乃木坂46『のような存在』ロケ地は青塚海岸!キスやガスマスクの意味は?

乃木坂46の23rdシングル「Sing Out!」のカップリング曲、齋藤飛鳥さん白石麻衣さんのユニット曲「のような存在」のミュージックビデオ(MV)が公開されて話題になっていますね。

齋藤さんが外に出ることができない男の子を、白石さんが家庭教師を演じています。外に出られない理由が心にあると思い、白石さんが齋藤さんの心を開いて家から連れ出そうと試みる…というストーリー。

齋藤飛鳥さんの美少年ぶりとまいやんのメガネ姿の美しさにうっとり。ふたりがいちゃいちゃしているシーンに思わずどきどきしちゃいました。

ところで、このミュージックビデオはどこで撮影されたのでしょうか?そして、気になったのが齋藤飛鳥さんが首から下げているガスマスクや溶けていく氷、ラストのキスシーンの意味。

そこで、今回は「のような存在」のMVのロケ地がどこなのか、ガスマスクや氷、キスの意味や解釈をまとめてみました。

スポンサーリンク

乃木坂46『のような存在』のMVロケ地はどこ?嵐ジャケ写と同じ青塚海岸!

白い部屋や海岸、白い建物が映っています。実はMV公開のニュース記事には、ロケ地は千葉県とありました。

3月下旬に千葉・九十九里浜で撮影されたMV

引用元:https://www.oricon.co.jp/news/2135483/full/

しかし、調べてみると「茨城県の青塚海岸では?」という噂もちらほら。MVの中に出てくるギリシャ風?の白い建物がとても印象的ですよね。しかも、「嵐のジャケット写真のロケ地とおなじ!」という声もありましたよ。

あ、ほんとですね。嵐が立っている白い建物と白飛コンビが踊っている場所はおなじに見えます。

https://twitter.com/AMNOS_akMIYA/status/929934000524705792

そこで、この白い建物はどこかを調査してみると、やはり茨城県の青塚海岸のスタジオということが判明しました。

スタジオイオス

場所:鹿嶋市青塚 1228

アクセス:東関東自動車道 潮来ICより20分

海外のリゾート地を思わせる貸しスタジオ。ギリシャのミコノス島のパラポルティアニ教会と、街なかの建物の特徴を取り入れてデザインされました。電線、民家などの影響を受けずに、海・空・グリーンぬけの撮影ができます。青い空と紺碧の海の広がる青塚海岸に建つスタジオイオスは、ドラマ・プロモーションビデオ・カタログ・写真集などさまざまな撮影の舞台となっています。
アンティークの家具、床材やドアも古いものを使用。1階の床は、フローリング部分とテラコッタ部分に分かれています。テラコッタはイタリア製。しっくいの壁は手塗りのため、自然な歪みが美しいフォルムをつくります。窓から見える風景も、リゾート地の雰囲気です。
2階のフロアは、フローリングの床、しっくいの壁。ベッドルーム風に家具がコーディネートされています。
屋上に設けられたドーム型のバスルームは、アンティークなシャワー、洋風のバスタブがセットされています。

主な撮影実績:テレビ朝日 「特捜戦隊デカレンジャー」 テレビ朝日「魔法戦隊マジレンジャー」 フジテレビ「楽譜びより」

参照元:http://www.ibaraki-fc.jp/location/149

この齋藤飛鳥さんがたたずむ大きな白い窓は、こちら。

後半でふたりが踊ってるシーンがこちら。

ほんとうに日本とは思えない素敵な風景ですね。一度、遊びに行ってみてはいかがでしょうか?

屋内や建物でのシーンは、この青塚海岸のスタジオイオスと判明しましたが、もしかしたら、ふたりが手をつないで走るシーンを九十九里浜で撮影したのかもしれませんね。

ガスマスクや氷の意味は?ラストシーンの白石麻衣のキスが印象的

このMVを見て、不思議に思ったのは齋藤飛鳥さん扮する美少年が首から下げているものはなに?ということ。よく見るとガスマスクでした。では、なぜガスマスク?

このストーリーで齋藤飛鳥さんの役の設定は「心になにかの問題を抱え、外に出られない男の子」。まさか、ほんとうに外気に触れたら死んでしまう…というわけではないでしょうが、自分と外の世界を遮断するもの、その象徴としてガスマスクを使ったのだと思われます。

MVの中でも、男の子が不安を感じるシーンではたびたびガスマスクに触れています。彼にとってはお守りのような存在。外=社会自分を傷つけるものから、身を守りたいという気持ちの表れかなと感じました。

ストーリー後半、ふたりが手をつないで海岸を走るシーンではガスマスクは男の子の首から外れています!心を開いた瞬間ですね。

一方でこのMVを担当した伊藤衆人監督の趣味という声も。たしかにガスマスクは独特ですよね。伊藤監督は乃木坂のMVを何本も手掛けています。メンバーからは「しゅーと」と呼ばれて親しまれているようですよ。スターウォーズなどの世界感がとても好きだそうです。なんとなくガスマスクもうなずけますね。

https://twitter.com/wpsodoru/status/1128571020258959360

MVの中ではも印象的に扱われていますね。冒頭、男の子が家庭教師と出会ったときに溶け始めた氷が映っています。さらに中盤ではふたりがひとつの氷に触れ合うシーンも。歌詞にもたびたび氷が登場します。歌詞の中で「愛って不思議だ 誰にもわからないよ 言葉なんかじゃ説明できないし 溶けて流れてなくなるし 想いはずっと消えないし」などの表現があるように、形があってないようなもの、変化して消えてしまうもの、つまり「愛」や「心」を表現しているのではないでしょうか。

そして、最後のまいやんが飛鳥さんに頬キスする衝撃的なシーン。男の子は遊び疲れて?寝ているように見えます。手には草?花のようなものを握っているので、きっと本当に外に出ることができたのでしょう。

白石さん扮する家庭教師は、男の子にキスをしてそっと去っていきます。ストーリーの中では、心を閉ざして外に出られなかった男の子の心を開き、「もう大丈夫。わたしの家庭教師としての役割は終わったから…」と去る設定。なんとなく想像したくはないですが、もしかしたら「あとはお願いね」と乃木坂を卒業していくまいやんの心情を表現したものなのかもしれませんね。

ちなみに、このMVにはふたりのアドリブ演技がたくさん含まれているそうですが、このキスシーンもアドリブだそうですよ!

さらに、このユニット曲の衣装の色について、「まいやん卒業説」が流れていたりします。

スポンサーリンク

乃木坂46『のような存在』のMVのメイキングは?

このとても美しくエモいMVを見て、「早くメイキングが見たい!」という声もたくさんあがっています。

たしかにアドリブ演技も多いということで、ふたりがどんなテンションでいちゃいちゃしていたのか裏側をぜひ見てみたいです!

テレビで放送されたメーキング映像の一部を見つけましたよ。

照れているふたりが、ほんとにカップルのよう。かわいすぎます。メイキングのフルバージョンが公開されるのが楽しみですね!

スポンサードリンク

まとめ 乃木坂46『のような存在』ロケ地は青塚海岸!キスやガスマスクの意味は?

いかがでしたでしょうか?

乃木坂46の23rdシングル「Sing Out!」のカップリング曲、齋藤飛鳥さんと白石麻衣さんのユニット曲「のような存在」のミュージックビデオ(MV)が公開されて話題になっています。

そのロケ地となった、白い建物は茨城県の青塚海岸にあるということが判明しました。

さらに、ガスマスクや氷が印象的に使われたMVのラストではまいやんが飛鳥さんにキスをして去っていくシーンが。このシーンが、白石麻衣さんの乃木坂卒業を意味するのかはわかりませんが、とても印象に残りました。

齋藤飛鳥さんと白石麻衣さんが美しすぎるMV。メイキングが公開されるのも楽しみですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

【MV】『のような存在』は白石麻衣の乃木坂卒業フラグ?心のモノローグに似てると話題!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!