カズヒロ(辻一弘)メイク作品まとめ|アカデミー受賞『顔激変画像』凄い!

米国時間の2月9日に開催された第92回アカデミー賞授賞式で、日本出身のカズ・ヒロ(辻一弘)さんがメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞しました。

カズ・ヒロさんは2度目のアカデミー賞受賞。その技術は世界的に評価されています。

スポンサーリンク

カズ・ヒロ(辻一弘)がアカデミー賞2度目の受賞!

カズ・ヒロさんがメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞した作品は、シャーリーズ・セロンとニコール・キッドマン、マーゴット・ロビーというハリウッド3大女優の豪華競演でも話題を呼んでいる映画『スキャンダル』です。

全米最大テレビ局「FOXニュース」の実話スキャンダルの裏側を赤裸々に描いた作品で、シャーリーズ・セロンがプロデューサー兼、主演として実在する売れっ子キャスターのメーガン・ケリーを演じています。

カズ・ヒロさんは今回の受賞に次のようなコメントを寄せています。

◎カズ・ヒロによる受賞コメント
非常に光栄です。アカデミーのメンバーの皆様方に対して、感謝申し上げたいとおもいます。(個人名数名の羅列)、チーム全員感謝します。また、友人や家族の人たち、サポートしてくださった方に感謝いたします。リック・ベイカー、ディック・スミスに感謝しています。

それから、シャーリーズ・セロンさん! 本当に素晴らしい方でした。素晴らしい俳優でもあり、素晴らしいプロデューサーでもあります。非常に思いやりと愛情をもって、このプロジェクトを可能にしてくれたわけです。情熱を燃やすことができたので、メイクにおける新しい推進というものを確立できたわけです。本当に有難うございました。あなたナシでは受賞できなかったはずです。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200210-00033127-rolling-movi

【画像】カズ・ヒロが『スキャンダル』でシャーリーズ・セロンの顔激変!

映画『スキャンダル』での、メイクアップは毎回、約3時間に及んだといいます。

カズ・ヒロさんはシャーリーズ・セロンさんのメイクの難しさについて、こう語っています。

「難しいのは、2人がどんな顔をしているかを皆が知っていることです。…もしメイクが半ばケリーさんだったら、人々は『セロンの顔に何かついてる』と思われてしまいます。だから、完全に変身する必要があったのです。また、メイクは最低限にしたかったんです。メイクを厚くすると、演技がしにくいからです。だから、最も重要な部分以外は減らしました」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200210-00010009-huffpost-int

驚いたのは、ヒロさんは、セロンさんの鼻を大きくしてキャスターのメーガン・ケリーさんに近づけるために、3Dスキャナーとプリンターを使い、特注の「鼻栓」を作っていたこと!

セロンさんの頭の3D鋳型をとり、セロンさんとケリーさんの特徴と違いを綿密に研究した結果だそうです。

撮影が始まってからも、瞼や顔につけたシリコンなどの微調整は続き、セロンさんは目の色を濃くするカラコンも装着していました。

▼特殊メイク ビフォーアフター

左がシャーリーズセロンさんの素顔、右がメーガンさんに扮したセロンさん。

メイクだけでも印象がだいぶ違いますが、たしかに鼻が横に広がり大きくなっています。

▼メーガン・ケリーさんご本人の写真

画像引用元:https://www.mashupreporter.com/

確かに、メーガンさんご本人も鼻に特徴があります。似ています!この再現力はスゴすぎますね。

なんとメーガンさんの息子さんが、映画のポスターを見て、シャーリーズ・セロンさんを「お母さん」だと思ったとか!

【画像】辻一弘は作品は『ウィンストン・チャーチル』でも特殊メイクを!

実は、カズ・ヒロさん、アカデミー賞でメイク&ヘアスタイリング賞を受賞するのは2回目!

1度目は2018年で、ゲイリーオールドマンを特殊メイクでチャーチルそっくりに仕上げたウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』での受賞でした。

画像引用元:https://freelifeofkite.com/archives/961

とても同一人物とは思えません!

映画評論家の町山さんも、カズ・ヒロさんの素晴らしい技術を賞賛していました。

なんと、ヒロ・カズさんはゲイリー・オールドマンさんから「(メイクが)あなたでなければ出ない」と直々に熱いオファーを受けたそうです。

英語での動画ではありますが、カズ・ヒロさんのメイク技術が国際的に評価されていることはわかります。

もうメイクというよりは、芸術の範疇です。皮膚の質感はちょっと鳥肌が立つぐらいです!

スポンサーリンク

カズ・ヒロ(辻一弘)のメイク作品は?

そんなカズ・ヒロさんが関わった他の作品をご紹介します。

メン・イン・ブラック(1997年)

PLANET OF THE APES/猿の惑星(2001年)

『もしも昨日が選べたら』(2006年)

この作品で1度目のアカデミー賞ノミネートに。

『マッド・ファット・ワイフ』(2007年)

この作品で2度目のアカデミー賞ノミネートに。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年)

2017年公開のアメリカ映画。人間の女性と恋に落ちる半魚人の目のデザインを手がけたそうです。

スポンサーリンク

カズ・ヒロ(辻一弘)の経歴は?ディック・スミスに師事

カズ・ヒロ Kazu Hiro

生年月日 1969年5月25日(50歳)

出生地 日本 京都府京都市

国籍 アメリカ合衆国

 

カズ・ヒロさんは京都府京都市出身でロサンゼルス在住。

子供の頃に『スター・ウォーズ』を見て映画に興味を持ちます。

その後、ディック・スミスの特殊メイクによるリンカーン大統領に衝撃を受けてメイクアップアーティストを志すように。

自分の顔にリンカーンのメイクを施し、直接手紙を送ったといいます。

こちらがディック氏で、左は2018年にアカデミー賞受賞した際に、師匠に送ったカズ・ヒロさんの作品です。

2019年3月に日本国籍を離れて、米国の市民権を取得。名前を辻一弘からカズ・ヒロ(Kazu Hiro)に改名。

世界で第一線で活躍するカズ・ヒロさんにも日本に対するいろいろな思いがあったのでしょう。

また、カズ・ヒロさんは現代美術の作品も発表し、ニューヨークの美術展に出品もしています。

スポンサードリンク

カズヒロ(辻一弘)メイク作品|アカデミー受賞『顔激変画像』凄い!

第92回アカデミー賞授賞式で、日本出身のカズ・ヒロ(辻一弘)さんがメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞しました。

カズ・ヒロさんは2度目のアカデミー賞受賞。そんなカズ・ヒロさんの作品や経歴をまとめてみました。

映画『スキャンダル』を見る楽しみがまたひとつ増えました。日本公開がとても楽しみです!カズヒロ『日本を捨てた』発言に衝撃?アメリカ帰化の理由に納得の声

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!