【文春】織田信成のモラハラ誰から?濱田美栄コーチの反論全文まとめ

10月3日発売の週刊文春が、関西大学アイススケート部監督を退任した織田信成さんが受けた「モラハラ」疑惑について報じています。

そのモラハラの相手として、関大アイススケート部の濱田美栄コーチの名前を挙げ、「反論」を取材しています。

その内容をまとめました。

スポンサーリンク

【文春】織田信成モラハラ誰から?騒動の相手は濱田美栄コーチ!

そもそも、この騒動の発端は九月二十九日、織田信成さんがアップした〈関西大学アイススケート部監督辞任について〉と題するブログでした。

織田さんは、2017年4月に母校・関西大学のアイススケート部監督に就任していますが、2年半後の今年9月9日付で突然、退任を発表。

その理由について、大学側からは「多忙のため」と報じられました。

しかし、織田さんは〈多忙を理由に監督を辞任したわけではなく、リンク内で私に対して嫌がらせやモラハラ行為があり、その影響で今年春頃から体調を崩すようになり、辞任するまでの三ヶ月間リンクに行く事が出来なくなった〉と主張したのです。

そして、そのモラハラの「相手」が濱田美栄コーチだと報じています。

濱田美栄コーチとは、宮原知子選手や紀平梨花選手を育てた超ベテラン。日本フィギュア界では名コーチと呼ばれている大御所で、番組「情熱大陸」でも特集されているほど。

大学関係者によると、学生を指導するのはあくまでコーチであり、監督の主な仕事は大会への帯同などで、指導をすることは滅多にないといいます。

そのため部内で発言権が強いのはコーチで、中でもキャリアが長い濱田コーチは絶大な権限をもっているという部の現状を語っています。

大学側への織田さんの「反論」についてはこちら織田信成が受けたモラハラ嫌がらせ内容は?監督退任理由がツイッターに?

スポンサーリンク

【文春】織田信成にモラハラ?濱田美栄コーチの反論内容全文まとめ

濱田コーチは記者の直撃を受けていますが、なんともあっけらかんな様子。

(モラハラの容疑者が)私の名前になってんの!? もうショックやわ。そう言ってる人いるんや。全く話し合う場もなかったから、行き違いがあったんかな……」

大学関係者によると、織田信成さんと濱田コーチの衝突および「モラハラ」の内容は次の通りだといいます。

  • 就任一年後くらいから織田さんはスケート部の体質に疑問を持ち始めた。
  • 特に問題視したのが、スケート部所属の学生の学業がおろそかになっていること。
  • 文武両道を掲げる関大では成績の基準を設けている部活がある(たとえばサッカー部は半年で十五単位以上取得できない学生は試合出場が制限される)
  • 織田さんは、スケート部も成績の基準を設けた方がいいと、今春から部則を変えようと動いていた。
  • しかし、それが関大スケート部の女帝こと、濱田コーチの逆鱗に触れた。
  • 濱田コーチは『練習する時間がなくなる』などと何日も繰り返し、織田さんの挨拶を無視。
  • 織田さんは、今年三月頃から傍目にもわかるほど、憔悴。

この経緯だけ聞くと、織田さんの主張は間違ってるとは思えませんが。ましてや、関大は織田さんの母校。

「関大イズム」を継承しようと、部の改革を英断したということでしょう。

これに対して、濱田コーチはこう反論しています。

  • 勉強が大事という、織田君の考えには賛同。
  • ただペナルティありきではなくて、勉強ありきが一番望ましい
  • 学生たちが不安に思って、私たちコーチに相談に来た。
  • 成績足りなくて試合に出られなかったらかわいそうじゃないですか。
  • 挨拶し忘れたことはあったかもしれないけどモラハラはしてない。
  • (織田さんは多忙を否定しているが)いやいや、元々彼はリンクにいませんよ。今年からではなく初めから。
  • 織田さんが今も四回転を跳べるのは、それだけ練習しているってこと。その分、監督の時間はとれない。
  • 解説者もタレントもやって、片手間で監督やるのは大変
  • でも織田君は関大の看板やから戻ってきて欲しいし。
  • 私自身、全然悪気ないんです。

この反論の途中で「間違ってます?私(笑)」という一言も。

濱田コーチはあくまでもスケートが優先。長年の実績やプライドもあると思います。

やんわりと織田さんを肯定しながら、自分の意見はしっかり主張する。その態度の継続が、織田さんのメンタルにダメージを与えてしまったのでは?

この反論内容について、織田さんの所属事務所に取材してみると…

  • 織田さんが指導方法と部則の改定をしようとしたこと、濱田コーチとの間に意見の相違があったことは事実。
  • モラハラ行為について具体的には答えられない。
  • 織田さんは芸能活動とリンクでの指導も両立、監督就任後は休日返上で指導にあたってきた。

両者の言い分はどこまでも平行線です。この騒動が収まることはあるのでしょうか?

濱田美栄コーチ プロフィール

濱田美栄 プロフィール

読み方 はまだ みえ、

生年月日 1959年10月29日 (59歳)

出身 京都府京都市

学歴 京都市立藤森中学校、京都市立日吉ヶ丘高等学校、同志社大学卒業

家族 夫、娘

もともとはフィギュアスケーターとして活動していたが、同志社大学卒業とともに引退。

コーチへと転身し、京都醍醐FSC及び関西大学アイスアリーナでコーチを務めました。

教え子には2015年世界選手権銀メダリストの宮原知子や2004年四大陸選手権優勝の太田由希奈をはじめ、神崎範之、澤田亜紀、北村明子、金彩華、村元小月、村元哉中、木原万莉子、加藤利緒菜、本田真凜、白岩優奈、紀平梨花などがいます。

スポンサードリンク

まとめ 【文春】織田信成モラハラ誰から?濱田美栄コーチの反論全文

10月3日発売の週刊文春では、織田信成さんが受けたモラハラについて、関大アイススケート部の濱田美栄コーチを直撃しています。

濱田さんは、モラハラしたつもりはなく、ただの意見の食い違い。織田さんは多忙で監督を続けられなかった状態だったと反論。

一方で事務所は、あくまでも織田さんが芸能活動と監督業務を両立させていたと主張していますが。

両者の意見が真っ向から対立する、モラハラ疑惑。部員の学生のことを考えても、1日でも早く解決してもらいと願います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!