雅子様が涙ぐむ動画!嵐の歌に感動?祝賀パレードでも涙の理由【画像】

11月9日に皇居前広場でに開かれた、天皇陛下の即位を祝う「国民祭典」の祝賀式典。

その晴れやかな舞台で、オリジナルの曲を捧げた嵐の歌声に、雅子さまが涙したシーンが爽やかな感動を呼んでいます。

スポンサーリンク

【画像】雅子様が涙ぐむ動画!嵐の曲に感動?

11月9日に開催された式典。

芸能やスポーツ、経済界の著名人を含む約3万人が集まり、天皇、皇后両陛下は笑顔で祝福にこたえられていました。

式典は3部構成で、オーケストラの演奏、ピアニストの辻井伸行さんのピアノ演奏に続き、嵐の5人が登場。

ダークスーツに黒いちょうネクタイ姿で、深々と一礼した後、第3楽章の「Journey to Harmony」を披露。

その歌詞には、天皇陛下が水問題の研究をライフワークとしていることから「僕らの幸せも大河にすればいい」など、水に関連するフレーズが盛り込まれていました。

嵐のメンバーはいつものダンスを「封印」し、熱唱。

その楽曲や歌詞の壮大さや、オーケストラの素晴らしい演奏、さらに輝く月の光に包まれて、会場は厳かで温かい空気に包まれます。

さらに、最初はにこやかに笑顔で耳を傾けていた雅子様。

歌が終わったと同時に、涙をぬぐわれる姿が感動的でした。

さらに、動画もありました。

歌っていた櫻井翔さんも、そのお姿を見て、自身も泣きそうになったとか。

新しい時代の幕開けを感じさせる、本当にいい式典でした。

スポンサーリンク

【画像】雅子様が祝賀パレードでも涙を見せた理由は?

さらに、翌日執り行われた、即位を祝う祝賀パレードでもふたたび、雅子さまが涙を見せる場面も。

この日は、素晴らしい快晴。

雅子さまは、天皇陛下の隣で、にこやかな笑顔で手を振られていました。

しかし、雅子さまの目が潤んで、少しだけ赤くなった瞬間がありました。

それが、桜田門から国会議事堂正門前へと向かう道中のこと。

雅子さまは左側にお座りになっていたので、自然とお顔が向いた方向は…霞が関の「外務省」だったのではないでしょうか?

かつて、外務省でキャリアを積んでいた外交官時代。そのときの思い出や、皇室へお入りになるときのご決心。

天皇陛下との出会いやご成婚にいたるまでの道のり。

さらに、皇族になったことによる、さまざまなご苦労や、ご自身のご病気のこと。ご家族である愛子さまのこと。

すべてが、古巣「外務省」を目にすることで、昨日のことのようによみがえったのではないでしょうか?

雅子様、笑顔もとてもお綺麗でしたが、涙をぬぐうお姿に神々しいほどの美しさを感じて、感動が抑えられませんでした。

スポンサードリンク

【画像】雅子様が涙ぐむ動画!嵐の曲に感動?祝賀パレードでも涙の理由

11月9日10日は、日本中が新天皇の即位を祝う、祝賀ムードに溢れました。

両陛下の笑顔と、雅子様の涙に、国民一人一人が感動し、新しい時代の幕開けを感じたことでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!