、お母様が朝の情報番組『あさチャン!』で世界のニュース見て知ったこと

今は、デジタルで絵を描く仕事はありますが、手描きの油絵の仕事ってほんとうにないので、なんとか自分の手描きの油絵で仕事がほしいと思っていたら、まさにそういう仕事でしたし、映画の制作に携われるってすごいなと思って、応募を決めました。

2016年の5月、ポーランドに採用試験を受けにいき、トレーニングという名の二次試験を受け、採用に。そのままポーランドに残って絵を描くことに。

なんと、ここで学んだ「解剖学」が役に立ったそうです。

採用試験では主人公の青年アルマン・ルーランのアップを描いて受かったので、イタリア留学中に勉強した解剖学が役に立ったのかなと思います。人物の表情の流れは筋肉や骨に添っているもので、人体を描くときに、骨格や筋肉を把握した上で描くという勉強が活きたのかなと思います。

作業は週5~6日で3ヵ月。油絵のアニメーションということで、一コマ終わってもまた同じ絵の連続。早送りで見ても大変そうです。

ご本人いわく、技術的にはもちろん、精神的な大変さがあったといいます。

例えばカラスを黒で描いていても、途中で「やっぱり青にして」と言われて、前のコマに戻って泣く泣く描きなおしたりしたのは精神的に疲れました。

教会のシーンを任されたときは、ゴッホの「オーヴェルの教会」をとにかく模写をしていたんですが、「似ているだけじゃだめ、かすれ具合まで同じにして」と言われて苦労しました。

気が遠くなるような作業ですね。それだけに、完成を見たときは嬉しかったそう。

物語のなかに自分のシーンが入っているのを観て感慨深いものがありました、カットされてない!って(笑)。苦労してきたので、愛着が半端なかったです。

メイキング映像もありました。とても美しい映画に仕上がっています。

その経験を活かして、2017年には ゴッホ《恋人たちのいるラングロワの橋》全図復元プロジェクトの復元画家も担当しています。

スポンサーリンク

【画像】古賀陽子の最新個展情報は?開催時期や場所も

そんな古賀さんの絵画を生で見てみたいものですね。

2020年の個展開催予定情報がありました。

古賀陽子 個展2020

古賀陽子 個展(仮)

企画 FLORE Artist Gallery

2020年11月20日(金)〜12月1日(火)

作家在廊日|終日

場所|FLORE Artist Gallery 神戸市中央区山本通 1-7-9ブーミン北野  1F

最寄り駅|JR三ノ宮駅西出口徒歩8分 阪急神戸「三宮駅」東出口徒歩8分

阪神神戸三宮西出口徒歩5分 東海道新幹線新神戸駅車5分

神戸・北野坂にある120㎡の大型ギャラリーで個展を開催致します。

*詳細が決まり次第更新致します。

詳しくは古賀さんのHPへ

11月なので少し先の予定になりますが、ご本人も終日在廊ということ。直接お話できるチャンスですね。

スポンサードリンク

【画像】美人画家・古賀陽子の経歴や大学は?個展開催予定も|あいつ今

3月4日放送の番組「あいつ今何してる?」で紹介された画家・古賀陽子さん。

若干31歳で、アカデミー賞ノミネート作品の制作に携わり、才能を発揮しています。

2020年には個展もあるようなので、ぜひ生で古賀さんの作品と、ご本人にもお会いしたいものです!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!