『世界に一つだけの花』配信停止か?ヒルナンデス曲は?槇原逮捕で悲鳴!

驚きのニュースが飛び込んできました。

歌手の槇原敬之さんが2月13日、覚醒剤取締法違反の疑いで警視庁に逮捕されたというのです。

槇原さんの逮捕の影響は?

スポンサーリンク

槇原敬之(マッキー)覚せい剤取締法違反で逮捕!

ニュースでは、マッキーこと槇原敬之さんの逮捕が速報で流れています。

歌手の槇原敬之容疑者(50)が13日、覚せい剤取締法違反の所持の疑いで警視庁に逮捕された。

としか報じられておらず、逮捕された場所など詳細についても公表されていません。

詳しいことがわかりしだい、追記します。

槇原さんは、1999年に覚せい剤所持・MDMA所持で逮捕されています。

その際には、本人がファンや関係者に向けて「多くの方達に取り返しのつかないご迷惑をかけてしまい、お詫びする気持ちをどう表現して良いかわかりません。潔く罪を認め、いかなる処分も受けなければならないと思っております」とコメントし、謝罪。

その後は、12月8日に 懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受け、「寛大な判決が下りました今も、法を犯すことの重大さを痛感いたしております。今後は、絶対にこの様な事を起こさないことを、堅くお約束いたします」とコメントし、ミュージシャンとしても復帰を果たしていました。

マッキー薬物逮捕の影響は?『世界に一つだけの花』やキムタクアルバムどうなる?

前回の逮捕では、1999年9月から予定されていたコンサートツアーの中止やレギュラーラジオ番組の打ち切り、CDが発売元のレコード会社によって店頭から回収されたということ。

このときファンがCDを買いに走ったために、過去の作品の売上が伸びるという現象も起こっています。

今回の逮捕での影響はどうなってしまうのでしょうか?

復帰後の2003年、自身が作詞・作曲し、SMAPに提供した「世界に一つだけの花」は槇原さんの代表曲ともいえる曲。

売上200万枚以上を記録。その後も伸び続け、2016年のSMAP解散に伴い300万枚を突破するほどの名曲ですが、前例を踏まえると今回の逮捕で配信中止になる可能性もあります。

さらに、槇原さんは、2020年の1月8日に発売になった木村拓哉さんのソロアルバム『Go with the Flow』にも、「UNIQUE」の作詞・作曲・編曲で携わっています。

槇原敬之さん自身も昨年10月にデビュー30周年を迎え、カバーベストアルバム「The Best of Listen To The Music」をリリースするなど、アニバーサリーイヤーの企画を展開。

今年3月4日には、他のアーティストへの提供楽曲をセルフカバーしたアルバム「Bespoke」をリリース予定でした

夏には30周年の集大成となるオールタイムベストアルバムをリリース予定で、秋冬にはツアーを開催することも告知されていたといいます。

30周年記念サイトには、こんな直筆メッセージを寄せていたのですが…

「槇原、おかげ様で30周年を迎える事となりました!これもひとえに皆様の応援があったからこそ。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ここから1年以上の期間にわたって、リリースやコンサートなど、いろいろ企画しておりますので、どうか、お楽しみに~!!!」

ヒルナンデスのテーマ曲は?

槇原さんは、日本テレビの情報バラエティー番組「ヒルナンデス!」のオープニング、エンディングテーマ曲も手掛けています。

「昼 昼 昼なんです」のフレーズが印象的な「LUNCH TIME WARS」は変更されるようです。

それらの発売・配信はどうなってしまうのでしょうか?情報が入り次第、追記します。

スポンサーリンク

マッキー薬物逮捕に『悲鳴』続出!

スポンサードリンク

まとめ 槇原敬之の薬逮捕!カバーアルバムや『世界に一つだけの花』配信中止か

マッキーこと槇原敬之さんが覚せい剤取締法違反で逮捕されたことが報じられました。

この逮捕により、槇原さんの名曲を聴くことができなくなるのでしょうか?

自身のアルバムだけでなく、さまざまなアーティストに曲を提供している槇原さん。今後の展開が気になります。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!