【名古屋シティマラソン2020】中止で返金や払い戻しは?いつ発表?

3月1日開催予定だった東京マラソンが、新型コロナウィルスの感染拡大を懸念して一般参加を中止に。

国内ランナーには、参加料は返金しないことを発表しました。

もし、名古屋シティマラソンも新型コロナウィルスの影響で中止になった場合、参加料はどうなるのでしょう?

【追記】

2月20日名古屋シティマラソン一般参加の中止が発表されました。参加料や完走賞の詳細は下記に明記しています。

スポンサーリンク

【名古屋シティマラソン2020】新型コロナウィルスで中止?

【追記】

2月20日名古屋シティマラソン一般参加の中止が発表されました。参加料や完走賞の詳細は下記に明記しています。

 

2月17日、東京マラソン一般参加中止発表を受けて、名古屋シティマラソンの事務局でも開催可否を協議中とのことです。

東京マラソンが一般ランナーの出場を中止したことを受け、事務局には報道機関や参加を予定している市民ランナーの関係者から多数の問い合わせがあった。事務局は、なるべく早く結論を出し、早急に発表するとしている。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200217-00010036-chuspo-spo

2020年2月7日の時点で、名古屋シティマラソン2020の公式HPでは、新型コロナウィルスへの対応について、次のようなコメントを発表しています。

マラソンフェスティバル ナゴヤ・愛知実行委員会事務局では名古屋ウィメンズマラソン2020および名古屋シティマラソン2020の主催者として、最新の情報収集に努めながら関係機関と協議を行い、具体的な対応策等を検討しています。

刻一刻と状況が変動する中で適切な対応を行うため、共催者である公益財団法人日本陸上競技連盟、中日新聞社、愛知県、名古屋市及び関係行政機関と連携を強化し、安全・安心な大会開催に向けて準備を進めているところです。

現在のところは、一般参加の中止などは発表されていませんが、1週間前開催予定だった東京マラソン一般参加中止の決定は、名古屋シティマラソンの開催にも影響を及ぼしそうです。

【名古屋シティマラソン2020】中止決定はいつ?

【追記】

2月20日名古屋シティマラソン一般参加の中止が発表されました。参加料や完走賞の詳細は下記に明記しています。

 

名古屋シティマラソンは、名古屋はもちろん、遠方やアジアを中心とする海外からも多くのランナーが参加しています。

もし、中止ということになれば、交通機関や宿泊施設などを予約済みのランナーへの経済的負担も大きくなるため、直前の発表というわけにはいかないでしょう。

3月1日開催予定だった東京マラソンの一般参加中止が、2月17日と約2週間前に決定されました。

それを考えると、3月8日に予定されている名古屋シティマラソン2020のについては、2月24日前後には開催可否の発表がされるのでは?

問い合わせが殺到しているということですから、それより早まる可能性もあります。

最新情報が入り次第、追記します。

【名古屋シティマラソン2020】中止で返金や払戻しは?

【追記】

2月20日名古屋シティマラソン一般参加の中止が発表されました。参加料などの詳細は下記の通りです。

ハーフマラソン・クオーターマラソン・チャレンジランのランナーへ参加賞(チャリティーエントリーはチャリティーTシャツも)を送ります。

また、オンラインマラソン(※1)を用意し、完走したランナーにはオンライン版完走証を送ります。

なお、参加料の返金は行わず、2021年大会の出走権はありません。

チャリティーエントリーの寄付金は予定通り寄付されます。

→詳しくは公式HP

※1オンラインマラソン…専用スマートフォンアプリを使用し、実際の距離を走るマラソンイベント。場所を選ばずにどこからでも参加することができるので、密集することなく感染症のリスクを抑えることができます。世界各国から参加するランナーの環境を考え、開催期間・ルールなど実施詳細を検討しています。3月2日までに登録方法含め、詳細をご案内いたします。なお、今回実施するオンラインマラソンは、名古屋ウィメンズマラソン2020一般の部および名古屋シティマラソン2020にエントリーしたランナーのみが参加できます。

参加料の返金や払い戻しは?

 

万が一、新型肺炎の影響で名古屋シティマラソン2020が中止になった場合、参加料などはどうなるのでしょうか?

【参加料】

一般 8850円

チャリティー 13850円

公式HPには、中止の際の参加料について、次のような記載があります。

主催者の責によらない事由で大会が中止となった場合、参加料の返金は行いません。

ちなみに、東京マラソンのエントリー規約では、主に自然災害およびそれに伴うコース通行不可能の場合については払い戻しの対象としていますが、感染症などの中止理由については触れていませんでした。

「関係当局より中止要請を受けた場合」は、参加費を返金するとありましたが、今回はそれに該当しなかったため、返金はされません。

名古屋シティマラソンについても、おそらく感染症防止のための大会中止は「主催者の責によらない事由」となり、返金や払い戻しがされない確率も高いと思われます。

参加賞のTシャツやタオルは?

万が一、大会が中止になった場合、参加賞はどうなるのでしょう?

東京マラソンをはじめ、自然災害などで中止になった多くのマラソン大会では、Tシャツやタオルなどの参加賞は後日送付するところが多いようです。

名古屋シティマラソンでも、参加賞はもらえる可能性が高そうです。

翌年の出走権は保証される?

また、東京マラソンでは、今回限りの措置として、翌年の東京マラソン2021に出走することを可能と発表しています(別途参加料の入金が必要)

名古屋シティマラソンも毎年抽選が行われるほどの人気大会ですから、翌年の出走権保証は期待できるかもしれません。

名古屋シティマラソンの開催可否、中止になった対応などについては、発表されしだい追記します!【名古屋ウィメンズ2020】中止でティファニーや返金どうなる?

【名古屋シティマラソン2020】中止の可能性に残念や賛成の声も

スポンサードリンク

【名古屋シティマラソン2020】中止なら返金や払い戻し?いつ発表?

3月1日開催予定だった東京マラソンの一般参加中止を受け、3月8日開催予定だった名古屋シティマラソンでも開催可否の協議がされています。

もし、コロナウィルスの影響で中止ともなれば、必至に練習をしてきたランナーの方にとっては本当に残念なことに。

情報が入り次第、追記していきます!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!