【画像】井村久美子の出産秘話がスゴい!子供を産む直前まで?|消えた天才

2019年6月23日(日)にTBSで放送の「消えた天才」では陸上選手・末續慎吾(すえつぐしんご)さんが勝てなかったという“天才美女”が登場します!

【画像】末續慎吾のシミはいつから?原因は日焼け以外にタバコや病気?

え?末續さんが勝てなかった?しかも女性?ということで興味津々。その方は、井村久美子さんという女性だとわかりました。

そこで、今回は末續慎吾さんが勝てなかった天才少女、井村久美子さんはどんな人で、現在はどうしているのか?さらに出産のときのおもしろエピソードもまとめてみました!

スポンサーリンク

消えた天才で末續慎吾が勝てなかった天才美女は井村(池田)久美子!

「消えた天才」の番組中では、井村久美子さんのことをこんなふうに紹介しています。

200mの日本記録保持者・末續慎吾。そんな末續は小学生時代、全国大会で活躍する走り幅跳びの選手だったが、 天才美女の跳躍を見たことで、走り幅跳びの道を諦め、短距離へ競技転向した。

引用:https://www.tbs.co.jp/kietatensai/

あの末續さんに「トラウマ、桁違い」と言わせて、競技転向させた「天才美少女」とは井村久美子さんです。

 

井村久美子さんプロフィール

名前:井村 久美子(いむら・くみこ)
旧姓:池田 久美子(いけだくみこ)

現役時代愛称:イムクミ(イケクミ)

生年月日:1981年1月10日(38歳)
出身地:山形県酒田市
身長:166cm
体重:53kg

種目:走幅跳、100m障害走

自己ベスト:走幅跳 : 6m86 (2006年)
100mH : 13秒02 (2007年)

井村久美子さんの祖父は、1940年東京オリンピック(中止になった大会)の陸上競技男子110mハードルで日本代表候補だった池田彌選手です。さらに、父は元仙台育英高等学校陸上競技部コーチの池田実さんという陸上界のサラブレッドという感じです。

小学生の頃から実力は驚異的で、6年生で走り幅跳び5m18という記録を出しています。

中学時代には1年生の時に12歳年齢別世界記録となる5m97を記録して、全国中学校体育大会陸上競技女子共通走幅跳でも優勝。3年生では走幅跳び・100mハードル・100mジュニアハードルの3種目で日本中学記録を樹立しています。

中学卒業後は、日本大学山形高等学校から仙台育英学園高等学校を経て福島大学卒業後、2008年11月までスズキ陸上競技部に所属、その後も現役選手を続けましたが2013年に引退を表明しています。

2006年に走り幅跳びで6メートル86の日本記録。同年、ドーハでのアジア大会で日本人36年ぶりの金メダル。100メートルハードル日本歴代2位の記録も保持。

記録とは関係ありませんが、写真で見ると腹筋がとても美しい!美女アスリートですね。

末續さんとは、その後、学生時代も親交があり、パリ世界選手権200mで末續選手が銅メダルを獲得した際には、井村さんも感涙したそうです。

スポンサーリンク

井村(池田)久美子の夫は井村俊雄!イムラアスリートアカデミー設立!

井村久美子さんは、現在、どうしているのでしょうか?

2008年11月、鈴鹿サーキットでレース運営の仕事に携わっていた2歳年下の井村俊雄さんと(棒高跳で高校総体2連覇、大学選手権優勝の元陸上選手)と結婚。スズキの退社も生活拠点が移ったのが理由でした。

井村俊雄さんプロフィール

1982年生まれ
血液型: O型
出身地: 兵庫県西宮市
出身高校: 明石市立明石商業高校
出身大学: 筑波大学

2013年には、夫とともにジュニア世代を中心にしたアスレティックトレーニングクラブの『イムラアスリートアカデミー』を設立し、井村久美子さんも自ら講師を務めています。

井村久美子さんは、ご主人のことをこんなふうに話していますよ。

「主人が休みのときにコーチをしてくれていたんですが、主人も高校と大学で日本一になっているので、主人には主人のやり方、私には私のやり方があって。ふだんは仲いいのに、陸上の話になると、もうすぐにケンカ(笑)。2人でメンタルトレーニング・カウンセリングを学んで、お互いうまくコーチングできるようになりました」

引用元:https://news.livedoor.com/article/detail/14814112/

スポンサーリンク

井村久美子の出産秘話がスゴい!子供を産む直前まで?

そして、井村久美子さんは2017年に女児を出産しています。お母さんなんですね。

その出産前のエピソードが、井村さんらしくておもしろいです。

アカデミーでは講師として、中学生を中心としたジュニアの子どもたちに指導をしている井村さん。自分のお父さんから教えられたことを大切にしながら、日々、熱心に子供たちに教えているようです。

そして、実はグラウンドでの指導は出産直前まで続いたそう。なんと、妊娠7か月くらいまで小走りで幅跳びを跳んでいたというのですから、びっくりです(転んだら大変!)

さらに、臨月に入っても指導を続ているうちに、ちょっと跳んでみたくなったそう(転んだら大変!)

そして、周りのみんなが「やめなよ」と止めたのを振りきって、ちょっと跳んでみたのです。すると、その夜に陣痛が来て、出産したそうです。

つまり、井村久美子さんは、子どもを産む寸前まで跳んでいた!ということです。

無事に産まれてよかったです。本当に、陸上や幅跳びへの愛が伝わってくるエピソード。

娘さんも、両親の血を引いて運動神経がよさそうですから、陸上選手への道を歩むのでしょうか?楽しみですね。

スポンサードリンク

井村久美子の出産秘話がスゴい!子供を産む直前まで?

2019年6月23日(日)にTBSで放送の「消えた天才」では陸上選手・末續慎吾(すえつぐしんご)さんが勝てなかったという“天才美女”、井村久美子さんが登場します。

井村さんは、現在は結婚相手の井村俊雄さんとイムラアスリートアカデミーを設立。自ら講師を務めています。

さらに2017年には女児を出産。そのときの、出産直前エピソードが井村さんらしいですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

陸上美女といえば、壹岐いちこさんもかわいいです!4/13炎の体育会TV|立命館陸上女子の壹岐いちこがかわいい【画像】立命館大学女子陸上部の壹岐いちこの妹あいこもかわいい【画像】

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!