北陸新幹線の台風19号被害できっぷ払い戻しは?運転再開や復旧いつ?

大きな影響を及ぼした2019年の台風19号。

猛烈な雨風により千曲川が決壊。

その影響で、JRは北陸新幹線「かがやき」と「はくたか」の運転をしばらく見合わせると発表しました。

運転休止なった電車の切符払い戻し方法と、運転再開はいつなのか調べてみました。

スポンサーリンク

北陸新幹線が千曲川氾濫で水没!切符払い戻し方法は?

北陸新幹線「かがやき」「はくたか」は台風19号の影響で、12日午後から運転を取りやめ、13日の昼頃から再開する予定でしたが、13日終日も「東京-富山」間で運転休止を発表。

なお金沢・富山間を走る「つるぎ」は13日の始発から通常運転しています。

きっぷの払戻方法は次の通りです。

「かがやき」「はくたか」払い戻し方法

【区間】北陸新幹線 東京駅~富山駅間

▶すでにお手持ちのきっぷの払戻し・有効期間の変更等については無手数料で手続きを行います。

▶券面記載の旅行開始日時までに駅にきっぷをお持ちください。

▶インターネット予約の場合は、エクスプレス予約もしくはe5489にログインし、ログイン後のトップページの案内をご覧ください。

JR西日本サイト

スポンサーリンク

2019年台風19号被害!北陸新幹線の運転再開や復旧はいつ?

現在の状況について、JR西日本が次のように発表しています。

北陸新幹線は、台風19号通過後の安全確認の結果、設備の損傷が見つかり、修繕に相当な時間を要することが分かったため、東京駅~富山駅間で始発列車より終日運転を見合わせます。このため、「かがやき号」「はくたか号」は終日運転を取り止め、富山駅~金沢駅間の「つるぎ号」のみ運転を行います。

引用元:https://trafficinfo.westjr.co.jp/h_shinkansen.html#00296853

修繕にかかる日数などは発表されていませんが「相当な時間を要する」と明言。

13日昼に運転再開のめどを立てていましたが、蓋をあけてみたら被害が相当だったという状況のようです。

千曲川の氾濫により、一部路線が水没してしまっています。

現在のところ、明確な復旧・運転再開日時は発表されていませんが、発表されしだい、ここに追記します。

また、JR西日本では臨時列車の運転も発表しています。

金沢→富山方面

つるぎ902号

【運転区間】金沢駅~富山駅間

【運転時刻及び停車駅】

金沢駅:8時48分発

新高岡駅:9時02分発

富山駅:9時11分着

【座席区分】自由席:1号車~4号車指定席:5号車~7号車グリーン車:11号車

※8号車~10号車、12号車はご利用になれません

富山→金沢方面

つるぎ901号

【運転区間】富山駅~金沢駅間

【運転時刻及び停車駅】富山駅:9時32分発

新高岡駅:9時41分発

金沢駅:9時55分着

【座席区分】自由席:1号車~4号車指定席:5号車~7号車グリーン車:11号車

※8号車~10号車、12号車はご利用になれません

スポンサードリンク

まとめ 北陸新幹線の台風19号被害できっぷ払い戻しは?運転再開や復旧いつ?

日本全国に大きな爪痕をのこした台風19号。

各地での被害が報じられえいますが、現在のところ、北陸新幹線でも「東京-富山」間の運転が休止していることがわかりました。

きっぷの払戻については、駅またはインターネットの操作からできるそうです。

修繕には「相当な時間」を要すると発表されていますが、具体的な運転再開日時がわかりしだい追記します。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!