簡単!おいしい!経済的!テントサイトで楽しむ「自炊キャンプ飯」

最近では、テントサイトにバーベキューセットやコンロなどを持ち込める音楽フェスも増えています。

昨年参加した朝霧JAMでは、会場からすこし離れたふもとっぱらキャンプ場でオートキャンプを楽しみました。

もし、そんな環境が整っているなら、仲間と「キャンプ飯」をつくるのも楽しいかもしれません。

「今日はそんなに見たいアーティストもないしのんびりするか」なんて日には、温かい料理を囲んで、テントサイトで音楽話をするのも贅沢な過ごし方!

でも、本格的なバーベキューや手のこんだ料理は、準備も片付けもめんどくさいですよね。

そこで今回は、少ない調理器具や調味料で簡単にできる。そんな「キャンプ飯」のレシピをご紹介します。

 

フェスで楽しむ、簡単おいしいキャンプ飯レシピ

インスタ映えもばっちり本格ローストビーフ

え?キャンプにローストビーフ?と驚いた方もいるかもしれませんね。しかし、これがものすごく簡単なのです。

【だいたいの作り方】

①常温に戻した牛もも肉かたまり500gぐらいに、塩コショウ、にんにく、あればローズマリーなどをすりこんで少し置く。

②フライパンで各面を2~3分ずつ中火で焼いて、そのあと蓋をして5~6分(ときどきひっくり返して)。

③アルミホイルに包んで30分ぐらい置いておけば完成!

★そのフライパンに醤油、みりんなを加えてでソースをつくってもいいし、わたしはめんどくさいので市販のステーキソースを使っています。

お肉は、和牛じゃなくてもオージービーフなどで充分おいしいです。

簡単なのに見た目が豪華なので、けっこう場が盛り上がりますよ。ベビーリーフなどを添えればインスタ映えもばっちり

余ったらサンドイッチにはさんだり、細かくカットしてチャーハンにしたり。応用がききます。

 

フライパンひとつでペペロンチーノ

パスタって、別鍋でゆでたあと、フライパンで他の材料と炒め合わせるのがけっこう面倒ですよね。

このレシピなら、フライパンひとつでできちゃうし、包丁さえも使いません。

【だいたいの作り方】

①フライパンにオリーブオイルとニンニク、赤唐辛子を入れて中火で炒める。ここにじゃこやツナなどを入れるとちょっと豪華に!

②半分に折ったパスタ(1人分80g)と水(250~300cc)を加えて、パスタが適度な硬さになるまで火を通す。(味をみて塩コショウを追加)

③あれば、小葱や大葉、バジル、塩昆布などをアクセントにして、完成!

ちょっと小腹が空いたなーというときに便利なレシピです。人数に合わせて、パスタと水の量を調節してください。

テキトーなので、ばっちりアルデンテにするのは難しいかもしれませんが、青空の下で食べればおいしいはず!

「ワンパンパスタ」で検索すれば、いろいろなバリエーションのレシピが見つかりますよ!

 

寒い夜はラーメン鍋

雨の日や夜などは、夏といっても気温がぐっと下がります。身体をあたためるためにも、鍋ものなんていかがでしょうか?

【だいたいの作り方】

①袋ラーメン2、3袋ぐらいのスープを分量の水で溶かして、鍋のスープに。味が足りなければ、醤油、みそ、塩コショウなどで調整。

②まずは、野菜、きのこ、肉、ウィンナー、冷凍餃子など、なんでも好きな具で鍋として楽しみましょう。

③いろんな食材から、いい出汁が出たところで、ラーメンの麺を投入!(もしあれば)卵でとじれば完成!

これも鍋がひとつあれば、できちゃいます。ラーメンでも、うどんでも、そばでも、スープがついているものならなんでもOK!

キャンプの最終日につくれば、余った食材を使いきれるので経済的でオススメですよ。

 

まとめ テントサイトで腕をふるうのも楽しい

いかがでしたか?

最近のフェス飯は、とてもおいしいし、メニューも充実しているのですが、たまにはテントサイトでゆっりつくって食べるのもいいものです。

お財布にも優しいし、野菜もたっぷりとれますから身体にも優しい!

次回以降も、簡単でおいしいレシピを紹介しますので、音楽フェスはもちろん、キャンプでもつくってみてくださいね。

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)