【画像】國母和宏フルボッコ事件から現在も反省ナシ?大麻いつから?

驚きのニュースが入ってきました。

バンクーバーオリンピック日本代表でプロスノーボーダーの国母和宏選手が、大麻取締法違反の疑いで逮捕されたというのです。

國母和宏(こくぼかずひろ)さんといえば、フルボッコ事件を思い出しますが、あれから彼は変わっていなかったのでしょうか?

そして、大麻の所持や使用はいつからなのでしょう?

スポンサーリンク

【動画】国母和宏の腰パンフルボッコ事件とは?

國母さんは、2006年のトリノオリンピックに17歳で出場し、予選敗退。

しかし、その後の2010年のバンクーバーオリンピックへも出場を果たします。

2回連続出場で注目を浴びますが、それが思わぬ「騒動」につながってしまいます。

その原因になったのは、カナダのバンクーバーへ出発するときのこの写真。

他の選手たちと成田空港へ現れた國母和宏さんは、日本選手団のスーツを個性的に着こなしていました。

ゆるめたネクタイ、裾を出したシャツ、そして腰パン…。

スポーツ選手というよりは、アーティストやシンガーという赴き。

この姿を見た人から、日本オリンピック委員会と全日本スキー連盟には「日本人としての自覚が足りない」と多数の苦情が殺到。

それに対する國母選手の言動が火に油を注ぎ、さらなる大きな騒動「フルボッコ事件」に発展していまいます。その経緯は…

  • バンクーバーでの記者会見で、出国時の服装の件について問いただされた國母和宏さんは「チッうっせーな…」と呟き「反省してま~す」と明らかに反省していない調子で返答。
  • これをテレビのマイクが鮮明に拾ってしまっていた
  • 日本中から大バッシング。オリンピック代表でありながら、国民から「フルボッコ」に。
  • 全日本スキー連盟(SAJ)は国母選手の大会そのものへの出場を辞退させる意向を示した。
  • しかし、聖子団長の判断で競技には出場することを決定。
  • 開会式参加だけを自粛することでなんとか収まった。

そのときの動画もありました。反省しているようには見えませんね…。

そんな國母選手のピンチを救ってくれたのは、自らも元アスリートだった橋本聖子団長でした。

この決定を受けて、当時、國母選手もコメントを発表していました。

いろいろな方々にご心配とご迷惑をおかけしてすいませんでした。応援してくれる方々のために雪の上でいい滑りができるよう頑張る。責任を重く感じています。
引用元:https://web.archive.org/web/20100215184818/http://www.sponichi.co.jp/sports/flash/KFullFlash20100213016.html

しかし、実は心の底からは反省していなかったようで、のちのインタビューではこのように語っていました。

当時、服装の乱れを批判されたことに対しては、「なんでだよ」ではなく「だろうな」と思っていたそうだ。「えーって思うほどバカじゃない。学校でも制服を着崩していたら注意されるじゃないですか。ただ、日本代表じゃなくて、俺はプロスノーボーダーの國母和宏として行ってたから。そこを変える気はなかった」。

引用元:http://skippbeat.hatenablog.com/entry/2017/02/04/124423

国母和宏は現在も反省ナシで逮捕?大麻はいつから?

フルボッコ騒動から9年。

また、よからぬニュースで登場してしまった國母選手。

バンクーバーオリンピック日本代表でプロスノーボーダーの国母和宏容疑者(31)が、厚生労働省麻薬取締部に大麻取締法違反の疑いで逮捕されたことがわかった。

引用元:https://www.fnn.jp/posts/00048843HDK/201911061342_FNN_HDK

國母さんの大麻使用はいつからだったのでしょう?

ニュースでは次のような容疑内容が報じられていました。

去年、アメリカから国際郵便で大麻を送り日本に密輸した疑いがもたれていて、11月6日午前、東京・千代田区の厚労省麻薬取締部に出頭し、逮捕された。

引用元:https://www.fnn.jp/posts/00048843HDK/201911061342_FNN_HDK

アメリカから国際郵便で大麻を送った容疑が「去年」ということですから、少なくとも去年から大麻の所持は始まっていたようです。

大麻の使用に関しては、その前なのか、後なのか?もしくは使用自体は認めていないのかはまだわかっていません。

フルボッコ騒動後のソチ五輪では、スノーボード男子ハーフパイプで銀メダル獲得した15歳の平野歩夢選手と、銅メダルを獲得した18歳の平岡卓選手のクニカルアドバイザーとして、國母選手がこの快挙を後押ししたという報道が各種スポーツ紙などでされました。

いろいろと言われてきましたが、スノーボードの実力は確かだった國母選手。それだけに残念です。

スポンサーリンク

国母和宏の逮捕にネットの反応は?

保釈の際の会見でも「反省してまーす」とか言ったら笑う。マリファナだし,普通は起訴(初犯なら執行猶予付き)まではいくだろう。

アメリカで生活してた筈では?と思ったらオフシーズンは日本で生活してるそうな向こうにいる感覚で日本でも吸おうと思ったんやろうね。何で持ち込めると思ったんだ

こいつに関しては、なるようになったなという感想しか無い。真面目に取り組む他のアスリートが気の毒。

見た目は悪いが実際は、悪い事をやってそうでやってない本当は、とっても良い子てえ言うなら判るが見た目の悪い人が悪い事をやってそうでやってたてぇ!そのまんまやん!ダメダメじゃん!

國母和宏(こくぼかずひろ)のプロフィール

名前:國母和宏(こくぼ・かずひろ)

生年月日:1988年8月16日

出身地:北海道石狩市

身長:164cm

ワールドカップ優勝(2005年)
世界選手権2位入賞(2007年)
アジア競技大会優勝(2007年)
ユニバーシアード優勝(2009年)
NZオープン優勝(2009年)
2010年バンクーバーオリンピック8位入賞

スポンサードリンク

まとめ 國母和宏はフルボッコ事件から現在も反省ナシ?大麻はいつから?

11月6日、プロスノーボーダーの國母和宏選手が大麻取締法違反の疑いで逮捕されました。

國母選手は、あのフルボッコ事件から変わっていなかったのでしょうか?

容疑は、去年、アメリカから日本へ大麻を郵送したということ。

若手養成に尽力していた國母選手だけに、とても残念なニュースです。

スノーボーダーといえば元メダリストの平岡さんも先日ひき逃げ事件を起こしています平岡卓の巨額投資スケートパーク閉鎖の理由は?父の懲戒処分と関係?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!