【画像】カラテカ入江の闇営業には誰が?単独解雇はなぜ?理由がヤバイ!

驚きのニュースが入ってきましたね。

よしもとクリエイティブ・エージェンシーがお笑いコンビ、カラテカの入江慎也さんとの契約を解消していたというのです。その原因は、2014年12月に開かれた振り込め詐欺グループの宴会に、吉本興行の芸人さんたちを仲介したという「闇営業」

その場には数人の芸人さんたちがいたといいますが、なぜ、カラテカ入江さんだけが解雇されたのか不思議に思いました。

そこで、今回はその「闇営業」の模様と、なぜカラテカ入江さんだけが解雇されたのかと言う理由をまとめてみました。

スポンサーリンク

カラテカ入江の振り込め詐欺グループとの関係は?

解雇の背景は、2015年6月に摘発された大規模振り込め詐欺グループと入江さんが繋がっていたこと。このグループが2014年12月27日に都内のホテルで開いた忘年会に吉本興業の芸人を仲介・派遣したというのです。

その宴会は、2015年に主犯格として逮捕された大野春水氏の誕生日会だったそうで、主だったメンバー50~60人で、ホテルの宴会場を貸し切りにしていました。

入江さんは、そのグループが詐欺集団だったことを知っていたようです。パーティーに参加したメンバーが証言しています。

「入江とグループの幹部は忘年会の前から知り合いでした。そのよしみで入江に『芸人を忘年会に呼んでくれ』と頼み、ギャラも入江を通じて支払ったみたいです。芸人一人につき、100万円は払ったと思いますよ。
入江が俺たちのことを詐欺グループと知っていたか? 間違いなく知ってましたよ。幹部のなかには酒癖の悪い奴がいて、酔うと自分たちが詐欺で稼いでいることをベラベラしゃべっていましたから」

引用元:https://friday.kodansha.co.jp/article/51918

もし、この証言が本当であれば、入江さんは、どんな集団のどんなパーティーかを承知で芸人をあっせんしたことになりますね。

ただ、入江さんご本人は「知らなかった」と言っているということですから、この証言とは食い違います。しかし、他の芸人を連れていくからには、「どんなグループのどんなパーティーか」という内容は確認する必要があったのではないでしょうか?

カラテカ入江の闇営業の忘年会にいた芸人は誰?

それでは、その闇営業の忘年会には、誰が出席してたのでしょう?サプライズゲストとして呼ばれたのは、次の方々でした。

  • 雨上がり決死隊・宮迫博之
  • ロンドンブーツ1号2号・田村亮
  • レイザーラモンHG
  • ガリットチュウ・福島善成 など

 

入江さん自身は司会を担当したということです。そのときの写真がこちらです。

「くず」の「全てが僕の力になる!」を熱唱する宮迫さんとガリットチュウ・福島善成さんですね。

 

司会をする入江さんとロンブーの亮さんですね。

 

これはだれがどう見ても…レイザーラモンHGさんですね。

 

この楽しそうな写真で、マイクを持つ宮迫さんの右隣りに映っているジャケットの男性が詐欺グループの主犯格だったそう。

スポンサーリンク

カラテカ入江だけが解雇の理由は反社会的行動?

吉本サイドは、宮迫さんをはじめとした芸人たちに「厳重注意処分」を科したといいますが、本来禁止されているはずの闇営業に参加していたということから、ネット上では「なぜ入江だけが契約解消に?」という疑問の声も出ているようです。

実は、その理由は「反社会的行動」にありました。

「同誌には、芸人たちには1人あたり100万円のギャラが支払われていた、という証言も出ていましたが、直撃取材を受けた宮迫は、入江の仲介だったことは認めつつ、『ギャラは受け取ってない』と回答。これが事実であれば、入江は数百万円を自分のポケットに入れたことになり、そしてその出どころが『詐欺グループの資金』となると、入江のやったことは『反社会的行動』と言えます。入江に重い罰が科されたのは当然でしょう」

引用元:https://www.cyzowoman.com/2019/06/post_237309_1.html

なるほど…もし、本当に芸人1人につき100万円をもらっていたとしたら、すくなくとも400万円をあらかせぎ。さらに、そのお金が詐欺グループの資金と知っていて、自分のポケットマネーにしていたということですから、闇営業をしたというだけでは済まされません。真実なら、他の芸人よりも会社としては罪は重いと感じますね。

吉本興業は入江さんを「契約解消」したと説明していますが、実質的に“解雇”に等しい処分を下したようです。

入江さんは、会社を経営する社長でもあり、その人脈の広さが有名。『友達5,000人芸人』とのキャッチフレーズで、その人脈を駆使したビジネス展開を行い、大々的にアピールしていました。

「自身が代表を務めるコンサルティング会社『イリエコネクション』を設立したのもこの時期で、入江は『ビジネスマン』と『吉本芸人』の二本柱で活動していた。しかし、人脈を広げる中で『気付かぬうちに反社会勢力ともつながってしまった』という言い訳は通用しないでしょう」(テレビ局関係者)

引用元:https://www.cyzowoman.com/2019/06/post_237309_1.html

入江さんやカラテカ、相方の矢部さんの今後については、現段階で公式発表は行われていません。

芸人として、社長として積み上げていたキャリアや人脈を失いかねない今回の解雇。今後の動向が気になります。

スポンサードリンク

まとめ カラテカ入江の闇営業には誰が?単独解雇はなぜ?理由がヤバイ!

よしもとクリエイティブ・エージェンシーがお笑いコンビ、カラテカの入江慎也さんとの契約を解消していたことがわかりました。その原因は、過去に振り込め詐欺グループの宴会に、吉本興行の芸人さんたちを仲介したという「闇営業」。

その闇営業には、宮迫さんなどの芸人が参加していましたが、契約解消、実質解雇されたのは入江さんだけでした。その理由は、闇営業のあっせんだけでなく、詐欺グループの資金から出された出演料を自分のポケットマネーにした反社会的行動でした。

今後の入江さんの活動は発表されていません。動向が気になるところです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

【文春】カラテカ入江の人脈自慢で一番の大物は誰?白鵬も闇営業?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)