夏の音楽フェスにはなにを着ていけばいい?服装のポイントとは?

「今年こそ、音楽フェスに行こう!…でも、なにを着ていったらいいんだろう…」。おしゃれな人たちばかりなのかな?アウトドア用の靴とか必要?そんなふうに躊躇してしまう方も多いかもしれません。

いえいえ、心配しなくて大丈夫。今回は「こんな条件をクリアすれば、いますぐフェスに行けちゃいますよ」という、音楽フェスの服装についてご紹介します。

ここでは、「晴れた日の夏の野外フェス」という一般的な場面を想定して、説明していきますね。

 

 

「動きやすい」「歩きやすい」が一番の基本。

音楽フェスといっても、なにも特別なドレスコードがあるわけではありません。実は、ふだんの休みの日のスタイルで充分なんです。まずは音楽に合わせて激しく踊ったり、汗をかいたりしても快適な素材を選ぶこと。また、ステージからステージへの移動は、けっこうな距離があるもの。靴は山や砂浜などを歩いても疲れない履きなれたものがお勧めです。

基本的には、性別問わず「Tシャツにパンツ」というスタイルが多い気がします。でも、そこは「ハレの日」ですから、好きなバンドやアーティストのTシャツで自己主張して気分をアゲるのもいいですね!

靴に関しては、晴れの日であればスニーカースポーツサンダルで充分だと思います。ただし、人で込み合う前列エリアでライブを観るときには、サンダル履きで足を踏まれないように注意が必要ですよ。

 

「日焼け」「虫刺され」対策は万全に!

海はもちろん、山の中でも思いのほか、紫外線は強いものです。一日中肌を露出していて日焼けで真っ赤に腫れてしまったり、暑すぎて熱中症になってしまっては大変です。

そこで、晴れた日の必須アイテムは帽子!ニット帽やキャップではなく、ツバのあるアウトドア用のものなどがお勧めです。また、忘れがちなのが首。日焼け止めをこまめに塗ったり、タオルを巻いて日差しを防ぐことを忘れないで。

晴れていても気温がそれほど高くない日なら、長そでのシャツを羽織るのもいいでしょう。女性であれば、薄手のコットンやリネンのストールがあると便利です。直射日光や山にいる虫からもお肌を守ってくれます。また、巻き方を工夫すればシンプルなTシャツスタイルもかわいく個性的に見せるアクセントにもなってくれますよ。

 

山の夜は冷える!防寒対策も!

ライブは夜まで続きます。大自然の中で、都会では信じられないほどたくさんの星を見上げながら聴く音楽は、言葉では言い表せないほどの感動です。でも、山の中などは思いのほか気温が低くなることも多いので、風邪をひかないように防寒対策が必要です。

薄手で軽い素材のアウトドア用やスポーツ用のジャケットウインドブレーカー、ストールなどをリュックに入れておくことをお勧めします。

また、昼間は裸足にスポーツサンダルでも十分ですが、夜は靴下を一枚履くだけで体感温度もだいぶ変わるもの。また、ニット帽で頭を温めるのも効果的です。

 

まとめ フェスには普段着で充分。機能性も大事

いかがでしたか?

音楽フェスだからといって、なにも特別なアウトドアウェアを揃えたりしなくても大丈夫。いつもの自分のスタイルでOK!もしくは、この際、ふだんは着られない派手なバンドTを着てみるのにもいいチャンスかもしれません。

あとは、日焼けや風邪、虫刺されなどのトラブルでせっかくの楽しい時間を台無しにしないように、万全の対策を準備して、ライブを思いきり楽しんでくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)