【悲報】ジャニーズファンの迷惑行為が招くツアー中止より最悪な事態とは?

2019年5月19日Hey!Say!JUMP」が2007年のデビュー以来、続けてきたアリーナ会場でのコンサート開催を今年度は見送ることを公式サイトで発表しました。その原因は、一部ファンによる公共交通機関での迷惑行為の影響とみられています。

その発表に対して、ネットなどにはツアー中止にがっかりする声や、「一部のファン」を非難する意見が多数寄せられています。

たしかに、一部のファンの節度ないマナーのために、せっかく楽しみにしていたライブが見られないというのは、とても残念なことです。しかし、ジャニーズのアイドルたちを悩ませるファンの迷惑行為が、ライブやツアーの中止だけでなく、もっと最悪な事態につながるという恐れもあるというのです。

今回は、その「最悪な事態」について調べ、まとめてみました。

スポンサーリンク

アリーナツアー中止の原因は、ジャニーズファンのマナーの悪さ!

Hey!Say!JUMPのツアー中止の際には、ジャニーズ事務所の公式サイトでこう発表されていたようです。

公式サイトでは「この数年メンバーからも直接のお願いをさせて頂いておりましたが、ツアー移動時に一般のお客様に対して多大なご迷惑をお掛けする状況が改善に至らなかった」と説明。また「全国各地での開催を望むメンバーにとりましては苦渋の決断であり、全員が強く来年以降の全国ツアー再開を希望しております」とした。

引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/16483837/

このツアー移動時についての迷惑行為については、事務所側も再三注意をしていたようです。

先日も、ジャニーズ事務所では『公共交通機関利用マナーに関するお願い』として、「ルールを守って応援してくださる多くのファンの皆様とルールを守っていただけない方とのマナーの差はひらく一方でございます」と厳しい現状を伝え、「私共はルールとマナーを守ってくださる皆様に喜んで頂けることを最優先とさせていただく方針に代わりはございませんが、一般の公共交通機関を利用されるお客様にご迷惑をお掛けする続くことに対して何らかの対応を取らざるを得ないと考えております」と注意喚起していた。

引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/16483837/

では、具体的には迷惑行為とはどんなことなのでしょう?ホームページで公開されている迷惑行為にはこんなものがありました。

  • 飛行機、新幹線でタレントに近い席を取り、立ち上がって覗き込む行為
  • タレントに故意にぶつかったり、抱きついたりする行為
  • スタッフに向けてエアガンを発砲する行為

え?エアガンですか?これは犯罪になりかねないのではないでしょうか?もし、自分が仕事などの移動で新幹線や飛行機にのっていて、周りでこんなことをされたら、いい気分にはなりませんよね。

昨年9月には、KING&PRINCEの出待ちファンが、仙台駅で彼らの乗った新幹線に殺到し、発車が7分間遅れるというトラブルが発生したそうです。発着時間の正確で世界的にも有名な日本の新幹線を7分も遅らせるとは!まさに恐るべしです。ファン同士ならまだしも、大勢の一般の人を巻き込んでしまった迷惑行為。遅延だけでなく、万が一ケガなどさせてしまったら…とジャニーズ事務所もかなり神経を尖らせていたゆえに、今回の決断に至ったのだと思います。

今回のHey!Say!JUMPのツアー中止の発表には、ファンの間からもこんな声があがっています。

https://twitter.com/candytreentame2/status/1130726731076136960

ほんとうに、一部のファンの心無い行動で、きちんとマナーを守っているファンの方が悲しい思いをするのは理不尽だと感じます。

スポンサーリンク

八乙女光や高木雄也もジャニーズファンの迷惑行為を注意!

このファンのマナーの悪さや、迷惑行為については、ジャニーズで活躍するメンバーも心を痛めています。

「2017年8月の時点で、メンバーの八乙女光はJohnny’s webのグループ連載『JUMPaper』内でファンマナーに関する注意喚起を綴っていたのですが、同9月の横浜アリーナ公演では会場の周りにチケットを持たないファンが殺到し、近隣に迷惑をかけていたことが報じられてしまいました。これを受け、高木雄也も同月末のラジオ番組『Music Bit』(FM OH!)で『(当時、初公演を控えていた)和歌山がね、最初で最後にならないように』と、迷惑行為によって会場が不使用になる懸念があることを匂わせたんです」(芸能プロ関係者)

しかし翌18年のツアー中も、八乙女は同連載内で「新潟からの帰りの東京駅、マナーの悪い人が多かったです」などと苦言を呈していた。

「この時、八乙女は『ライブの開催自体を考え直す』と述べていましたが、その後も一部ファンの“暴走”は収まらず、今年1月にもメンバーが利用した空港や飛行機内でのトラブルが報告されています。その結果、ジャニーズは今年のツアー中止という、目に見える形での“制裁”を下すに至ったのです」(同)

引用元:https://www.cyzowoman.com/2019/05/post_233711_1.html

駅や空港、新幹線や飛行機の中で騒ぎが起これば、一般の人たちはどう感じるでしょう?迷惑行為を起しているファンはもちろん、その行為への不快感や嫌悪感はそのタレントやグループ本人にも向けられますよね。ジャニーズのメンバーはなにも悪いことをしていないのに、ジャニーズというブランドやグループのイメージを傷つけることにつながってしまうのは、かわいそうです…。

ジャニーズファンの迷惑行為が招く最悪な事態とは?

さらに一部のジャニーズファンの迷惑行為は、もっと深刻な事態を招いているようです。

それが、過剰ともいえる熱心なファンからの付きまとい行為。ストーカーともいえる行為にジャニーズのメンバーが“耐えられない”と悲鳴を上げるケースが多くなっているそうです。

関係者もこうコメントしています。

「精神的に追い詰められ、それが“アイドル”という職業を辞める原因になってしまうこともありますからね」

芸能記者の体験談もちょっと怖いです…。

例えば、引っ越したばかりのジャニーズタレントを、仕事終わりに自宅まで追跡取材する。何とか家まで追いかけることに成功すると、すでに数人のファンがそこに居るということを、何度か経験したことがある。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190521-00010000-friday-ent

事務所がタレントの移動のために飛行機や新幹線を予約すると、すぐにその便が満席になるという現象が起こることもたびたびあったそう。どこから自宅や交通機関の情報が洩れるのかとても不思議ですが、熱狂的なファンの情報収集力や横のつながりは想像を絶するほどという話です。一部熱狂的ファンの付きまとい行為はどんどん過激化しています。

これ、普通に考えたら悪質なストーカー行為ですよね。もし、そんな付きまといを受けたら、警察に相談するという人がほとんどではないですか?

そんな付きまとい行為に、事務所としては所属タレントの大量離脱につながると危機感を強めたのでしょう。まだ発表していないとはいえ、満席が当たり前の全国ツアーを中止するというのは、何十億円という利益を捨てるということ。それでも、ここで中止という決断をすることで、迷惑ファンに警告しなければ、多くの所属タレントが精神的に潰れてしまうという、切羽詰まった状況にまで追い詰められているということでしょう」(前出・芸能プロ関係者)

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190521-00010000-friday-ent

そう、ジャニーズ事務所が本当に恐れていたことは、熱狂的ファンによる迷惑行為のストレスでタレントがつぶれてしまうということ。全国ツアーを中止すれば、甚大な損失をもたらしますが、それ以上にタレントが事務所をやめてしまうことのほうが深刻です。

実際、2018年11月には関ジャニ∞のメンバーの大倉忠義さんがブログで、カバンの中に物を入れられたり、食事に行くと特定のファンが付いて来るなどの迷惑行為を挙げた上で、《そろそろ限界だ》と、悲痛な叫びを上げていたそうです。

同じようにファンの行為に精神的・肉体的な苦痛や疲労を感じているメンバーも少なくないのではないでしょうか?

楽しみにしていたツアーやライブが中止になって悲しんでいるファンも多いと思いますが、きっと一番つらいいのはファンの方々に会うのを楽しみに、日頃から歌やダンスのレッスンに励んできたご本人たちなのではないでしょうか?

このままファンによる迷惑行為を続けると、どのジャニーズのライブも中止・延期になり、推しのアイドルに会えなくなっちゃう!のも心配ですが、もっと事態は深刻なのかもしれません。

自分たちのために多くの人に迷惑をかけてしまった、歌やダンスを披露する、ファンと交流する場を奪われてしまった、そんなアイドルたちが次に考えるのは、ジャニーズ事務所からの退所、他事務所への移籍、最悪の場合は休業や活動休止、引退…ということもありえるかもしれません。

そんな最悪な事態を招かないためにも、「一部ファン」の方々にはこれまでの行動を見直し、改善してほしいです。事務所や他のファンから指摘されるのではなく、自ら気づき、反省することが、今後のジャニーズへのなによりもの応援になるのではないでしょうか?

スポンサードリンク

まとめ ジャニーズファンの迷惑行為が招くツアー中止より最悪な事態とは?

いかがでしたでしょうか?

「Hey!Say!JUMP」がデビュー以来続けてきたアリーナ会場でのコンサート開催を今年度は見送ることが発表されました。

その原因は、ツアー移動中の度重なる一部ファンの迷惑行為だと言われています。事務所やタレントからは、なんども注意警告をされていたにも関わらず改善が見られなかったため、今回の決断に踏み切りました。

さらに、熱狂的ファンからの付きまとい行為も過激化し、タレントたちに苦痛を与えているようです。今後、このようなツアー移動中の迷惑行為や付きまとい行為が続けば、ライブが見られなくなるだけでなく、タレントの退所や活動休止なども招きかねないと関係者が語っています。

今回のツアー中止はショックでしたが、これをきっかけに一部ジャニーズファンのマナーが改善されることを願っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!