行列しても食べたいフジロックの絶品フェス飯10選。値段やエリアも

フジロックの魅力。それはもちろん、音楽、自然…そしてフェス飯です!

会場内・外合わせて、無数の(有数でしょうが、数え切れません)お店が出店していて、どれもこれもほんとうに美味しそう。

なにを食べていいのか、目移りしてしまいます。そこで、とても個人的ではありますが、NOBICOがこれまで試した中で、「これはうまかった!」というフジロックご飯10選をご紹介します。

メニュー、値段、食べれるエリアを表記していますが、年によって値段もメニューも出店場所も変更がある可能性があるので、今年については事前にフジロック公式サイトでチェックしてみてくださいね。

 

発表!美味しいフジロックご飯10選

ジャスミンタイのグリーンカレー700円/オアシスエリア

値段 ★★☆

行列の長さ ★☆☆

夏っぽさ ★★★

やっぱりフェス飯の定番といったらなんといってもカレーでしょう!初日に会場のゲートをくぐって、最初のフードエリア「オアシス」をぐるりと見渡して、「まずはとりあえずなにを食べるかな」というときに、真っ先に目に入るのがこれかな。カレーといってもインド、ネパール、欧風などいろいろありますが、かーっと晴れた夏の日に合うのは、やはり爽やかに辛いタイカレーなのではないでしょうか?

 

元祖越後もち豚串 500円/オアシスエリア

値段 ★☆☆

行列の長さ ★☆☆

フジロックぽさ ★★★

フジロック名物といえば、「もち豚」でしょう。その場で焼いているので、もくもくと立ちのぼる煙も食欲をそそります。500円しますが、なかなかのボリューム。片手で食べられるのもフェス向きですね。がぶりとかぶりつけば、ジューシーな肉汁が!フジロックに行ったら、ぜひ食べてほしい一品です!

 

苗場食堂 とろろめし400円と豚汁300円/オアシスエリア

値段 ★★☆

行列の長さ ★★☆

やさしさ ★★★

フェス中って、どうしても油こいものを食べがちです。そろそろ胃腸が疲れたな…と思い始めたときに、ぴったりなのがこの組み合わせ。わたしは、だいたい3日目の朝ごはんぐらいにこの「定食」を食べてますね。「日本人に生まれてよかった~」と思わず声が出るやさしさ。身体にやさしいフェス飯なのです。

 

天国バーガー 700円/ところ天国

値段 ★★☆

行列の長さ ★★☆

天国ぽさ ★★★

グリーンステージからホワイトステージに向かう手前にある「ところ天国」。小川が流れていて、みんな裸足になって水と戯れているまさに「天国」のような場所。そのところ天国のフードエリアの名物といえば、天国バーガーではないでしょうか。冷たい水に足を浸しながら食べるハンバーガー。そんなシチュエーションが人生にあったでしょうか?まさに天国気分を味わえる一品なのです。

 

クイーンシーバ ロッカーズプレート 900円/ワールドレストラン

値段 ★★☆

行列の長さ ★★★

がっつり度 ★★★

エチオピア料理って食べたことありますか????おそらく「ない」と答える方が多いのでは?毎年、ワールドレストランで人気なのが、このクイーンシーバです。いつの時間も長蛇の列ができているというイメージがあります。その中でも、とにかくがっつり気分のときは、このロッカーズプレート!サフランライスの上には、巨大ソーセージ、牛肉、骨付きカルビ、鶏の串焼きがどどーんと。気合入れて観たいライブの前に食べると元気でます!

 

1066のフィッシュ&チップス 700円/ワールドレストラン

値段 ★★☆

行列の長さ ★☆☆

おやつっぽさ ★★★

UKバンドも多数出演するフジロックですが、UKの名物も楽しめるのがフジロックです。ちょっと小腹が空いたな~というときにぴったり。おなじみ白身魚のフライとフライドポテト。揚げ物なのでくどそうに見えて、ビネガーをかけると意外にするりと食べられちゃいます。ささっと食べられるのもGOODですよね。

 

SAKURAGUMI のマルゲリータ 1500円/フィールド・オブ・ヘブン

値段 ★★★

行列の長さ ★★★

ピッツァ度 ★★★

これ、最初食べたとき、びっくりしちゃいました。本格的な窯で焼いた、まるで専門店で食べるようなピザ…というよりピッツァなのです。いろんな種類がありますが、やっぱりシンプルマルゲリータが一番!フジロックのフェス飯の中でも大人気なので、お店の前はいつも長蛇の列です。狙い目は朝いち早めの時間だと思います。お値段もちょっと高めですが、大きめなので2人でシェアしてみてはいかがでしょうか?

 

ラムチョップバーベキュー 300円/フィールド・オブ・ヘブン

値段 ★☆☆

行列の長さ ★☆☆

おしゃれ度 ★★★

こんな山奥でラムチョップなんておしゃれなものが食べられるなんて!しかも1本300円って破格じゃないですか?フジロックって入場ゲートから最奥のステージまで往復してると平気で10キロとか歩いちゃいます。とにかく体力勝負。なので、どうしてもお肉が食べたくなるんですよね。「どんぶりまではいらないけど…」というときに、骨付き肉がこの値段で買えるのは嬉しい限りです!

 

博多白天のとんこつラーメン 600円/パレス・オブ・ワンダー

値段 ★☆☆

行列の長さ ★★☆

罪悪感 ★★★

先日、ご紹介したパレス・オブ・ワンダーはフジロックの無料エリア。夜10時ごろから朝までめいっぱい遊べてしまうのです。そして…夜中に食べたくうものといえば…ラーメンですよね!わたしも、毎年食べています。気温が下がって、すこし肌寒くなってきた午前1時に食べるとんこつラーメンのうまいこと!多少、罪悪感を感じても、踊ってカロリー消化すればよいのです!今年も必食フェス飯です。

 

ZARAMEのフジロックドーナツ 400円/キャンプサイト

値段 ★☆☆

行列の長さ ★★☆

オリジナル度 ★★★

キャンプサイトに出店しているZARAME。味わえるのは、キャンパーの特権です。フェス中って、無性に甘いものが食べたくなることありませんか?わたしはあります。フジロックドーナツとは、その名の通りフジロックでしか食べられないフレーバー。ラズベリー味でした。コーヒーと食べる朝のドーナツしあわせです!

 

まとめ フジロックのもう一つのベストアクトはフェス飯!

いかがでしたか?

思い出しながら書いているだけでもよだれが…。最近のフェス飯ってほんとうに美味しいし、その中でもフジロックのごはんのレベルはものすごく高いいのです。

次はなにを観よう…次はなにを食べよう…そんなことだけを考えていればいい3日間。本当に夢のよう。

今年もぜひ、フェス飯をチェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)